消費者金融をはじめとしてローンを組んだ場合、いずれ借り入れたお金を返済する必要があります。返済方法にはいろいろな形式があります。その中でも代表的な方法として、元金均等返済方式があります。元金均等返済方式とは、借り入れた元金を返済回数で頭割りにして1回当たりの返済額を決める方式です。

 

消費者金融などに返済をする時には、利息の支払いをしないといけません。利息は、それぞれの1回当たりの返済額にその時々の元金残高をベースにして一定の利率をかけて上乗せする方式となります。ですから元金は均等に返済されますが、1回当たりの支払額は変わりますので注意してください。

 

元金均等返済方式のメリット・デメリット

元金均等返済方式を選択した場合のメリットは、返済期間を短くできるという点です。毎回確実に一定の元金を返済する形になるので、一定のペースで借入残高も少なくなります。

 

消費者金融などのローンは現在、利息計算を日割りで行います。つまり返済期間が短ければ短いほど、利息の支払額も少なくできるわけです。しかもその時々の借入残高をベースにして、利息を算出します。一定のペースで返済できる元金均等返済方式であれば、利息の支払額も少なくでき、返済の負担をトータルで見れば軽減できるというメリットもあります。

 

ただし一方でデメリットのあることも認識しておかないといけません。元金均等返済方式は、1回当たりの元金の返済額は均等です。しかし利息がそこに上乗せされるので、それぞれの返済額は異なります。

 

先ほども紹介したように、利息はその時々の借入残高を対象にして算出されます。つまり元金が大きい返済期間の最初の段階だと、返済額がどうしても大きくなります。最初の段階の返済額をきちんと捻出できるかどうかは、慎重に検討する必要があります。

 

もし返済できなくなって、滞納するようであれば元も子もありません。返済シミュレーションなどを活用して、本当に返済できる額なのかを考えてください。

 

元金均等返済方式の隠された魅力

元金均等返済方式には、あまり紹介されないもう一つのメリットがあります。それは現時点におけるローンの借入残高が比較的簡単にわかるという点です。元金を均等分しているので、1回当たりの返済額と返済回数を掛け合わせれば、今までどれだけ元金を返済したのか、どのくらい残っているかがわかります。

 

また元金の返済額は固定されているので、元金分を差し引いた残りの額が利息分となります。このため、自分が毎回どの程度の利息を負担しているかも認識しやすくなります。

 

特に変動金利の場合、定期的に金利の見直しが行われます。利息を見れば、金利が上がっているのかどうか、どの程度変化しているのかなども敏感に感じやすくなります。自分のローン管理をきちんと行いたい人には適した返済方式といえます。

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る