働いている立場で借入れを考える

学生向けの消費者金融ってある?

投稿日:

消費者金融の利用者は就職している社会人や専業主婦だけだと思われがちですが、まだ学校を卒業していない学生でもいくつかの条件を満たしてさえいればキャッシングを利用して借入れすることが出来ます。

その条件とは「成人である」、「一定の収入がある」、「学生証以外に免許証や保険証を提出できる」などですが、学生向けの融資を取り扱っている消費者金融によって借入れの条件が違ってくるので希望する人は前もって確認しておいた方が良いでしょう。

18才以上であれば未成年でも借入れすることが出来る場合もありますが、その場合は学生ローンを取り扱っている消費者金融でないと難しいようです。学生でもアルバイトなどで働いている人はフリーターやパート従業員と同じく一定の収入があると認められますから、在籍確認などで実際に働いていることが証明出来れば問題はありません。

学生の場合は源泉徴収票の提出を求められることはあまりありませんから、その点では、社会人が利用する場合よりも借入れしやすいといえますが借入れ限度額はやはり低く設定されることが考えられます、まとまったお金を借りるには消費者金融だけでなく他の方法を考えた方が良いでしょう。

学生の場合は学生証の提示と共に運転免許証や健康保険証の提示を求められることがありますが、学生ローンを利用する場合は学生証だけでも大丈夫な会社がありますので相談してみてはいかがでしょう。

それ以外には学生だからと言って社会人との違いはありませんが、返済の責任も学生だからと言って軽くなるわけではありませんから、くれぐれも安易な借入れをすることのないように気をつけて下さい。

最後にあまりお勧めはしませんが学生ローンを取り扱っている消費者金融の中には、親元からの仕送りも一定の収入として融資を受け付けている会社もあります。

もちろん安易に利用するべきではないでしょうが、もしもの時には役に立つかもしれませんので覚えておいてはどうでしょう。

-働いている立場で借入れを考える

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.