返済にまつわる情報

忘れたころの督促状…来たらどう対処すべき?

投稿日:

消費者金融で借り入れしていて、督促の電話やはがきが来ても放置してしまったことはありませんか?中にはしばらく督促が来たけれどもそのうち来なくなってしまって、音沙汰がなくて忘れかけている人もいるかもしれません。

ところが忘れかけていた債務の返済を求める督促状がある日突然届くケースがあります。この数年で、このようなケースは増加しているといいます。

督促状には、「○○(消費者金融の名前)から債権譲渡を受け、支払いを請求します」と書かれているケースが多いです。消費者金融にとっては、いくら言っても何の音沙汰もない債務者に自社で取り立てをするのは、コストがかかります。そこでその債権を不良債権扱いにしてしまって、債権回収会社や不良債権を集めている投資ファンドに売却してしまうことがあります。そして皆さんの不良債権を購入したところが、督促状を請求するわけです。

5年以上経過しているなら放置

もし最後の返済から5年以上経過しているのであれば、基本的に放置してしまって構いません。通常債権は5年以上経過していると時効が成立します。つまり皆さんには債務の返済義務がなくなるのです。

ただし注意したいのは5年の間に督促の電話を受けて債務のあることを認めたとか、一部でも入金した事実があれば、時効は中断するという点です。この場合、債務の返済義務は引き続き皆さんにありますので、全額支払わないといけない義務はあります。

ちなみにほとんどの消費者金融は、皆さんとの電話の会話は録音していると思ってください。記録として証拠が残っているので、覆すことはまず不可能です。

もし債権回収会社から上で紹介したような督促状が届いた場合、見慣れない文面なのでびっくりする人もいるはずです。しかし電話など、こちらから相手と絶対にコンタクトを取らないようにしてください。

もし督促状がどんどん届き、生活に支障をきたすのであれば、弁護士や司法書士に相談することです。最後の取引から5年以上経過して、時効が成立している場合、内容証明郵便で時効援用をします。そうすれば、これ以上督促状は来なくなるはずです。

裁判所で訴訟を起こされた

内容証明を送れば、たいていの場合督促状は収まります。ところが中には裁判所に訴訟を起こすケースも見られます。もし訴訟を起こされた場合、放置は絶対にしてはいけません。時効は勝手に時間が経過すれば成立すると思っている人もいますが、援用しないと効力はありません。援用するには、自分で動く必要があります。

訴訟を起こされた場合、素人の皆さんがどうにかできるレベルではありません。専門家である司法書士なり弁護士に相談して、どうすればいいのか善後策のアドバイスをもらうことです。下手に自分一人で動いてしまうと、業者のペースにみすみすはまるだけです。

-返済にまつわる情報

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.