借金がどのような状況になっているか可視化する

消費者金融に返済をする時に元金の返済の他にも、利息の支払いがあります。利息の計算方法は、借入残高×年利÷365×借入期間です。つまり1日でも早く返済をした方が、利息の支払いをしなくても済むわけです。

 

消費者金融にある程度のまとまったお金を借入した場合でも、返せる資金があれば返済資金にできるだけ回すべきです。消費者金融では月に1度程度のペースで返済をする約定返済と、いつでも自分のタイミングで返済できる随時返済とがあります。お金ができたら返済になるべく回して、1日でも返済期間を短くするように心がけることです。

 

消費者金融では、リボ払いによる返済が主流です。リボ払いは毎月定額のお金を返済すればいいので、家計の計算がしやすいと人気です。しかし少額の返済しかできないので返済期間の長期化を招き、利息の支払いも大きくなってしまいます。

 

借金の可視化をする

借金で苦しんでいる人を見てみると自分の借金であるにもかかわらず、自分の月々の支払額、利息額、借入残高、完済予定日に関して理解していない人が多いです。自分の正確な借金がどれだけあって、完済するまでの期間を理解していない人は多いです。

 

借金を正確に把握していないと、余計な借金を重ねてしまって、返済の長期化を招くリスクも高まります。毎月きちんと返済していてもなかなか借金が減らないという嘆きをしばしば耳にします。それはもしかすると、返済しているつもりがその返済額の大半が利息の支払いに消えていたということもあり得ます。

 

そこでまず自分が現在抱えている借金の全体像をしっかりと理解することが重要です。そのためにパソコンを所有している人は、エクセルなどを使って自分の借金の現状を表にまとめておくといいです。借入残高と借入金額、返済額の項目は入れておきたいところです。

 

管理をしていれば、自分の借入残高がどの程度なのかも把握しやすいはずです。完済まであとどのくらいなのかもより具体的に理解できます。

 

口座引き落としの利用

うっかり返済を忘れると、遅延損害金を元金返済や利息支払いとは別に負担しないといけません。また借入限度枠を減らされる可能性も出てきます。このようなことにならないように、返済期日までに強制的にお金を返済するシステムを活用することです。

 

消費者金融の中には、口座からの自動引き落としによる返済に対応している所も多いです。これなら、返済期日に自分でATMなどに出向くことなく返済ができます。うっかり返済し忘れることも回避できるのでおすすめです。

 

また大手から中堅の消費者金融業者の中には、返済期日が近づくとメールで通知してくれるサービスを導入している所もあります。うっかりミスで余計な支払いを強いられることのないように期日管理をすることも、返済が長期化した時に注意したいところです。

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る