年金受給者でも借り入れできる消費者金融一覧情報

高齢化社会が進んで、高齢者でもお金が足りなくて消費者金融を利用したいというケースもあるでしょう。消費者金融の中には、年金受給者のような高齢者でも融資をしている所も見られます。年金は定期的に入ってくるお金です。消費者金融の審査基準の中で、安定した収入があります。その意味では年金受給者もその条件をクリアしているといえるわけです。

 

ただし注意したいのは、年金を安定した収入と判断するかどうかは消費者金融による点です。中には年金受給だけしか所得のない高齢者には、融資を行っていない所もあります。年金受給者に融資を行っている所でも、いくつか条件を設定していますので事前の内容を確認した上で融資を受けることです。

 

申し込み可能年齢のチェック

消費者金融の借入条件の中には、年齢制限があります。一般的に年齢制限というと、下限をイメージする人が多いはずです。しかし消費者金融の年齢制限には、上限もありますので注意する必要があります。高齢者の場合、この年齢条件に引っ掛かる可能性があるので注意してチェックしてください。

 

キャッシング会社によって、年齢制限の設定はまちまちです。しかし一般的な傾向として、銀行系キャッシングの方が若く上限を設定している傾向があります。銀行系が65歳未満としている所が多いです。一方消費者金融系は、少し上に設定している傾向があって、69歳未満としている所が多いです。

 

なぜ上限を設定しているかというと、残念ながら高齢になればなるほど死亡リスクが高まるからです。年齢が上であるということは、返済途中で死亡してしまう恐れも高まります。特にキャッシングの場合、担保も保証人もなしで融資を行うので、債権回収できなくなるリスクもあるわけです。そこで高齢者に対しては、融資に慎重になるわけです。

 

ちなみに申し込みをした段階で年齢条件の上限未満であれば、その時点では借入ができます。しかし上限を超えてしまうと、それ以上の新規借り入れはできなくなるので注意してください。追加融資などもできなくなります。

 

また年齢の上限に近い人の場合、融資が受けられたとしても条件が厳しくなる可能性があります。借入限度額をすぐ返済できるように少なめに設定されるかもしれません。条件もしっかりと見て、借入するかどうかの検討をすべきです。

 

年金収入のみかどうか?

年金受給者でも借り入れできる消費者金融は、いくつかあります。しかしその中には、年金収入プラスアルファの収入がないと借入できないとしている所もあるので注意してください。年金収入だけでもOKか、ほかの収入がないといけないかはホームページなどで情報公開されていないこともあります。

 

そこで電話で直接問い合わせしてみることです。申し込んで審査に落ちた後で、年金収入だけではNGであることを知ったでは時間の無駄遣いです。以下で年金受給だけでもOKの消費者金融の一覧を提示しておきます。借入先選びの材料にしてみてください。

  年利 年齢条件
新生銀行カードローン レイク 4.5%〜18.0% 20〜69歳
アコム 18.0%(100万円だけ15.0%) 20〜69歳

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る