ミニマムペイメントは繰上返済ができないこともあるので注意

クレジットカードやキャッシング、カードローンの返済方法はいくつか種類がありますが、比較的最近登場してきた返済方法のひとつに「ミニマムペイメント」があります。ミニマムペイメントとは最小支払い金額のことで、利用のあった月の月末の利用残高に応じたミニマムペイメントが決定されていきます。例えば次のようなものがあります。

 

利用残高 ミニマムペイメント
10万円未満 月々3000円
10万円以上15万円未満 月々4500円
15万円以上20万円未満 月々5000円
20万円以上25万円未満 月々7500円

消費者金融でよく採用されている残高スライド返済ととてもよく似ている返済方法なのが特徴です。例えば、金利18%で10万円をミニマムペイメント5000円で借入したとします。すると次のようになります。

 

返済金額の計算方法

 

ミニマムペイメントでの支払いの場合、月々の返済額がとても少ないため家計への負担を小さくしながら利用しやすい、というメリットがあります。金銭的に余裕のないときにキャッシングやクレジットを利用するわけですので、月々の返済額がミニマムペイメントに設定されていれば返済もしやすいと一部の方から高く支持されています。

 

ミニマムペイメントのデメリット

ミニマムペイメントのメリットは前述した通り「家計への負担を軽くしながらじっくりと返済していけること」にあります。しかしこれが同時にデメリットにもつながることを覚えておきましょう。というのも、利息が発生する以上、借入期間が長引くほど利息総額が大きくなりがちだからです。例えば、先程の例でいくと、初回返済時に5000円返済しているにもかかわらず、利息が1500円発生しているため実質3500円分しか返済できていません(元金)。つまり、1回目の返済が終了した時点で残りの借入残高は9万6500円残っていることになります。

 

これは多くの消費者金融で採用される残高スライド返済も同じことが言えます。しかし、残高スライド返済の場合だと「繰上返済」が適用できます。これは、ボーナスや臨時収入が入った時にいつもよりも多めに返済できる、という方法で効率良く元金を減らすことができます。しかし、ミニマムペイメント方式を採用している場合だと繰上返済が利用できないことがあります。つまり、生活に余裕があっていつもよりもたくさん返済できるのにそれが認められないため、結局最初に契約を結んだ通りにしか返済することができないわけです。

 

しかし、ミニマムペイメントの繰り上げ返済が認められていなくても、支払い金額の変更が認められているところは多いです。例えば、これまでは月々5000円のミニマムペイメントで支払っていたけれど、このままだといつまでたっても返済が終わらないので支払い金額を変更して月々1万円にしたい、といった場合は手続きすることで変更が認められる場合もあります。ただし反映されるまでに時間がかかることも考えられるため、より計画的に利用し始める必要があります。また、ボーナスなどまとまったお金が手に入った時に手続きを行えば全額支払いに対応してくれるケースもあるので詳しいことについてはオペレーターに相談するのが一番でしょう。

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る