返済にまつわる情報

連帯責任も?保証人と連帯保証人の違いを理解する

投稿日:

消費者金融は、担保や保証人を付けることなく手軽に借りられるというのが大きな特徴です。ただし一部ケースで、保証人を求められるケースがあります。たとえば、多額の借入限度額で融資を希望した場合です。その他にも事業を行っていて、ビジネスローンによる融資を受ける場合も該当します。

保証人というと、単なる保証人と連帯保証人の2種類があります。この両者にどのような違いがあるのかご存知でしょうか?最大の違いは抗弁権を持っているかどうかの違いです。

保証人の場合には、催告の抗弁権と検索の抗弁権という2種類の権利が保障されています。しかし連帯保証人の場合、いずれの権利も有していません。事実上債務者と同じ責任を持つ、連帯責任を背負うというより重大なものであると思ってください。

催告の抗弁権と検索の抗弁権

催告の抗弁権とは、債権者から保証人に請求が来たとします。この時に「まずはお金を借りた人に請求をしてからこちらに来てほしい」と要求する権利のことです。検索の抗弁権とは、同じく保証人に対して債務の支払いをするように請求した場合に「お金を借りた当人には財産があるはず、その財産をまずは処分してほしい」と要求できる権利です。このように、債権者に対していろいろな主張ができます。

ところが連帯保証人の場合、このような権利が一切保障されません。文字通り連帯責任なので、お金を借りた人に先に返済を請求しなくても、いきなり債権者がやってきて「お金を返してほしい」と言われれば履行しないといけません。また債務者の財産が処分されようがされまいが、債権者から返済を求められたら返済する義務があるわけです。このように同じ保証人でも連帯保証人と保証人とでは、大きく債務に対する責任が変わってくるわけです。

連帯保証人制度は、債権者にとってはメリットがあります。債務者でも連帯保証人でも債権回収できるので、お金の回収しやすい方にいきなり行ってしまってもいいわけです。融資したお金をどのようにして使ったかは基本的に関係なく、債権者にとっては便利な契約ですから連帯保証人を求めるケースも多いわけです。

分別の利益がない

もう一つ保証人と連帯保証人の大きな違いは、連帯保証人には分別の利益がないということも挙げられます。分別の利益とは、保証人が複数いるケースで保証した金額を保証人の頭数で割って、連帯責任を負うというものです。保証人が2人いれば、半分の負担で済むわけです。

もし100万円の債務を抱えている人の保証人になったら、2人いれば50万円だけの責任を負えばいいわけです。ところが連帯保証人の場合、他に何人保証人がいるかは関係なく100万円の債務の責任を負わないといけなくなります。ですから連帯保証人には、よほどのことがない限りならない方が自分の身を守るためにも必要なのです。

-返済にまつわる情報

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.