社会人としてがっつり稼いでいなくても消費者金融を利用できる?

社会人のように安定した収入を得ていない主婦やアルバイト・パートタイマー、学生でも消費者金融からお金を借りられるのでしょうか?下記の項目を参考にして立場別の借り入れについて参考にしてみましょう。

働いている立場で借入れを考える / 消費者金融エスプレッソ記事一覧

平成22年の6月に改正された貸金業法で専業主婦の消費者金融からの借入れが難しくなったことはご存知でしょうか。この改正で家庭にいる専業主婦の扱いは基本的には収入の無い無職とされていますので、消費者金融でキャッシングをする場合は配偶者の収入の信用で申し込みをすることになりますから、そのために配偶者の所得証明、配偶者との婚姻を証明する書類などのが必要になることになりました。また改正後は配偶者が消費者金融...
結論から先に言うとアルバイトで働いている人でも消費者金融を利用してキャッシングすることが出来ます。非正規雇用での就業率が増加していることもあり、定期収入があればアルバイトで働く人でも消費者金融での借入れは以前よりもハードルが下がっているようです。消費者金融会社の中には一定の収入を証明する書類がなくてもOKなところもありますから、どうしても必要な人は諦めないで申し込んでみてはどうでしょう。またもしも...
消費者金融の利用者は就職している社会人や専業主婦だけだと思われがちですが、まだ学校を卒業していない学生でもいくつかの条件を満たしてさえいればキャッシングを利用して借入れすることが出来ます。その条件とは「成人である」、「一定の収入がある」、「学生証以外に免許証や保険証を提出できる」などですが、学生向けの融資を取り扱っている消費者金融によって借入れの条件が違ってくるので希望する人は前もって確認しておい...
基本的には無職でもフリーターでも消費者金夕のキャッシングを利用することは出来ます。ただしそれは無職であっても勤務先が決まっていないだけで実際は働いているなど一定の収入のある場合です。とくに決まった勤め先のない無職の人でも収入のある例としては、ある程度の預貯金がある場合、株やFXなどの投資で安定した収入を見込める場合、正規雇用の社員ではないアルバイトやパーととして働いているが就業確認がとれる場合など...
水商売だと信用が薄く、消費者金融から融資を受けることは難しい、という話をきくことがありますが、プロミスでは、職種で判断するようなことはなく、あくまでも安定して収入を得ているかどうか、ということが審査条件になります。そのため、職業が水商売だからといって融資を受けられない、といったようなことはありません。勤務先の種別は関係するのでしょうか?これも気になるところですね。基本的には、バーなど飲食店寄りのと...
65歳といえば、定年退職を行いセカンドライフを過ごしていく年齢です。しかし年金などだけでは生活をしていくのが難しいですし、まだまだ働いていきたいと考えている人も多いはずです。65歳以上の方でもカードローンを活用しながら自営業を営んで言ったり、新しく事業を展開していきたいと考えている人もいるでしょう。しかし、一般的なカードローンというのは利用条件の中に年齢設定がされており、20歳から60歳程度までと...
勤務先の規模は重要消費者金融の審査では確かに、どのような所で仕事をしているのかも審査の対象になります。一般的な消費者金融を見てみると、勤務先の規模で最高の評価を受けるのは官公庁です。つまり公務員として仕事をしている人は、消費者金融の審査をクリアできる可能性が最も高いです。よほどのことがなければクビにならないし、勤務先がつぶれることもないので安定性が抜群だからです。次に評価の高いのは、やはり大企業に...
消費者金融の審査では、申し込みをした人がどのような職業をしているかも考慮されます。医者の場合、審査に通る可能性は高いといえます。医者の仕事はほかと比較すると安定した職業であると評価されるからです。他の職業の場合、その時々の景気で業績が影響を受ける可能性は高いです。しかし病気やけがを治療する医者の場合、景気に関係なく一定の仕事があります。特に今後日本はますます少子高齢化が進むとみられているので、高齢...
