返済にまつわる情報

自転車操業で借金の首が回らない…こんな状況から一刻も早く脱出すべし

投稿日:

消費者金融を利用する前に、今回借入するお金を返済するめどが確実に立っているのかどうか、自問自答すべきです。借金で失敗する人の中には、借入できるかどうかで頭がいっぱいになっていて、返済のことまで気が回らない人をよく見かけます。借入できて目の前の問題はクリアできても、結局問題が先送りになっただけだと認識すべきです。返済できないのであれば、意味がないからです。

消費者金融で借り入れできて、急場をしのげたとします。しかし今度その消費者金融の返済期限が来て、返済できるお金が手元にないとどうなるでしょう?中には、消費者金融に返済するためのお金を別の消費者金融で借入してしまう人もいます。このような多重債務に陥って自転車操業をしても、早晩破綻すると思うべきです。

すでに自分の力で返済できなくなっているにもかかわらず、さらに借金を重ねればより返済できなくなります。しかも多重債務になると、月に何度も返済期限がやってきます。1つの所からの借入であれば、1か月資金調達の猶予がありました。それがより猶予期間も短くなるので、より資金を準備しにくくなります。

闇金の甘い罠

消費者金融に申し込みをする際、その人がどの程度の他社借入をしているかも調査されます。他社借入が多いと、審査通過が厳しくなります。融資をしてもほかの所の返済に資金が使われ、自分の所の回収がままならなくなると判断されてしまうからです。

一般的に3社を超えた借入をしていると、次の消費者金融の審査はかなり厳しくなるといわれています。もし多重債務者で3社を超える借入件数になっていれば、まずそのうちのどこかの借金を完済した方がいいです。

3社を超えてまともな消費者金融は貸してくれない可能性が高いので、ますます焦ります。そうすると、このような多重債務者をカモにしている闇金の甘い誘惑につい引っ掛かってしまうのです。闇金は「ブラックOK」や「多重債務OK」としている所が多く、追いつめられるとこのような所で借入してしまいます。

しかし闇金は高利貸しです。少額の借入だったはずが、利息の支払で雪だるま式にどんどん借金が膨らんでしまいます。そうして結局のっぴきならない所まで自分を追い込んでしまうのです。

債務整理をしてみては?

もし多重債務で自転車操業の状態に陥っている、自分の経済力では到底返済できない借金があれば、債務整理を検討してみてください。債務整理には、任意整理や個人再生、特定調停、自己破産という4種類の方法があります。それぞれの特徴は以下にまとめてあります。

(出典: かわはら司法書士事務所)

それぞれにメリットやリスクがあり、それぞれの債務のケースによって、どの方法で債務整理するのがベストか違ってきます。借金返済のための借金という自転車操業をいくら頑張っても、その泥沼から脱出するのはほぼ不可能です。弁護士や司法書士などの専門家に一度相談してみるべきです。

-返済にまつわる情報

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.