返済にまつわる情報

消費者金融の基本は約定返済を守ること

投稿日:

消費者金融で借り入れした場合、借りたお金を返済する義務が生じます。通常決められた期日までに決められた金額を返済するのがルールです。このような期日通りに決められた金額を返済する行為が約定返済といいます。

約定返済は通常、月1回のペースで返済します。この返済期日のことを、約定返済日といいます。約定返済日に関しては、消費者金融でいくつかのタイプに分類できます。主要な消費者金融の約定返済のシステムを以下で簡単に紹介しておきますので、参考にしてください。


  約定返済
アコム 最大35日以内に1回返済、口座振替の場合毎月6日
プロミス 毎月5日と15日、25日、末日の中から選ぶ
新生銀行カードローン レイク 毎月の返済日を自由に選択できる
SMBCモビット 毎月5日と15日、25日、末日の中から選ぶ
アイフル 毎月の返済日を自由に選択できる


約定返済があらかじめ決まっている所もあれば、皆さんが好きに設定できる消費者金融もあります。任意で決められる場合、より確実に返済できる日にちにすべきです。たとえば、給料日直後に設定すれば、お金もあるでしょうから返済に困ることもなくなるはずです。

約定返済は守るべし

約定返済の期日通りに返済することは絶対に守るように心がけてください。約定返済を守らないと、結局自分が損をしてしまうからです。約定返済を滞納した場合、主に2つのデメリットがあります。

まずは皆さんの信用力が落ちてしまう点です。無担保・保証人なしで借り入れできる消費者金融の場合、個人の信用が融資のすべての判断基準になります。ところが決められた日に返済をしないということになれば、皆さんのことを消費者金融は信用できなくなります。

このため、融資枠を小さくされる恐れがあります。さらに何度も延滞を繰り返しているような人であれば、融資自体がストップされる可能性も出てきます。

逆に約定返済を守っていれば、信用がつきます。そうすれば、当初の借入限度額を少し増やしても大丈夫と消費者金融が判断してくれる可能性も出てきます。最初の内は借入限度額が少なめに設定される傾向があります。限度額に不満がある人は、約定返済を守って、少しでも早く増枠することを目指すべきです。

もう一つのデメリットは、延滞損害金がかかる点です。もし期日通りの返済をしないと、延滞利息がかかります。これは通常の支払利息とは別に生じるお金で、余計なコスト負担を強いられる形になります。

しかも延滞損害金は、約定金利の1.46倍までであれば課すことが可能です。このため、結構大きなペナルティを背負わないといけないわけです。

随時返済と併用する

消費者金融の返済には約定返済の他にも、随時返済があります。住宅ローンなどでよく言われる繰上げ返済と同じです。約定返済とは別に資金に余裕のある時に、余計に返済をすることです。随時返済は決められた期日はなく、お金の入った時にいつでも返済できます。

ただし注意したいのは、随時返済をしたからといって、約定返済の義務が免除されるわけではない点です。随時返済をしても約定返済をしなければ、信用力は落ちますし、延滞損害金も負担しないといけません。そこで、どの程度であれば約定返済も随時返済もできるかを慎重に検討すべきです。

-返済にまつわる情報

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.