返済にまつわる情報

クレジットカードのエンボス(凹凸)は必要なものなのか?

投稿日:

手元にあるクレジットカードを見てみると、文字や数字の部分に凹凸があります。これを「エンボス」と言います。どうしてエンボスが入っているのか気になる方もいるのではないでしょうか。例えば、財布の中に入れていると跡がついてしまって気持ちが悪い、何となく財布に入れづらい、といった理由が挙げられます。しかしデザインや見た目のためだけにエンボス加工されているわけではないんです。実はエンボスにはきちんとした理由があります。

まずクレジットカードを利用する場面を考えてみましょう。日本では決済端末を使用しています。クレジットカードを使うときは決済端末にカードを通す、あるいはかざすだけでOKですよね。しかし、一部の店舗にはクレジットカードの決済端末を設置していないことがあります。そのようなお店でクレジットカードを利用する場合はクレジットカードの会員番号や有効期限などを売り上げ伝票に転写しなくてはなりません。そこでエンボス(凹凸)があるとスムーズに、そして間違いなく記録できます。

日本以上にクレジットカードを日常的に使っている欧米では現在ではこのような使い方は一切されていません。そのため、エンボスは必要ないのではないか、という動きが強まっており、一部のクレジットカード会社はその意見を採用して「エンボスレスカード」を発行するところも増えてきました。しかし、クレジットカードは国際的に利用できるもの、例えばマスターカードやVISAカードなどはクレジットカードを途上国でも問題なく利用できるようにエンボスを残したバージョンも残しておきたい、と考えているようです。

エンボスレスカードを選ぶメリット

国内のクレジットカードでも増えているエンボスレスカードですが、これを選ぶメリットもいくつかあります。まずひとつが防犯性を高められるということ。カードの表面にエンボスレスカードかかっていないので番号を簡単に写すことができなくなります。実際、国内でクレジットカードが利用できるお店はほぼ全て決済端末が用意されているのでそもそもエンボス加工する必要性自体が失われつつあります。

また、エンボスレスカードにすることで公共機関関係に強くなるのもメリットです。最近では鉄道やバスなどでSuicaやPASMOを搭載したクレジットカードを利用することができるようになっています。しかし、JRや各私鉄の券売機を見てみるとエンボス加工されたカードに対応していないことがほとんどです。つまり、Suicaをチャージしたり、PASMOをチャージすることを前提と考えるならエンボスレスカードの方がメリットが大きいと言えるでしょう。

もしも海外でクレジットカードを使う機会がある場合はエンボス加工されているカードととエンボスレスカードのどちらも選べるものを探してみましょう。各クレジットカード会社の公式ホームページを見ると、どのようなカードを発行しているのか、どういったデザインのものがあるのかが紹介されているので簡単に探すことができると思います。

-返済にまつわる情報

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.