消費者金融が融資の可否を判断するにあたって、申し込んだ人がどのような職業についているかを重視します。どの程度の収入を得られているのか、将来にわたって安定した収入を確保できるかどうかを判断するために重要だからです。ちなみに消費者金融の審査では、収入の多少よりもむしろ、安定した収入を得ているかどうかが重視されます。公務員は消費者金融の審査の中でも、評価の高い職種といわれます。まず給与所得者なので、毎月...
消費者金融の審査は、簡単に言ってしまうと、かしたお金を返してくれるかどうかをチェックするための作業です。そこでどのような仕事をしていて、どの程度の収入があるかはチェックされます。収入はある程度もらっていることの他にも、将来にわたって安定した収入があるかどうかも確認します。その中で勤続年数がどのくらいかは、重視されます。一般的に給与所得者のサラリーマンや公務員は、自営業者やフリーランスと比較すると審...
自分で事業を行っている人、従業員は家族だけといったような小規模で事業展開している人を個人事業主といいます。特に最近ではパソコン一つあれば仕事のできるIT系で、個人事業主として活動している人も多いです。よく消費者金融のサイトを見てみると、個人事業主の審査は厳しくなると紹介されています。結論から言いますと、これは事実です。個人事業主の審査が厳しいというのは少し語弊があるので、もう少し詳しく言うと公務員...
自営業をしている人の中で、資金繰りとか生活費が厳しいので融資を受けたいという人はいませんか?自営業者の場合、例えば売った代金の支払いが何ヶ月か先になることもしばしばです。このため順調に業績を伸ばしていても、目の前のお金が足りなくなって借入せざるを得ないこともあります。自営業者も消費者金融で借り入れを行うことは可能です。しかしサラリーマンや給与所得者と比較して、審査の評価は辛めになると思ってください...
大学に入学すると、サークル活動やコンパなど何かとお金の出ていく機会も増えます。そうすると自分の手持ちの資金だけでは対処できないケースも出てくるはずです。その場合には、消費者金融などのキャッシングサービスを利用して、一時的に必要なお金の融資を受けることの検討する必要があります。しかし結論から言いますと、未成年者が借入するのは難しいです。その理由は日本の民法の規定によって、未成年者は契約行為が認められ...
最近では非正規雇用という形で仕事をしている人も増えてきています。厚生労働省では「就業形態の多様化に関する総合実態調査」というデータを公開しています。平成15年のデータによると、非正規社員の割合は34.6%で平成11年と比較して7ポイント以上も上昇しています。その割合はもっと増えているのではないでしょうか?ちなみに全労働者に占める契約社員の割合は平成15年時点で、2.3%でした。少ないように思えます...
アルバイトやパート、派遣といった非正規雇用で仕事をしている人は年々増加しています。2011年時点のデータによると、35%程度の人が非正規雇用で仕事をしているといいます。非正規雇用は正社員と比較すると収入は少ないですし、安定していないのでお金をなかなか借りられないと思っている人もいるでしょう。しかし全体の1/3以上が非正規雇用である現実に、消費者金融は対応しつつあります。正社員相手に仕事をしているだ...
高齢化社会が進んで、高齢者でもお金が足りなくて消費者金融を利用したいというケースもあるでしょう。消費者金融の中には、年金受給者のような高齢者でも融資をしている所も見られます。年金は定期的に入ってくるお金です。消費者金融の審査基準の中で、安定した収入があります。その意味では年金受給者もその条件をクリアしているといえるわけです。ただし注意したいのは、年金を安定した収入と判断するかどうかは消費者金融によ...
最近では女性だけで子供を育てるというケースも多くなっています。結婚していたけれども離婚をしてそうなったというケースもあれば、もともと結婚せずにいわゆる未婚の母という事例も見られます。現在の所シングルマザーの世帯は、120万世帯以上あるといわれています。中でも母親の年齢が20〜30代の占める割合が高いといわれています。しかもここにきて増加傾向なので、今後ますますシングルマザー世帯は増えるとみられてい...

このページの先頭へ戻る