契約社員におすすめの消費者金融を3つ紹介!

最近では非正規雇用という形で仕事をしている人も増えてきています。厚生労働省では「就業形態の多様化に関する総合実態調査」というデータを公開しています。平成15年のデータによると、非正規社員の割合は34.6%で平成11年と比較して7ポイント以上も上昇しています。その割合はもっと増えているのではないでしょうか?

 

ちなみに全労働者に占める契約社員の割合は平成15年時点で、2.3%でした。少ないように思えますが、契約社員を雇っている企業は全体の10%を超えています。首都圏のような都市部に限定すれば、その割合はより高くなっていると考えられます。

 

契約社員は、労働の形態が今後ますます多様化していく中でより多くなることが予想されます。契約社員のような非正規雇用の場合、お金を借りられるのかどうか不安という人もいるはずです。

 

消費者金融であれば可能かも

キャッシングやローンサービスを提供している所では、審査を実施します。そして融資可能という審査結果の出た人に対して、お金の貸し出しをします。この審査は簡単に言ってしまうと、貸したお金を返してくれるだけの信用があるかどうかの見極め作業です。

 

審査は、キャッシングやローン会社によって厳しさも異なります。一般的な傾向として、銀行のカードローンなどは審査の厳しい傾向が見られます。

 

契約社員は正社員とは違って、ずっと現在勤めている会社で働き続けることはできません。一定期間の契約となるので、契約が終わった後の生活や収入面での不安があります。そこで収入面の不安定さを気にして、審査の厳しい銀行カードローンの場合融資拒否する可能性があります。

 

消費者金融を見てみると、銀行と比較して審査に融通の利くふしが見られます。ですから契約社員のような非正規雇用で仕事をしている人に対しても、積極的に融資を実施しています。

 

消費者金融の場合、スピーディに審査手続きを進めてくれる所も魅力です。多くの所で即日審査結果を通知してくれますし、消費者金融によっては即日融資にも対応している所もいくつかあります。今すぐに現金が必要というときには、即日融資を売りにしている所を探してみるのはいかがですか?

 

おすすめの消費者金融3つ公開

契約社員が消費者金融を利用するにあたって、おすすめの会社を3つ紹介します。3つの商品の概要は以下のようになります。

  年利 特徴
アコム 4.7%〜18.0% パートやアルバイトでも借り入れ可能
SMBCモビット 3.0%〜18.0% WEB完結で来店不要
ライフティ 4.5%〜18.0% WEBで24時間年中無休で申し込み可能

アコムやSMBCモビットは、テレビのコマーシャルでもしばしば紹介されているのでご存知の人も多いはずです。アコムは平日14時、SMBCモビットは平日14時50分までに振り込み手続きが完了していれば、申し込みをしたその人のうちに融資が受けられます。

 

ライフティもスピーディな利用手続きが売りです。0.3秒診断といって、皆さんの条件で借入できるかどうかを瞬時に伝えてくれるので、契約社員で審査クリアできるかどうか不安な人は、まず診断を受けてみることです。

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る