働いている立場で借入れを考える

社会的ステータスの高い医者と弁護士ならすぐに借りられる?検証してみた

投稿日:

消費者金融の審査では、申し込みをした人がどのような職業をしているかも考慮されます。医者の場合、審査に通る可能性は高いといえます。医者の仕事はほかと比較すると安定した職業であると評価されるからです。

他の職業の場合、その時々の景気で業績が影響を受ける可能性は高いです。しかし病気やけがを治療する医者の場合、景気に関係なく一定の仕事があります。特に今後日本はますます少子高齢化が進むとみられているので、高齢者が病院に厄介になる頻度も増えるはずです。そうなると、医療が不景気になって医者の生活が立ちいかなくなるとは考えにくいです。

消費者金融の審査では、収入が多いかどうかよりも、将来にわたって安定して収入が得られるかどうかを重視します。医者であれば、安定した収入は将来にわたってかなりの可能性で期待できます。このため、安定した返済能力があり融資可能となります。借入限度額が大きく、低金利で借りられるなどの好条件で借入できる可能性もあります。

本当に消費者金融でないといけませんか?

消費者金融のフリーローンだと、金利は高くなります。ただし医者の場合、生活が厳しくて消費者金融を利用することはあまりないはずです。たとえば独立開業するので、そのための資金が必要とか、病院の建て直し費用など、仕事上の何かに使うというケースは多いです。

もし仕事関係で融資を受ける必要があれば、ほかのローンで借り入れできないか検討すべきです。たとえば、医療者の支援に特化したローンなども販売されています。医療者専用のローンの場合、通常のフリーローンと比較すると融資される金額が大きくなります。また低金利に設定されているので、返済の負担も軽減されます。借入できるほかのローンがないかどうか、チェックしたうえでそれでもフリーローンを利用するのであれば、消費者金融に申し込むことです。

弁護士は最も高いランク

弁護士の中でお金に困って借入せざるを得ない状況にある人はいませんか?消費者金融では、審査を行うときに職業属性は重視する傾向があります。どのようなジャンルの仕事をしているかで、審査の評価をするアプローチです。いろいろな職業がありますが、その中でも弁護士は最高ランクにあるといえます。

職業別でみると、弁護士、医者、公務員、会社員という順番で評価が決まります。過去に返済トラブルを起こしたことがなければ、弁護士はまず消費者金融の審査はクリアできると思ってもらっていいです。

弁護士の場合専門職ですし、国家資格を持っていないと営業できません。限られた人が活動するので、仕事にあぶれることも少ないという安心感が貸す側にはあります。しかも社会的ステータスが高く、高収入を得ている人が多いというイメージもあるので審査に通りやすいわけです。

しかし医者や弁護士の場合、消費者金融としてみるとあまりうまみのある融資にはならないようです。収入があるので、借入をしてもすぐに返済することが多いからです。消費者金融の利息は日割り計算で決まるので、あまり大きな利息収入を得られないわけです。

-働いている立場で借入れを考える

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.