楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンの審査基準をチェック、審査に必要なポイントを詳しく紹介!

投稿日:

楽天銀行スーパーローンは、IT企業の大手楽天グループが提供するカードローンです。

知名度も抜群でカードローンを検討するとき、候補に含めている人は少なからずいるでしょう。

しかし、誰もが利用できるものではなく、申込んでも審査に落ちてしまう人もいます。

審査は内容や基準が一切公開されていませんが、審査に関わる申込条件の理解や、カードローンの審査では何を見ているのかが分かれば、事前に対策をとることも可能。

そこで、今回は楽天銀行スーパーローンの審査基準を丁寧に解説し、申込前に目を通しておきたい審査のポイントを紹介していきます。

審査についての理解が深まれば、楽天銀行スーパーローンに申し込むべきかどうか事前に判断し、自分にとって適切なカードローンの申込ができるので興味ある方は参考にしてみてください。

楽天銀行スーパーローンの審査基準

カードローンは一定の基準をクリアした人でないと利用できません。それを見極めるのが審査になり内容や基準は一切公開されていませんが、申込資格を全て満たした人でないと審査は通過しません。

ここでは、楽天銀行スーパーローンの審査対策として、最低限超えなければならない基準をみていきましょう。

実質年率 限度額 審査時間
1.9~14.5% 800万円 -
遅延利率 返済方式 担保・保証人
年19.9% 口座振替、ATM、Pay-easy 不要

審査申込できるのは20歳から62歳まで

まず楽天銀行スーパーローンの審査申込には年齢制限があり、未成年は不可になっています。

20歳以上であれば大学生、短大生、専門学生などの学生であってもOKです。身分も問われません。

民法では20歳を成年と定めています。カードローンのようなお金の貸し借りは責任を伴いますので、飲酒同様に大人になってから利用ができるサービスなのです。

毎月安定した収入を得ている方

スーパーローンの利用可能年齢を満たしているだけでは不十分であり何らかの労働収入を得ていないと利用不可です。

ただ正社員である必要はなく、パートやアルバイトであっても毎月一定の収入が入るのであればOKです。月々の収入が少なくて悩む必要はありません。

年収の高さ・低さよりも、継続して毎月収入が得られるのかどうかが重要なポイントになります。ですから、パートやアルバイトはシフト制で長期的なものなら、何も問題ないでしょう。

一方、日雇いや短期バイトは、評価が下がるのが一般的。働き続けるかどうかが自分次第になるので、収入の安定性が不明確になるのです。

なお、安定した収入があることが、スーパーローンでは必須の条件なのですが、例外があります。専業主婦(主夫)は例外的に申込OKなのです。

年齢が60歳以下で、限度額は50万円までと借入条件はさがりますが、他の銀行や消費者金融では専業主婦を不可するカードローンが多いですから、専業主婦にとっては検討する価値のあるカードローンです。

