返済にまつわる情報

返済を口座振替にするメリットとデメリット

投稿日:

消費者金融の返済方法はいくつか用意されています。一般的には銀行からの振込、あるいは自社ATM、コンビニエンスストアや各銀行などにある提携ATMからの振込が一般的です。しかし、長期の借入になるとついつい返済日を忘れてしまうこともあります。

返済期日を過ぎるとすぐにオペレータから連絡が来るのでその都度支払えば良いのですが、遅延損害金が発生してしまいます。遅延損害金は多くの消費者金融hs金利20%に設定しているためいつもよりも多くの利息を支払わなくてはならない、ということになってしまいます。また何度も繰り返し延滞してしまうとブラックリストに載ってしまうリスクもあるため絶対に避けたいところです。

そこでおすすめになってくる方法が「口座振替」になります。ここでは便利な口座振替のメリットとデメリットを紹介していきます。

口座振替のメリット

口座振替はご存知の通り指定した口座から自動的に引き落としてくれるというサービスです。返済期日を気にせずにきちんと返済することができるため、返済をうっかり忘れてしまうのを防げます。ですので、口座の中に返済金額をきちんと入金しておけば遅延損害金が発生するリスクを大幅に減らせます。これが口座振替の最大のメリットだと言えるでしょう。

口座振替のデメリット

返済日を気にすることなくしっかり返済できる口座振替ですが、いくつかのデメリットもあるので確認しておきましょう。

取り扱いできない金融機関がある

多くの消費者金融は口座振替を選択することができますが、全ての金融機関で口座振替が利用できるわけではありません。ですので、普段利用している金融機関が口座振替に対応しているかは事前に確認しておかなくてはなりません。

手続きから反映まで時間がかかる

ほとんどの消費者金融は口座振替を選ぶために別途手続きをとらなくてはなりません。手続きの内容自体は難しいものではないのですが、反映されるようになるまで2ヶ月から3ヶ月程度の時間が必要になる場合がほとんどです。

これは消費者金融の口座振替だけに限った話ではありません。例えば公共料金の口座振替や税金関係の口座振替についても同様のことが言えます。また必ず銀行に登録した印鑑を捺印しなくてはならないためどの印鑑で登録していたか分からなくなっている場合はあらかじめ銀行に問い合わせて確認しておいた方が無駄がありません。

口座振替自体も反映されるまで時間がかかる

店頭窓口やATMを使って振込した場合はほとんどがリアルタイムで反映されます。そのため、返済期日までに返済額を振り込んでおいて、新しく借入する、という方法も選べます。結果的に利息分だけ支払う形になります。しかし口座振替の場合は引き落とし日からシステムに反映されるまで2、3日かかる場合があります。

そうなると、返済したのに2、3日の間は新しく借入できない、という状況が生まれる可能性もあるので留意しておきましょう。この点についてはそれぞれの消費者金融の公式ホームページに必ず記載されています。

-返済にまつわる情報

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.