返済額が一定になるので家計のやりくりがしやすい

消費者金融などローンを組んだ時の返済方式には何種類かあります。多くがいくつか返済方式を持っていて、お客さんに自由に選択させる方式をとっています。自分たちの暮らしにあった返済方式を選び出すことが重要です。

 

ローンの返済方式の中の一つに、元利均等返済方式があります。元利均等返済方式の特徴は、毎回の返済額を一定にできる所です。

 

ローンの返済をする時には、元金の返済とともに利息の支払いも行わないといけません。1回当たりの返済の中に、元金の返済と利息の支払いが両方組み合わさった形になります。つまり1回当たりの返済額は一緒ですが、その内訳を見ると返済ごとに元金の返済と利息の支払いの割合が異なります。

 

最初の内は元金も大きいので、利息の支払いも大きくなります。このためほとんどが利息の支払いに充てられて、なかなか元金は減りません。しかし返済を繰り返していくうちに徐々に元金の返済の割合が大きくなっていきます。

 

元利均等返済方式のメリット・デメリット

元利均等返済方式のメリットは、返済計画が立てやすい点です。先ほども紹介したように、毎回の返済額は一緒です。このため、出費の計算がしやすくなります。

 

特に変動金利を選択している場合には、リスクマネージメントもしやすいです。変動金利の場合、その時々の市場金利をベースに一定のペースで見直されます。景気動向によっては、金利がどんどん上がっていく可能性もあります。通常であれば、金利が上がると利息の支払額も増えるのでトータルの返済額も増えてしまいます。

 

しかし元利均等返済方式の場合、返済額は一定です。元金と利息の支払いの割合が変わってしまうものの、返済額の増加は防げます。堅実に返済をしていきたい人に向いた返済方式といえます。

 

ただし元利均等返済方式はデメリットもあります。前に少しふれたように、最初の内は返済額のほとんどが利息の支払いに充てられる可能性の高い点です。このため元金がなかなか減らず、返済期間が長くなりがちです。

 

利息は返済期間中ずっとかけられるので、返済期間が長引くということは利息の支払額もかさむわけです。つまりトータルで見ると余計な利息の支払いは大きくなりますし、返済総額も増えるというリスクは認識しておくべきです。

 

予期せぬ出費に準備したい

元利均等返済方式は、今後いろいろと出費の増える人に適した返済方式といえます。特に家庭を持っている人は、マイホームを購入する予定もあるでしょうし、子供の教育費の問題も出てくるでしょう。このような現在想定していない出費の出てくる可能性の高い人は、あらかじめ返済額の決まった元利均等返済方式の方が家計のやり繰りもしやすいはずです。

 

元利均等返済方式の場合、1回当たりの返済額が重要です。無理のない返済額にして、堅実にお金を返していくことです。

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る