楽天カード株式会社または株式会社セディナの保証を受けることができる方

お金の貸し借りにおいて、万が一支払いが滞ったときを想定して担保や保証人を立てるのが一般的です。

しかし、楽天銀行スーパーローンは保証人不要のカードローン。

この保証人が不要でもOKな理由は、保証会社が保証人になってくれるからで楽天銀行スーパーローンの保証会社は、2社あります。

  • 楽天カード株式会社
  • 株式会社セディナ

このうち、どちらか1社が保証人になってくれるなら、楽天銀行スーパーローンが利用できるということです。

ですから、申込の段階では分かりません。楽天銀行同様に保証会社も申込者を審査します。

この2社が審査をして両者とも保証NGということであれば楽天銀行スーパーローンは利用できません。

メリットが多い楽天銀行スーパーローンの審査申込

楽天スーパーローンには、他のカードローンにはないメリットがあります。

  • スマートフォン1台のみで申込から利用まで対応可能
  • 楽天銀行の口座を持っていなくてもOK
  • 楽天ポイントが1,000円分与えられる

ここでは、それぞれのメリットについてみていきましょう。

申込はスマホのみで完結

申込方法は公式サイトからのみです。

他のカードローンでは電話受付などありますが、スーパーローンは受付をしていません。

スマホだと画面が小さくて見づらい人は、自宅や会社のパソコンを使いましょう。

書類へ手書きの記入をしていくよりも圧倒的にカンタンですし、外出さずに申込を済ませることができますよ。

楽天銀行の口座なしで利用可能

スーパーローンは、楽天銀行の口座をもつ必要はありません。

しかし、楽天銀行の口座ならば振込の借入が24時間365日即時で対応できます。

銀行の営業時間は平日15時までが多く、それまでに依頼しないと即日融資はむりなのですが、その点楽天口座ならば気にする必要ありません。

そもそも口座が必要ないのか?というとそうではありません。返済は月1の口座引落しによる自動返済です。

そのため、口座は必要なのです。ただし、スーパーローンの場合は、楽天銀行の口座である必要はなく、他の銀行口座もOKなのです。

入会だけで楽天スーパーポイントがもらえる

楽天銀行スーパーローンで利用が決まれば、楽天ポイントが1,000円分もらえます。

楽天市場を筆頭に楽天系サービスで買い物したりするときに使うことができますし、Edyやマイルなどの他のポイントに交換することも可能。

既に楽天の利用者ならば、保有ポイントが1,000ポイント増加し、楽天をまだ利用したことがない人であれば、楽天ポイントを試しに使ってみたり、これを機にポイントを貯めて楽天サービスを利用していくのもいいのではないでしょうか。

審査申込の流れ

カードローンの利用が初めての人でも分かるよう、楽天銀行のスーパーローンの申込からカード発行までの流れを解説していきます。

ネットで申込

楽天銀行スーパーローンの申込用サイトを利用します。申込方法は、これ以外に用意されていません。

楽天の利用者である必要はありませんが、楽天会員の場合は、会員情報の氏名や住所がスーパーローンの申込時に適用されるので、その分申込の手間が省けます。

楽天会員の方でなくても、申込自体は5分もかからないので、小難しいものでは決してないですので仕事の合間に十分申込可能です。

審査の開始

申込が終わるとすぐに仮審査がスタートします。仮審査の結果はメールで通知されます。

スマホや携帯電話で迷惑メール対策設定をしている場合は、「cc.rakuten-bank.co.jp」からのメールを受信できるように設定をしておくとよいでしょう。

勤務先への在籍確認

仮審査が完了した後に、勤務先へ在籍確認の電話がかかってきます。この電話によって自分以外の職場の人に、カードローンからの借金が知られてしまうのではと心配する人がいますが、全く不安に思う必要はありません。

楽天銀行からは、社名を名乗らず審査担当者の個人名で申込者宛に非通知で連絡がきます。たとえ自分以外の人が電話に出ても、楽天銀行からの連絡だとは分かりません。

また、非通知でかからない場合は通知設定にし、社名を尋ねられた場合は楽天銀行であることを伝えます。他社にカードローンの借金がバレる確率が上がりそうに思いますが、そもそも、「楽天銀行からの連絡=個人の借金」とはならないでしょう。

楽天銀行は消費者金融ではなく銀行です。カードローン以外に口座開設、投資信託や住宅ローンなど様々な金融サービスを提供していますので神経質になる必要はありませんよ。

契約内容の確認の電話

契約内容の確認で電話が本人宛にかかってきます。審査時間は明記されていませんが、銀行は即日融資が不可のため、はやくて申込後から2日程度の時間がかかるでしょう。

契約内容の確認とは、契約時の利用限度額や金利、約定返済日などの最終チェックです。もし、問題がないようであれば、必要書類の提出を案内されます。

ここまでくるとほぼスーパーローンの審査に通過したと思っていいでしょう。しかし、必要書類を提出できないようであれば、カードローンの契約手続きは進めませんので気を抜かないように。

必要書類の提出

必要書類は、全員必須の「本人確認用書類」と申込者によっては必要になる「収入証明書」があります。

本人確認用書類は、次のいずれか1点のコピーでOKです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード
  • 健康保険証

