働いている立場で借入れを考える

無職でも審査に通るのですか?

投稿日:

基本的には無職でもフリーターでも消費者金夕のキャッシングを利用することは出来ます。ただしそれは無職であっても勤務先が決まっていないだけで実際は働いているなど一定の収入のある場合です。

とくに決まった勤め先のない無職の人でも収入のある例としては、ある程度の預貯金がある場合、株やFXなどの投資で安定した収入を見込める場合、正規雇用の社員ではないアルバイトやパーととして働いているが就業確認がとれる場合などがそれに当たります。ここで言う無職とは無収入のことではありません。

消費者金融は収入が無く返済の当ての無い人に融資をすることはありませんが、一定の収入があって返済する能力さえあればキャッシングを利用することはできるのです。また専業主婦の人の場合も無職の扱いになっているのですが、その場合でも配偶者に一定の収入があれば消費者金融を利要することは可能です。

また意外に思われるかもしれませんが、年金生活者や生活保護受給者でも消費者金融を利用してキャッシングをすることが出来ます、これは不思議なことでも何でもなく年金も生活保護費も定収入があると認められているからなのです。ただし無職の人でも利用できる消費者金融はある程度限られていますから、前もって相談しておくことが必要です。

そしてこの場合の融資限度額は通常のキャッシングの時よりも低く設定されていることが多いので、まとまった金額が必要な時には対応できない場合もあることを覚えておいて下さい。

現在では総量規制と言って最大でも収入の3分の1までの金額しか消費者金融からの借入れは出来ないことになっていますので、専業主婦の場合でも無職の人と同じ扱いになることから、配偶者の年収の3分の1までの借入れしか出来ません。

また、専業主婦が消費者金融から借入れをするには申し込み書とは別に、配偶者の同意書、配偶者の年収の源泉徴収票など所得証明、それに婚姻証明する書類が必要となります。このことから専業主婦に関しては消費者金融からのキャッシングを利用するのは以前に比べてハードルが高くなったといえるでしょう。

-働いている立場で借入れを考える

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.