現在の借金のうちおよそ2割まで借金を圧縮することができる

債務整理にも様々なものがありますが、借金の金額が大きすぎる場合、これまでだと自己破産を選択せざるを得ない場面の方が多かったです。そこで2001年より導入された比較的新しい債務整理のひとつとして「個人再生(個人民事再生手続)」に注目が集まっています。

 

個人再生は裁判所で手続きを行う債務整理で次のような特徴があります。

 

一定の金額に借金を圧縮 現在の借金のおよそ2割まで圧縮できる。ただし最低で100万円まで
分割払いができる 原則3年間、最長で5年間の分割払いができるようになる
利息の発生が無くなる 利息の発生が無くなるため圧縮された残りの借金の返済に集中できる
取立てが無くなる 手続きが始まった時点で消費者金融からの取立てがストップする
財産を手放さなくて良い 持ち家や自動車などの財産を手放さなくても借金の圧縮ができる

借金があまりにも大きく膨らみ過ぎると任意整理を行っても返済が難しいケースも多いですが、自己破産してしまうと自宅を手放したり、自動車を手放したりと財産を失ってしまうことになります。また、職業上の理由から自己破産することができない方が個人再生を選ぶ場合もあります。

 

小規模個人再生と給与所得者等再生の2種類

個人再生は大きく分けると「小規模個人再生」と「給与所得者等再生」の2種類があります。それぞれ名前の通り「小規模個人再生=個人事業主が利用」「給与所得者等再生=サラリーマンが利用」という図式となっています。しかし小規模個人再生の方がよりよい結果に結びつきやすいのでサラリーマンも小規模個人再生を選ぶことが増えています。

 

小規模個人再生の場合、再生計画について債権者が半数以上同意しなくては認められません。債権者側からすれば「利益がないため同意が得られないのでは?」と心配になる方も多いでしょうが「自己破産されるくらいなら個人再生のほうがマシ」と判断する所の方が多いです。ただし、銀行や消費者金融の借金を肩代わりしている保証会社は反対するケースの方が圧倒的に多いです。

 

個人再生を利用できる人

個人再生を利用できる人は次の条件に当てはまっていなくてはなりません。

 

  • 現状では返済は不可能だと判断できる
  • 住宅ローン以外の借金が5000万円以下
  • 継続的な収入が期待できる

 

また、個人再生の手続きはとても複雑です。そして時間と費用もそれなりに必要となってきます。手続きは裁判所に申し立てしなくてはならず、数多くの書類を用意しなくてはなりません。一部でも不備があれば全て作成し直さねばならず、特に「再生計画」の作成が個人ではかなり難しいです。ですので自分自身で行うのではなく弁護士や司法書士に依頼することを視野に入れておきましょう。

 

個人再生にかかる費用

個人再生に必要な費用は以下の通りとなっています。必ずしもこの通りになると分かりませんが、大体これくらいの費用が平均して必要となってきます。

 

申立手数料 1万円
余納金 1万2000円
個人再生委員の選任 約20万円
弁護士や司法書士への報酬 事務所によって異なる。主に減額した借金の金額の%で算出

費用に関しても弁護士や司法書士に相談すればあらかじめ大まかな計算をしてくれるところがほとんどです。最近では無料相談を受け付けているところも増えていますのでまずはこれらに連絡してみてはいかがでしょうか。

 

個人再生の事例

住宅ローン以外の借金が600万円あったAさんはこのままでは返済するのは難しい、ということで弁護士に相談。仕事柄自動車を手放すのはかなり厳しいという判断から個人再生を選びました。Aさん自身は特にやるべきことはそう多くはありませんでしたが、弁護士が代理で様々な手続きを行ってくれます。

 

そして裁判所に無事に再生計画を提出して申し立ての受理が認められました。その後、それぞれの金融機関との相談を行い、結果的に600万円の借金を5分の1となるおよそ120万円にまで圧縮。これを3年間かけて返済する内容の決定が下されました。個人再生が認められたことにより、Aさんは生活に余裕が出てきて生活再建に向けて頑張れるようになりました。

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る