返済にまつわる情報

消費者金融で完済できたら同時に解約しよう!解約する方法を徹底解説します!

投稿日:2018年6月7日 更新日:

消費者金融の解約方法

やっとの思いで消費者金融を完済したものの、

消費者金融を利用した履歴はいつまで残るの?

完済したつもりだけど、これで大丈夫?

と疑問を持つ方も多いですよね。

そこで今回は、消費者金融を完済後やっておいた方がいいことや、利用履歴がいつまで残るかなど詳しくご紹介します。

これを読めば、完済後の思わぬトラブルを回避できますよ。ぜひ読み進めてくださいね。

消費者金融をやっと完済できた!完済時にやったほうが良い2つのこと

借金が多ければ多いほど、やはり完済できた時の解放感は大きいですよね。

しかし、その解放感に浸る前にしておいた方が良いこととして、次の2つがあります。

  • 消費者金融に電話してしっかり完済したか確認してみる
  • 本当に返したか証明したい方は完済証明書を請求する

それぞれを詳しくご紹介していくので、ぜひ実践してみてくださいね。

消費者金融に電話してしっかり完済したか確認してみる

最後の返済後、必ず消費者金融に完済したかどうか確認することは大切です。

借入残高には利子があります。

繰り上げ返済や、一括返済などによって残高に変動があり、自分が思っているよりも利息が残っていることがあるからです。

それを知らずに放置していると、滞納扱いになってしまうので注意が必要です。

自分は完済したつもりでも、消費者金融の方で完済扱いになっていないケースもあるので、必ず確認しておきましょう。

本当に返したか証明したい方は完済証明書を請求する

完済したという証明書として完済証明書の発行をお願いすることもできます。

完済証明書とはその名の通り、消費者金融が完済したことを証明する書類として発行しているものです。

しかし、完済後に必ず発行されるというわけではありません。

自分で申し込む必要があり、大手の消費者金融であれば、完済証明書が欲しいと伝えるだけで発行してくれます。

完済証明書は今後、住宅ローンなどの大口ローンを組むときに証明書類として求められることもあります。

また、今後悪徳詐欺業者からの未払い金があると請求を受けたとしても、完済証明書さえあればトラブル回避もできるので、用意しておいて損はないでしょう。

ただし、完済証明書は自宅に送られてくることが多いので、自宅を避けたい場合は消費者金融に相談すると対処してくれる場合があります。

お金を借りていた履歴は完済後であってもすぐに消すことはできない

信用情報機関の記録がどうなるか、気になるという方も多いのではないでしょうか。

新しいクレジットカードを作りたい、銀行のローンを組みたいなどといった場合、信用情報機関は必ず確認されます。

そのため、できれば消費者金融の利用履歴は、残したくないという方も多いですよね。

残念ながら、今まで利用していた消費者金融の記録は、たとえ完済してもすぐに信用情報から消えることはありません。

信用情報機関から利用履歴が消えるまで、次の表のように時間がかかります。

状況 信用情報の記録削除
完済時 完済日から5年間
解約時 解約日から5年間

「思ったよりも長い期間、記録は残るんだ」と、印象を持つ人も多いでしょう。

信用情報機関では、完済後でも5年間は以下の記録が残されています。

  • 借入時:商品名、借入日、借入額、返済予定日
  • 返済時:返済日、返済額、借入残高
  • 完済時:商品名、完済日

詳しい信用情報機関の内容については、次の記事も参考にしてくださいね。

指定信用情報機関は国内ではCIC、JICC、KSCの3つ

解約をしなければ全ては消えない!残ってしまう情報ってなにがあるの?

完済=解約と思っている方も意外と多いです。

完済をしたからと言って、解約をしたことにはならず、そのカードローンはまた利用することが可能です。

そのため、消費者金融を解約をしない限り、信用情報機関には次の6つの情報が残ります。

  • 申し込み者の名前などの個人情報
  • 契約の種類
  • 商品名
  • 利用限度額
  • 契約終了予定日
  • 登録会社名

消費者金融を利用していたことがザックリとわかってしまうが、詳細はわからない程度の情報が残ります。

消費者金融を利用していたという記録も残したくないという方は、完済をするだけではなく、きちんと解約をする必要があるので、その方法をご紹介しましょう。

消費者金融を解約する方法を紹介!

消費者金融を解約手続き完了後、信用情報機関では5年後にその記録が無くなります。

消費者金融によって解約の方法はそれぞれありますが、主な流れとしてはあまり変わりないので参考にしてください。

  1. 消費者金融のコールセンターに電話をする
  2. 音声ガイダンスの案内に従って進む
  3. 担当者につながったら解約したいことを伝える
  4. 会員情報の確認や、解約することの再確認
  5. 了承後に解約手続き完了となる

今後クレジットカードのキャッシング枠を付けたい場合や、他社からの借り入れを考えた場合、消費者金融との契約を残すことで審査に通らないという可能性もあります。

ただし、消費者金融を解約すると、今後また審査を受けなくてはお金を借りることができないというデメリットもあるので注意が必要です。

しかし、同時に借りすぎを防ぐことにもつながるので、信用情報機関に記録を残したくないという方は、解約をするといいでしょう。

審査には関係ないが、消費者金融には個人情報が残り続ける

消費者金融を解約すると申し込み時に申請した個人情報はどうなるのか、疑問に思う方もいますよね。

消費者金融を解約すると、消えるのは信用情報機関の利用履歴のみであり、消費者金融自体が持つ個人情報は残ります。

しかし、あくまで消費者金融社内の情報であって、他の審査を受けた場合に影響が出るようなことはないので安心しましょう。

消費者金融で借りた経験があっても、ちゃんと返済をしていれば審査で不利にならない

クレジットカードの新規契約や住宅ローンの審査では、信用情報機関の情報は大きく影響します。

そのため、消費者金融での“借り入れ歴=審査に悪影響”と思われがちです。

しかし、実際はキチンと返済・完済をしていれば、問題がないことの方がほとんどなので安心しましょう。

ただし、次の3つのような履歴が残っている場合は、審査に影響が出る場合はあります。

  • 完済はしたが、遅滞などといった履歴がある
  • 返済途中である
  • 解約をしていない

遅滞などの履歴は、完済をしていても5年間は残ります。

また、完済しているのに契約中である場合、また借り入れをする可能性を考えるため、特に住宅ローンなど大口ローンでは不利に働いてしまうことが多いです。

信用情報機関に残っている履歴が良質で、なお完済・解約をしていれば、審査に影響を及ぼすことは少ないので安心しましょう。

まとめ

いかがでしたか。
今回は、消費者金融を完済した場合、信用情報機関から記録を消す方法や解約の流れなど詳しくご紹介しました。

重要なポイントとしては次の4つがあります。

  • 完済後、必ず消費者金融に完済の確認をし必要であれば完済証明書の発行の依頼をする
  • 完済・解約ともに信用情報機関には5年間記録が残る
  • 解約をしないと、信用情報機関には契約しているという記録は残り続ける
  • 消費者金融は、良質な利用履歴で完済・返済をしていれば問題ないことが多い

完済しても信用情報が心配

完済後、住宅ローンを組みたい

といった方は、この記事を参考に解約手続きをしましょう。

解約をすることで、住宅ローンやクレジットカードの契約ができるようになることもありますよ!

-返済にまつわる情報

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2019 All Rights Reserved.