多重債務は複数の貸金業者から借金をしている状態

多重債務とは消費者金融、クレジットカード会社などいくつかの貸金業者から借金をしている状態、そしてそれらの返済が苦しい状態を表しています。例えば、普段何気なく使っていたクレジットカードの返済が間に合わず、消費者金融から返済するためのお金を借入して、さらにその消費者金融に返済するために新しく借入する・・・といった状況が挙げられます。

 

現在では昔ほど多重債務に陥ることは少なくなってきたものの、いまだに重大な問題として取上げられているのもまた事実です。今は総量規制によって消費者金融から借入できる上限金額は年収の3分の1まで、と明確に定められています。これは複数の消費者金融を利用している場合でも借入合計で年収の3分の1を超えてはなりません。そのことから多重債務がしづらい環境になったのは借金の返済問題においては良いことだといえそうです。

 

しかし、依然として500万人以上が現在も多重債務に苦しんでいるとも言われているため、きちんと対策方法を知っておく必要があります。

 

借金の一本化

多重債務に悩まされているけれど、きちんと返済していきたい、という場合は借金の一本化を検討してみましょう。一本化は多重債務をひとつの消費者金融や銀行などの金融機関にまとめることを言います。別名でおまとめローンと呼ばれることもあるようです。借金を一本化させることで金利を安くし、返済日も統一できるので以前よりも返済しやすくなった、という声が多いです。ただし誰でも借金の一本化ができるのか、と言えばそれは難しく、キャッシングやカードローンのように審査をパスする必要が出てきます。多重債務に陥っていると毎月の返済が厳しい方が多いため審査に通らないことも十分考えられます。

 

債務整理を行う

債務整理とは多重債務などで返済が難しくなった人を法的に救済するための手段です。債務整理は大きく分けると「特定調停」「任意整理」「個人再生」「自己破産」の4種類があります。それぞれで詳細が異なるため、確認しておきましょう。

 

特定調停

特定調停は裁判所に申し立てて債務者と債権者の間に裁判所が介入する債務整理です。費用が安いのが特徴で、弁護士や司法書士を利用しなくても個人で申し立てできる債務整理として有名です。しかし、支払い計画通りに返済ができないと即財産が差し押さえられてしまうリスクがあります。

 

任意整理

任意整理は弁護士や司法書士に手続きを依頼して債権者と話し合いをしてもらい、借金の返済方法や金額を再度考え直す方法です。裁判所は介入しません。弁護士に費用を支払わなくてはなりませんが、借金の圧縮や利息のカットによる多重債務の軽減効果が大きいです。

 

個人再生

個人再生は3年程度で返済できるところまで借金を圧縮できる債務整理です。およそ5分の1程度まで圧縮されることがほとんど。こちらも弁護士や司法書士に依頼して手続きするのが一般的です。住宅ローンを除いた借金が5000万円以下である場合適用されます。また、住宅や自動車などの財産を手放さずに済むのが大きなポイントです。

 

自己破産

自己破産は弁護士を通じて裁判所に申し立て、債務者が持っている全ての財産を債権者に分配して借金を全額免責する債務整理です。申し立て手続きが非常に複雑なので弁護士を利用しないと個人では難しいです。職業に制限がかかったり、居住地から離れる(国内旅行や海外旅行、出張など)場合は裁判所の許可が必要になります。

 

これらの債務整理は弁護士費用などが発生すること、そしてブラックリストに登録されるため5年から10年はキャッシング、カードローン、クレジットカードが利用できない、というデメリットがあります。無料で相談できる弁護士や司法書士もたくさんあるので気になる方は気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る