収入証明書は、提出が求められる人とそうでない人がいます。

審査の結果に左右されるので、どんな審査基準で提出が必要になるかは公式サイトにも明記されていません。

契約内容の確認の際、収入証明書も提出するよう求められたら、次のいずれか1点のコピーを提出しましょう。

  • 源泉徴収票(最新年度)
  • 給与明細

自営業や個人事業主の人は、課税証明書や確定申告書のいずれか1点でOKです。

注意すべき点は、必要書類の提出は3日以内に行わねばなりません。申込まえに事前にある程度書類を手元においておくとスムーズにいきますよ。

カードの発行

書類提出後、ウェブ上で契約手続きを済ませたらスーパーローン用のカードが発行されます。

基本的には契約を結んだ翌営業日に簡易書留でカード発送をしてくれます。2~3日くらいで届くでしょう。

また、発送先は自宅と勤務先を選択できます。

楽天スーパーローンの支払いは月1の口座振替による自動支払いです。楽天銀行以外の口座を返済用として使う場合には、同封されている「口座振替依頼書」を送付する必要があります。

もし、楽天銀行口座で支払う場合は、この手間は不要です。

楽天銀行スーパーローンの詳細を確認

楽天銀行スーパーローンの審査で気になるポイント

一通り楽天銀行スーパーローンの申込からカード発行までの流れを解説してきましたが、多くの方が気になったポイントを3点紹介してきます。

審査時間はどれくらいかかる?

審査にかかる時間ははっきりと分かりません。楽天銀行側も最短で申込日の翌営業日回答としています。

1週間程度審査に時間を要する人もいます。申込者は年収も違えば信用も違います。個人差がありますから、審査で早くジャッジできる人もいればそうでない人もいるのです。

土日・祝日に審査申込はできる?

申込は公式サイトで行えるので、土日・祝日一切関係なく年中いつでも可能です。しかし、審査はそういうわけにはいかなく楽天銀行の審査は平日のみです。

土日・祝日はおやすみのため、申込ができても即審査がスタートするわけではなく、銀行の翌営業日に審査が実施されるわけです。

週末の申込だと少なくとも翌週の月曜以降に審査回答が行われることになり、しばらく時間が空いてしまいます。

書類の提出方法について

楽天銀行からは契約内容の確認の電話後に、メールで提出が必要な書類と提出方法についての案内が届きます。

提出方法は郵送でもOKですが、最も時間のかからない方法は楽天銀行のスマートフォン用アプリから送信する方法です。

ログイン不要で「書類を送る」というメニューが使え、指示通りに進めていけば楽天銀行へ提出できるよう配慮されています。

楽天銀行スーパーローンの利用に向いている人

カードローンは楽天銀行以外にも様々な銀行や消費者金融が販売しています。

どれを選ぶべきかなかなか難しいものですが、ここでは、楽天銀行スーパーローンに向いている人を紹介していきます。

高額の融資を希望

楽天銀行スーパーローンの金利は最大でも14.5%です。一般的なクレジットカードのリボ手数料が15%程度ですから、クレジットで買い物した際のリボ払いよりも低金利で返済をしていくことができます。

金利が低ければ利息が安くなりますが、ローンの返済が進まないということにつながりかねません。必ず完済までの返済計画を事前にシミュレーションして、予定より多く利息を支払うことがないようにしましょう。

そうすれば、低金利であることは、とても大きなメリットになります。

楽天会員の方

楽天の会員には、ランク制度があり、たくさん楽天系列のサービスを利用するとランクアップしていくのです。

会員ランクは次の5パターンあります。

会員ランク 条件
レギュラー 会員になれば無条件
シルバー 過去6ヶ月に200ポイント以上、ポイントを2回以上獲得
ゴールド 過去6ヶ月に700ポイント以上、ポイントを7回以上獲得
プラチナ 過去6ヶ月に2000ポイント以上、ポイントを15回以上獲得
ダイヤモンド 楽天カード所持で過去6ヶ月で4000ポイント以上、ポイントを30回以上獲得

