返済にまつわる情報

最低返済金額の違いが返済総額の違いに繋がってくる

投稿日:

現在の貸金業法では10万円以上、100万円未満の借入の場合は金利の上限が18%まで、となっています。もしも18%以上の金利を設定してしまうとその消費者金融は違法行為により刑事罰に問われることになります。

実際のところほとんどの消費者金融は上限金利を18%ギリギリに設定していることが多いです。ですので、100万円未満の借入に関してはどこの消費者金融を選んでもほぼ金利は同じです。しかし、いくつかの消費者金融は少なめに金利を設定しているところもあります。そうなると「金利が低いからトータルの利息を少なめに抑えられる!」とお得に感じられるものですが、必ずしも金利が低いところほど利息の総額が小さくなるとは限りません。

ここで重要となってくるのが「最低返済金額」です。ここでは最低返済金額による違いでどれくらい利息に差が出るのかについて紹介していきます。

最低返済金額だけで返済するケース

まず最初に借入するケースを設定してみたいと思います。例えばA社から金利18%で10万円を借入したとしましょう。最低返済金額は1万円です。一方でB社から金利17%で10万円を借入し、最低返済金額が9000円だったと仮定します。一見すると金利が1%違うためA社よりもB社の方が魅力的に感じられます。しかし、実際の返済を見てみると次のような表になります。

A社の場合

最低金額の違い

B社の場合

最低金額の違い


このように、A社の場合は11回で完済することができ、トータルで発生した利息は9158円でした。一方のB社の場合は13回の支払いで完済することができ、トータルで発生した利息は9580円になりました。金利が低いB社を選んだはずなのに、A社の方が利息の発生が少なかったことが分かります。

それぞれの消費者金融で設定されている最低返済金額によって発生する利息に違いが出てくることが分かります。最低返済金額は「無理のない返済ができる金額」としてそれぞれの消費者金融が設定していることが多いです。ですので、金利だけで判断するのではなく、最低返済金額もあわせてチェックしておきましょう。あまりにも最低返済金額が大きい場合は月々の生活を圧迫してしまうことになりかねないため、どれくらいまでなら支払えそうなのかをよく判断しましょう。

繰り上げ返済も上手に使おう

多くの消費者金融は繰り上げ返済に対応しています。これは、例えば今月は出費が少なかったからいつもより多めに返済額を振り込む、ボーナスが出たのでたくさん返済できる、といった方法です。

これによって一気に残高を減らすことができ、支払い回数を大幅に減らせます。もちろん返済期間を短くまとめることによって利息をもっと小さくすることができるため、非常に賢い方法だと言えるでしょう。それぞれの消費者金融の最低返済金額というのはあくまでも最低ラインの目安です。

これよりも少ない金額だと返済扱いにならない、というボーダーラインですので、必ずしもそれを守らなくてはならない、ということはありません。多めに返済できそうな時は積極的に繰り上げ返済を活用して少しでも利息の発生を抑えるようにするのがよいでしょう。

-返済にまつわる情報

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.