返済にまつわる情報

消費者金融の取り立てのルールが決まっていた!

投稿日:2018年6月6日 更新日:

消費者金融を利用していて、返済が遅れてしまったら取り立てがきそうで怖い。自分だけでなく家族や周りの人たちにも迷惑がかかるような事態が起こるのでは?と借金の取り立てに恐ろしいイメージを持っている方もたくさんいます。

しかし、それはドラマや小説の話であり、現実世界ではそのようなことはありません。実は消費者金融の取り立てのルールはとても厳密に決められており、さらにかなり厳しく取り締まっているので暴力沙汰になったり、他人を巻き込むような恐ろしい取り立てが起こることはまず無いです。そこでここでは消費者金融の取り立てのルールをチェックしてみましょう。

貸金業規制法で決められている取り立てのルール

消費者金融の取り立てのルールは貸金業規制法によって厳密に決められており、また法律で取り締まられています。大原則として「私生活もしくは仕事の妨げになる取り立ては禁止」と定められているため、消費者金融から取り立てがきて私生活や仕事に支障が出るようだとアウトになります。それでは具体的な取り立てのルールを見てみましょう。

決められた時間しか連絡できない

取り立てのルールとして決められた時間以外に連絡を取ることが禁止されています。午後9時から午前8時以外は電話やファックス、自宅訪問をしてはいけないことになっています。ただし、正当な理由がある場合は認められることもあります。ここでいう正当な理由は急に連絡が取れなくなってしまった、決められた時間に自宅に訪問しても全く連絡が取れない、といったケースになります。厳密に決められているわけではありません。

自宅以外に連絡してはならない

債務者の自宅以外、例えば勤務先や友人宅などに電話をかけたりファックスを送ったり、訪問することはルール違反です。そもそも債務者以外の人に借金のことを知らせることがアウトです。

退去依頼に対して応じなければならない

自宅への取り立ては認められていますが債務者が「帰ってくれ」と言っているにもかかわらず退去しないのはルール違反です。

債務整理の通知後は取り立てできない

借金の返済が難しく、弁護士や司法処理を通じて債務整理の通知が業者に届いた場合はそれ以降は一切の取り立て行為はできなくなります。

これらの他にもいくつかの取り立てのルールがありますが、基本としてこれらを抑えておきましょう。もしもルールを違反した場合は本社に連絡する、もしくは警察に連絡しましょう。

取り立ての流れ

それでは現在行われている消費者金融からの取り立ての流れをチェックしてみましょう。まず最初に携帯電話、もしくは自宅へ電話がかかってきます。これはいわゆる督促の電話です。きちんと電話に出て対応していればこの時点で取り立てはストップします。次にそれでも返済されなかったり、電話に出ないようだと自宅に督促の手紙が届くようになります。さらに続くと最終的に自宅に訪問してきます。取り立てに怖い人が来るのではないかと心配になるかもしれませんが、暴力的なことは一切ありません。万が一暴力沙汰になったら速やかに警察に連絡しましょう。

以下の表のような取り立てがあった場合も迷わずに警察に連絡します。



住居侵入罪 勝手に自宅の敷地に入ったり玄関に上がる
不退去罪 帰って欲しいと伝えているにもかかわらず帰らない
恐喝罪 大きな声を出したり暴力的な発言をしたり、恐怖を煽る言動
強要罪 無理な注文をつけてくる(他の消費者金融から金を借りてこい!など)
器物損壊罪 自宅のものや所持しているものを破壊したり使えなくする
業務妨害罪 自宅だけでなく職場にも連絡をしてきて仕事の邪魔をする


-返済にまつわる情報

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.