プロミスで審査落ち…考えられる要因は?

返済力のあることをアピールするにはどうすればいいかを考えよ

大手消費者金融のプロミスに申し込んだところ、審査落ちの憂き目に遭ってしまったというケースも少なからずあります。なぜ審査落ちになってしまったかを見ると、以下のような理由が考えられます。

まずは借入希望額です。プロミスは最高500万円まで融資してくれます。500万円で申し込みをすれば、何かあっても安心と思う人もいるようですが、500万円の借り入れ希望額で申し込むと審査に落ちるリスクも高くなります。プロミスは総量規制を基準にして審査するので、年収の1/3を上限として借入希望額を決めましょう。

 

プロミスの審査では、皆さんがどのような仕事をしていて収入状況がどうなのかということもチェックします。勤続年数の長い人の方が、収入が安定していると評価され審査に受かる可能性は高くなります。勤続年数が1年未満となると、審査に落ちる可能性は高くなります。

 

他社借入に注意

他社に借り入れがあると、審査は厳しくなります。収入があっても、ほかの借入先の返済に優先されてしまって、自分の所の返済が後回しになる可能性も考えられるからです。

 

プロミスの場合、2〜3社に借り入れのある人は審査に落ちる可能性が高いです。ですから他社借入のある人は、まずその返済を先に行うべきです。

 

プロミスは貸金業者なので、総量規制も審査の中で重視されることは先に紹介しました。しかし住宅ローンやオートローンは借り入れの中にカウントされません

 

総量規制の対象は無担保ローンだけで、住宅ローンやオートローンのような担保のあるローンは対象外なので心配しないでください。

 

審査落ちの原因を摘み取ること

プロミスで確実に融資を受けるためには、審査落ちになりそうな要因をつぶしていくことです。上で紹介した原因と照らし合わせながら、対策を考えていきましょう。

 

まず借入限度額ですが、あまり大きな額にしないことです。大きな額にすればするほど、審査のハードルは高くなってしまいます。そこで何度も紹介しているように総量規制をベースにすることです。

 

自分の年収の1/3を上限として、本当に必要な最小限度の額で申し込むべきです。借入限度額を少なくしておけば借り過ぎもなくなり、返済で困るリスクも少なくなります。

 

また勤続年数も重視されていると紹介しました。最近では終身雇用や年功序列といった日本独自のシステムも崩壊しつつあり、能力主義が主流になってきています。

 

中にはより自分を高く評価してくれる所に転職しようと考える人も増えています。もし転職を検討しているのであれば、転職する前に申し込んだ方が審査に受かる可能性は高まります。すでに転職してしまったのであれば、できれば1年、少なくても半年間は勤続してから申し込みすることです。

 

このように審査落ちする要因を少しでも少なくしてください。そうすれば、融資を受けられる可能性もアップします。最後にプロミスのスペック情報を載せておきます。

 

プロミスの借入条件
借入限度額 最高500万円
金利 4.5% 〜 17.8%
審査スピード 最短即日
レディースキャッシング

 

プロミスのカードローン・公式サイトへ行く

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る