大手の消費者金融では積極的に貸し出しを行っている所も

自分で事業を行っている人、従業員は家族だけといったような小規模で事業展開している人を個人事業主といいます。特に最近ではパソコン一つあれば仕事のできるIT系で、個人事業主として活動している人も多いです。よく消費者金融のサイトを見てみると、個人事業主の審査は厳しくなると紹介されています。結論から言いますと、これは事実です。

 

個人事業主の審査が厳しいというのは少し語弊があるので、もう少し詳しく言うと公務員やサラリーマンと比較すると審査が厳しくなるが正確な答えです。公務員やサラリーマンは毎月確実に給料という形で所得があります。このため、貸したお金を返済してもらえる可能性が高いのです。

 

ところが個人事業主は給料ではありません。仕事をしなければ、所得がゼロになることも考えられます。このため、サラリーマンや公務員と比較すると審査は厳しくなるといわれているのです。

 

安定した収入を証明せよ

消費者金融の審査基準の基本は、安定した収入があって、貸したお金を確実に返済してくれるかどうかです。個人事業主でも、安定した収入があれば審査はもちろんクリアできます。そこで自分の営んでいる事業が安定していることをアピールすることです。

 

そのためには、現在行っている事業をどのくらい続けているかがポイントになります。一般的に消費者金融の審査では、3年がボーダーラインとなります。3年以上現在の事業を継続している個人事業主であれば、安定した収入という条件はクリアできていると考えます。

 

そこで審査申し込みをする時に、確定申告書類など収入を証明する書類も併せて提出することです。できれば直近2年の収入証明書類を提出することです。もし2年間それなりの収入を得ている事が証明できれば、事業は安定している、返済される可能性も高いと相手が判断してくれる可能性も高まります。

 

消費者金融の現状

サラリーマンや公務員と比較すると評価は低いものの、個人事業主でそれなりの稼ぎがある、過去に返済トラブルも起こしたことはないというのであれば審査クリアできる可能性は高いです。消費者金融の中には、パートやアルバイトにも融資している所も多いです。お金に困っている人、収入が決して多くない人が客層ですから、審査を厳しくしてしまうと消費者金融の営業が成り立ちません。

 

ですから大手の消費者金融でも、融資してくれる可能性は十分あります。そこでこれから個人事業主におすすめの消費者金融を3つ紹介します。

 

1つ目はプロミスです。コマーシャルでも放映されているので、名前を知っている人も多いはずです。プロミスは、学生やパート、アルバイトでも安定した収入があれば融資してくれます。また30日間無利息サービス※を展開しているので、返済負担を最小限にできます。
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

2つ目の消費者金融は、アコムです。アコムは手軽にスピーディな借り入れのできる所で、すべてをWEBで手続きができ最短30分で審査の回答がきます。時間帯によっては、即日融資にも対応しています。

 

最後のおすすめは、モビットです。24時間インターネットを使って申し込めますし、銀行やコンビニなど幅広く提携ATMがあります。ですから借入も返済も近所で手軽に行えます。
3つの業者の商品特徴を表にまとめました。2014年12月時点のものですが、参考にしてみてください。

  年利 限度額
プロミス 4.5〜17.8% 1〜500万円
アコム 4.7%〜18.0% 1〜500万円
モビット 3.0%〜18.0% 1〜800万円

 

個人事業主は審査が厳しいって本当?

キャッシングの審査の際に、個人事業主の方は審査が厳しくなりやすいと言われることが多いです。確かに個人事業主の中には事業の業績が伸びず、審査の際に不利になってしまう人もいると思います。

 

しかしこれは一部の話であり、全てではありません。個人事業主だからキャッシングが利用できないということはありませんので、誤解しないようにしてください。

 

大手消費者金融のプロミスも個人事業主が利用することが出来るキャッシング会社の一つです。申し込みを行い、きちんと審査に通過すれば他の利用者同様にキャッシングが利用できます。

 

個人事業主のキャッシングの使途

プロミスには自営者カードローンという商品があります。これは個人事業主が利用できるカードローンで、融資されたお金の使用目的が制限されていません。プライベート費用として使うことも出来るし、事業資金として使うことも可能です。
プライベートと事業資金の両方を兼ねられる為大変使い勝手が良いローン商品であると言えるでしょう。

 

個人事業主の審査基準

個人事業主が審査に通り辛いと言われているということは前述しました。しかしこれはあくまで噂で、現実的に個人事業主に対して厳しい審査基準を設けているという事実はありません。

 

プロミスの申し込み資格に連ねられているのは、「安定収入を得ている」という条件です。個人事業主であってもこの条件を満たしていて、年齢条件も適合していれば一般的な審査を受けることができるのです。

 

審査では他社からの借り入れ額などが見られますが、こうしたマイナス要素を持たない方なら比較的審査には通過しやすいと思われます。

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る