働いている立場で借入れを考える

総量規制の影響は?

投稿日:

総量規制についてご存知ですか?これは消費者金融などからの借入金額の上限を年収の3分の1以内に制限する仕組なのですが、これによって消費者を借入れ超過から保護すると言う目的を持っています。

このように個人が直接借入れできる金額の上限を定められていますから、消費者金融のキャッシングを利用したい時には借入れ金額の総額が年収の3分の1以下でなければならないので、そのために新たな借入れを考えている人は現在の借入れと新たな借入れの合計金額が年収の3分の1以内に収まるように借入れしなければなりません。

もともと総量規制と言う制度は、過去に消費者が自分の返済能力を越えて借入れすることが増加して、それが社会問題になったことから消費者を守るために導入されたものです。

ですから消費者金融からのキャッシングなどを利用する時には年収の3分の1にこだわらず、自分の返済能力がどれくらいなのかをよく考えて利用することが求められているのです。

とくに専業主婦の場合は無収入で無職として扱われることになりましたので、原則として消費者金融などからのキャッシングは出来ないことになっているのですが、配偶者の年収によって借り入れることが出来ます。

その場合でも借入れできる金額の合計が配偶者の年収の3分の1を越えることが無いようにしなければなりません。そのためには借入れの申し込みをするときには配偶者の年収を証明する源泉徴収票などの提出が必要になり、またその場合には専業主婦が借り入れる際には配偶者の年収を基準とすることになりますから、借入れに対する配偶者の同意を証明することが必要になりました。

このようなことはもっぱら配偶者に無断で借入れする専業主婦が増加したことから、安易な借入れをさせないために行われていることなのですが、実際には正規の消費者金融などからの借入れが出来なくなって、違法な貸金業者に流れていくことになり新たな社会問題になっているのです。

-働いている立場で借入れを考える

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.