ブラックリスト入りすることはないので基本的には融資可能

消費者金融に借り入れの申し込みをすると、審査が実施されます。そして返済できるだけの経済力・信用力があると判断されれば融資が受けられます。消費者金融の審査では、その人の属性の他にも個人信用情報機関の参照があります。

 

個人信用情報機関は、皆さんのカードやローンの利用状況・支払い状況などを記録している所です。もしカードやローンの支払いが遅れていると、滞納情報が記録されます。滞納が頻繁にあると、貸し出しても返済してくれないリスクが高いとして審査で引っかかる可能性が出てくるわけです。

 

その他にも債務整理などを行うと、向こう7年間は事故情報が信用情報に登録されます。この状態をブラックリストに載るといい、まともな消費者金融の審査ならこの時点で落ちます。ブラックリストに載らないように、資金の管理を行うことが融資可能にするための条件だと思ってください。

 

年金滞納者は大丈夫?

国民年金に加入している人は、自分で年金を納めないといけません。そこで中には年金滞納している人もいるでしょう。ところで年金滞納者が信用情報にブラックリストとして登録されてしまうことはあるでしょうか?基本的に年金滞納は、個人信用情報には掲載されません。

 

このため、年金滞納しているそれだけの理由で消費者金融の審査に落ちることはまずないと思ってください。ただし一部ケースで、滞納情報が信用情報に乗ってしまうことがあります。現在年金支払いは、クレジットカード払いにすることも可能です。カード払いにすればポイントがたまりますし、自分で支払いしに行く必要もないので便利です。

 

ただしカード会社は、信用情報機関に加盟しています。もしカード払いで年金保険料を滞納してしまうと、その情報が信用情報に掲載されます。消費者金融が滞納情報を見れば、審査で落とされる可能性も出てきます。クレジットカードを使って年金保険料を納めている場合には、払い忘れのないように注意したいところです。

 

年金滞納への態度が厳しく

年金滞納者には催促状を送って、保険料を納めるように通知されます。それでも無視し続けると、最終催告状という書面を送ってきます。最終催告状は、もし期限までに納付しないと法的手段も辞さずというより強いメッセージになります。言い換えると自主的に納付をする最終通告とも言えます。

 

もしそれでも無視し続けると、督促状が届きます。納付をしない場合には、財産が差し押さえられてしまう可能性が出てくるわけです。

 

このような状況にならないようにするためにも、早めに対処することが重要です。もし自分で年金保険料を準備できない、家計がひっ迫しているというのであれば、消費者金融で一時的に融資を受けてやり繰りすることも検討すべきです。

 

ただし年間所得が200万円以下の低所得者や病気やけがで働くことができない、勤め先が倒産したなどの理由があれば、免除される可能性もあります。年金事務所に一度相談してみることです。

 

WEB契約後、自動契約機で即日融資!!※

実質年利は4.5〜17.8%と好条件!!

3項目だけの入力でOKの借入診断

※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

公式サイトへ

 

金利は実質年率4.7%〜18.0%で利用しやすい!!

三菱UFJフィナンシャルグループで安定度抜群!

来店不要でATMから楽に借り入れられる!

アコムなら最短30分で審査の回答をしてくれる!

公式サイトへ

 

ご利用限度額はゆとりの最大1,000万円!!

金利は年4.0%〜14.0%の低金利が魅力!

300万円以下の申込みは原則収入証明書不要

おまとめローンにもおすすめ!!

公式サイトへ

 

>> 人気ランキングを全て見る

 

 

レディースローンNo.1はここ!!

パート・アルバイトの方も申込みが可能!!

WEB契約後、即日融資が可能

実質年率は4.5%〜17.8%と好条件!!

3項目だけ入力OKの借入診断でチェック!!

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

公式サイトへ


このページの先頭へ戻る