消費者金融のローンの種類

超小額キャッシングで急な出費に対応できる準備をしよう

投稿日:

ほんのちょっとだけお金が足りない、1万円だけで良いからお金が必要。急な出費が立て続けに起こったり、給料日直前になるとこのようなことも起こります。「たった1万円のためにローンを組むのはなぁ・・・」と感じる方も多いでしょう。そこでおすすめなのが超小額キャッシングです。キャッシングと聞くとあまり良いイメージを持たない方もいるかもしれません。しかし使い方さえしっかりわきまえていれば非常に便利なサービスです。特に思ってもいないような出費に対応しなくてはならないときや、出先で手持ちのお金が無くなってしまった時に役立ちます。

いくらからの借入が可能?

キャッシングを利用して借入する場合まずは「いくらくらいから借入できるものなのか」が気になります。国内の代表的な消費者金融を見てみると限度額が次のように設定されています。



会社名 限度額
アコム 1~500万円
アイフル 500万円
プロミス 1~500万円
SMBCモビット 1~800万円
新生銀行 1~500万円


上の表の通り、ほとんどの主要消費者金融は1万円から借入できることが分かります。超小額キャッシングを利用したい場合、1万円あれば事が足りることも多いでしょう。逆にいうと1万円未満の借入をしたい、という希望は通りづらいとも言えます。

超小額キャッシングの業者選び

超小額キャッシングの業者を選ぶときには次のようなポイントをチェックしてみましょう。

金利の低さ

少ない金額の借入の場合だとかかってくる金利は上限金利いっぱいに設定されることがほとんどです。現在の貸金業法の上限金利だと10万円以上は18%までと決められています。各消費者金融は超小額キャッシングに対応しているものの、基本的にはある程度の金額の借入を想定しているためこの上限金利いっぱいである18%を最大金利に設定していることが多いようです。貸金業法的な上限金利の場合10万円未満なら20%まで適用させることができます。当然金利が低いほど利息の発生金額が小さくなるので必ずチェックしておきましょう。

無利息期間

いくつかの超小額キャッシング対応業者は無利息期間を用意しています。例えば初めて利用する方を対象とした30日間の無利息キャンペーンなどはテレビCMや広告などで見かけたこともあるでしょう。これを上手く使うことで利息を気にせずに超小額の借入がしやすくなります。

提携ATMの数

単純に金利で比較するのも良いですが、使い勝手の良さにも注目してみましょう。店舗でしか借入・返済ができない場合だとわざわざ足を運ばなくてはならないので面倒です。仕事が忙しかったりするとその時間が惜しいこともあるでしょう。しかし銀行ATMやコンビニATMで借入・返済ができるなら利便性が大きく高まります。最近ではパソコンやスマホなどネット接続環境から手続きができるところも増えてきました。

必ず返済シミュレーションを利用

各超小額キャッシング業者の公式ホームページを見てみると「返済シミュレーション」が用意されています。これから申し込みをしようと思っている方は事前に必ず返済シミュレーションを活用しましょう。これによっていくら借りでしたらトータルでどれくらい返済すれば良いのか、どれくらいの期間で返済するのが現実的なのか、といったことが簡単に分かります。その他にも仮審査シミュレーションなども用意されている場合があるのでチェックしておきたいところです。少ない金額だからすぐに返済できるだろう、と考えずに計画的に活用していくことが大切です。

-消費者金融のローンの種類

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.