モビットの審査に落ちる理由はこれだ!

モビットの審査に落ちる理由は返済能力

カードローンの中でもテレビコマーシャルなどで知名度のあるモビットで借り入れしたいと思っている人も多いはずです。しかしモビットの審査は厳しいのではないか、審査に落ちてしまうのではないかと不安に感じている人もいるはずです。

 

モビットの審査に落ちてしまうのは、返済能力が十分でないことです。よって収入が注目されます。ただし収入といっても、高収入を稼がないといけないというわけではありません。安定した継続的な収入があるかどうかがポイントです。

 

サラリーマンや公務員であれば、まず審査は通過できるはずです。アルバイトやパートタイマーの場合でも、審査に受かる可能性があります。特に現在やっている仕事が長く続いているのであれば、審査に受かる可能性も出てきます。

 

また過去にどれくらい申し込みをしているかも重視されます。短期間で複数のカードローン会社に申し込みをしていれば、よほどお金に困っている人と判断されかねません。このため、審査落ちをする可能性があります。3か月以内に3社以上の消費者金融に申し込みをしている人は、審査に受かるのは難しいと思うべきです。

 

住宅ローンやオートローンがあっても大丈夫

モビットでは他社借入の状況も、審査の中で重視されます。複数社を超えて借り入れ先がすでにある場合、新たな借り入れをするのは難しいと思うべきです。ただし住宅ローンやオートローンは対象外なので、心配しないでください。

 

住宅ローンやオートローンの融資を受けているということは、その審査をクリアしている実績のある人です。しかも今までトラブルなく返済できていれば、返済能力があり信用も置ける人と評価されます。むしろ審査の中では有利に働く可能性があります。

 

ただし住宅ローンもオートローンも、月々の返済額は決して少なくないはずです。さらにこの上カードローンの借入をすれば、返済のための家計のやりくりが厳しくなるでしょう。本当に返済できるのかどうか、慎重に返済計画を立てたうえで借り入れを行うべきです。

 

インターネット申し込みは特に慎重に

モビットの審査では、申込書に書かれている内容を確認します。もし一致しない情報が書かれていると、虚偽申告をしていると考えられてしまいます。まず虚偽申告をすれば、審査には受からないと思うべきです。

 

虚偽申告を意図的に行ったわけではない、単なる誤字脱字でも意図的なのか故意なのかは申込書を見ただけでは判断できません。ですから申込書を作成し終わったところで、内容に誤りがないかどうか確認をしてください。

 

特にWEB申込をする時には注意です。パソコンを使って申し込みをすると、結構誤字をするケースも増えます。また変換ミスを起こす可能性もあるので、うっかりミスが発生するリスクも高いです。申し込みフォームに入力間違いがないかしっかりと確認することです。モビットの基本条件を最後に紹介しておきます。

 

モビットの借入条件
借入限度額 最高800万円
金利 3.0% 〜 18.0%
審査スピード 最短即日(14:50までなら即日融資も)
レディースキャッシング ×

 

モビットカードローン公式サイトへ行く

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る