働いている立場で借入れを考える

勤続年数が短いと審査には不利…でも借りられる?

投稿日:

消費者金融の審査は、簡単に言ってしまうと、かしたお金を返してくれるかどうかをチェックするための作業です。そこでどのような仕事をしていて、どの程度の収入があるかはチェックされます。収入はある程度もらっていることの他にも、将来にわたって安定した収入があるかどうかも確認します。

その中で勤続年数がどのくらいかは、重視されます。一般的に給与所得者のサラリーマンや公務員は、自営業者やフリーランスと比較すると審査の評価は高くなります。毎月給料が発生するので、返済できる確率が高いからです。しかしサラリーマンや公務員をしていてもすぐに辞めてしまうようであれば、安定した収入を得ているとは言えなくなるわけです。

特に転職を何度も繰り返していて、社会人歴はそれなりにあるけれども1つの会社の勤続年数の短い人は注意です。「せっかく就職しても、またすぐに辞めてしまう」と思われ、収入の安定性を欠くということで審査ではマイナスに評価されかねません。

勤続年数はどう調べる

勤続年数で審査するというけれども、勤続年数をどのように調べるのかと疑問に感じる人もいるはずです。実は簡単に勤続年数の裏付けを取る方法があります。それは、皆さんの健康保険証をチェックする方式です。

皆さんお手持ちの健康保険証を見てください。そうすると「資格取得年月日」というものが記載されているはずです。資格取得年月日こそが、皆さんが入社した日です。資格取得年月日と申し込みをした日とを差し引きすれば、勤続年数は簡単にわかってしまいます。

会社員の場合、会社もしくはその業界の運営している健康保険組合に入ります。自営業者やフリーランスの場合、国民健康保険に加入します。国民健康保険では、自営業者やフリーランスが現在の事業を営んでどのくらいの年数が経過しているか確認は難しいです。そこで申込書の申告をそのまま採用しているケースが多いです。ということは、自営業者の場合事業年数がどのくらいあるかは、審査の中ではあまり決定的な影響力は持っていないとも言えます。

最低6か月以上は勤務すべし

消費者金融によって、勤続年数をどう評価するかは変わってきます。しかし一般的に消費者金融の評価と勤続年数との関係は以下のようになります。

  審査の評価
5年以上
1~5年
6か月~1年
6か月未満 ×

少なくても6か月以上は今の会社で勤務していないと、勤続年数の短さが時としてネックになります。できれば、1年以上勤続年数を積み重ねてから申し込みをした方がいいです。消費者金融のユーザーを持てみると、勤続年数1~5年程度の人が多いです。この程度の勤続年数があれば、まず問題なく審査はクリアできると考えていいです。

転職を検討しているのであれば、転職する前に消費者金融の申し込みを済ませておくことです。すでに転職してしまったのであれば、若年層向けのカードローンなどを狙ってみる方法があります。決して審査が甘いわけではありませんが、勤続年数の評価をあまり重視しないものが多いからです。審査をクリアできる可能性も、多少は広がります。

-働いている立場で借入れを考える

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.