楽天銀行スーパーローンは、会員ランクに応じて審査が優遇される仕組みになっています。

どの会員ランクであれば審査に有利になるのかといった基準は一切公表されていませんが、優遇されることがあることは公式サイトでも明記されています。

言い換えれば、楽天の利用者は、スーパーローンの申込に有利に働く可能性があるということですよ。

楽天銀行スーパーローンの利用に向いていない人

楽天銀行スーパーローンの利用に向いている方がいれば残念ながら向いてない人も当然います。

ここからはこんな条件を求めてる方はスーパーローンの利用に不向きということを紹介していきます。

すぐにでも借りたい人

楽天スーパーローンは申し込み日当日中に即日融資を受けることができません。最低でも申し込んでから2日程度は審査に時間を要します。

従って、すぐにでもお金を必要とする人は、最短30分のスピード審査が可能な大手消費者金融の方が向いているでしょう。

自宅に郵送物をなしにしたい人

キャッシングや返済の明細や請求が自宅に送付されることはありません。楽天スーパーローンは会員ページ「メンバーズデスク」内にて確認できるようになっているのです。

ただし、契約後にローンカードが自宅か勤務先に発送されてきます。勤務先を選べば自宅バレは防げますが、自宅を選んだ場合は受取に注意しないと身内にカードローンの利用が知られる可能性がでてきます。

この点、大手消費者金融や三井住友銀行カードローン、三菱UFJの「バンクイック」などは、無人契約機でカードを受け取ることができます。自宅に送付される心配がないのです。

楽天銀行スーパーローンの審査申込はコチラ

楽天銀行スーパーローンの審査に落ちた原因

楽天銀行に限らずどの銀行もカードローンの審査内容や基準を公開していません。当然に審査に落ちた場合、その理由も教えてはくれません。

しかし、申込条件や審査で利用するシステム、実際に審査に落ちた人の話をふまえると、大体の予想はできるのです。

ここでは、楽天銀行スーパーローンの審査に落ちる原因についてみていきましょう。

勤続期間が短い

勤続年数が長くても審査に落ちる人がいますし、勤続年数が短くても審査を通過する人もいます。カードローンの返済をするには毎月一定の収入が必要になります。

労働が長続きしない人だと収入が途絶える可能性がありますから、勤続年数は返済能力を評価する大切な指標なのです。

30万円以下で5,000円、10万円以下で2,000円の返済額でOKですから、高収入である必要は全くありません。

勤続年数は最低でも6ヶ月以上は必要と言われていますが、1年未満の人は、希望金額をできるだけ下げたほうがよいでしょう。

他社から借入件数が多い

消費者金融は年収の1/3までしか貸せないという法的な決まりがありますが、銀行にはそのような規制はありません。

他のローンの返済が残っていて、楽天スーパーローンの返済が加われば、月々のローンの返済負担が増えます。

銀行としても、貸したお金をきちんと返済できるか不安に思いますから、いくら規制のない銀行といえども他社借入の多い人には融資をしません。

特に、既に3件以上の借入がある人は審査にほぼ通らないと考えましょう。まずは既存のカードローンの完済が先ですよ。

信用情報に延滞記録がある

銀行と利用者との間の信用によってカードローンは成り立つサービスです。返済してくれるだろうという信用を下げる行為は、当然にカードローンの審査で不利に働きます。

その代表的なものが、クレジットカードや他のローンの延滞記録です。カードの利用や返済履歴は個人信用情報機関に記録されていて、どの金融機関も閲覧することができます。

延滞や滞納が一切ない信用が最も理想的な信用情報です。一方、過去に1度でも延滞や滞納した記録があると、返済をきちんとできない人と思われてしまう可能性が高くなります。

延滞記録は5年程度で消えますが申込前に不安がある人は、全銀協かCICで信用情報の開示請求をして、自分のカード履歴をみることをおすすめします。

まとめ

楽天銀行スーパーローンの審査の流れやポイントについて解説してきました。

楽天は誰でも一度は耳にしたことがある名前だと思います。その楽天グループが展開するカードローンについて、最後にまとめます。

  • 継続した収入があれば、パート・アルバイトや学生の申込OK。
  • 無職だが専業主婦は例外的にOK。限度額は50万円以下の小規模借入に制限される
  • 申込方法は公式サイトのみ。スマホやパソコンから年中いつでも申込可能。電話は申込不可なので注意!
  • 楽天銀行の口座を持っていなくてもOK!
  • スーパーローンの契約が決まると、楽天のポイントが1,000分もらえる!

楽天銀行スーパーローンは、今すぐにでもお金を貸してほしい人向けではありません。

ある程度時間の余裕がある人や、特に楽天でよく買い物をしている人におすすめのカードローンです。

-楽天銀行スーパーローン

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.