未成年でも借り入れできる3つのケースを検証

大学に入学すると、サークル活動やコンパなど何かとお金の出ていく機会も増えます。そうすると自分の手持ちの資金だけでは対処できないケースも出てくるはずです。その場合には、消費者金融などのキャッシングサービスを利用して、一時的に必要なお金の融資を受けることの検討する必要があります。しかし結論から言いますと、未成年者が借入するのは難しいです。

 

その理由は日本の民法の規定によって、未成年者は契約行為が認められていないからです。つまり未成年者相手にお金の貸借契約を交わしても、その契約そのものが無効と判断されてしまいます。つまり貸借契約を交わしても相手が未成年者であれば、お金の貸し借り自体がなかったことにされ、消費者金融としては貸し倒れのリスクが高いのです。

 

ただし消費者金融やキャッシング会社を見てみると、未成年者でも借り入れできるところもあります。もしお金にどうしても困っているというのであれば、このような未成年でもキャッシング可能な業者を見つけることです。

 

未成年でも借り入れできる3つのケース

未成年者が借り入れできる消費者金融は限られます。一般的に以下で紹介する3つのケースであれば、融資を受けられる可能性があります。

 

1つ目は学生ローンを利用するケースです。消費者金融の中には、学生ローンを販売している所もあります。大手よりも中小の消費者金融で取り扱っていることが多いようです。ただし学生ローンを利用するには、保護者の同意が必要です。保護者にお金を借りる相談をしないといけません。

 

2つ目のケースは、安定した収入のある既婚者です。日本の民法では未成年者は20歳未満の独身の人と規定されています。未成年者でも既婚者であれば、成人扱いができ契約行為が可能となります。加えてもし安定した収入を得ているのであれば、消費者金融によっては融資してくれる可能性もあります。その他には親の同意を得て会社経営を行っている場合も、成人扱いになります。

 

最後の方法は、クレジットカードを持つ方法です。最近では学生でも持てるクレジットカードがあって、クレジットカードの中にはキャッシング枠が設定されています。このキャッシング枠を使って借り入れする方法です。未成年者が借入する場合、最後の方法が最も現実的といえます。

学生とローン

 

親の同意の問題

消費者金融の中には、親の同意ありで融資してくれるケースもあります。ところで例えば親が同意したという書面を自分で親に内緒で勝手に作って提出すれば、問題ないと考える人もいるでしょう。消費者金融によって、親の同意書に対する対応は異なります。

 

中には、本当に親が子の同意書を作成したのかどうか確認をするケースもあります。もし捏造をすれば、この確認をした時点でばれます。しかも親に内緒で借金しようとした事実も親に知られる所になります。

 

ちなみにもし親の同意書を子供が勝手に作成すると、私文書偽造に該当します。つまり犯罪行為であるということをきちんと認識しておくべきです。

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る