消費者金融のローンの種類

学生ローンは教育ローンとは異なる学生が自由に使えるお金

投稿日:

学生のためのローンは大きく分けて2つあります。まずひとつが教育ローン。こちらは学費や教材の購入費用などに利用する、という目的がハッキリと決められています。一方の学生ローンは学生が利用することができるローンで、利用目的は学費以外にも、日々の生活費や交友費などにも利用できるのが特徴です。

日本国外を見てみると学生ローンは教育ローンに含まれていることが多いのですが、日本国内の場合だと教育ローンと学生ローンは完全に別のものとして取り扱われています。これは世界的に見るとかなり珍しい部類に入ります。

一般的な消費者金融では学生に対してローンを認めていません。これは総量規制という貸金業法によって年収の3分の1までしか借入できないというルールが決められているためです。そうなると学生はローンを組めないということになるのですが、学生ローンに関してはこの限りではありません。とはいえ、アルバイトなどある程度の収入を持っていないと、いかに学生ローンといえど利用できないこともあります。

学生ローンの利用条件

学生ローンは様々な金融機関が提供していますが、利用条件についてはそれぞれで大きく異なってきます。例えば、アルバイトなどで定期的な収入を持っていないとそもそも申し込みできないというものもあれば、特にそのような制限を設けていないこともあります。共通して言えることは学生証を提示できること。それ以外に制限を設けていることはあまりなく、返済についても月々の利息分だけ支払えばOK、というところもたくさんあります。学生の相談にのった上で柔軟にローンを組んでくれるところもたくさんあるのでお金に困っている、急な出費に対応しなくてはならない学生は気軽に相談してみましょう。

どんな人におすすめ?

学生ローンは次のような方達におすすめです。

  • 学業以外にもお金を使う機会がある
  • 低金利で審査の早いところを探している
  • 担保や保証人が用意できない
  • 学生でも利用できるローンを探している

これらの条件に当てはまるのなら学生ローンを選んでみてはいかがでしょうか。手続きは従来のローンと比べて簡単に行うことができるところがほとんどですし、学生にとって最もハードルの高い担保や保証人については必要のないところばかりとなっています。特に大学生などは急にお金が必要になる場面もあるでしょう。そのようなときに短い審査ですぐに借入できる学生ローンは心強い存在だといえます。

親にバレない?

学生の中にはできれば親にバレずに学生ローンを利用したいと考える方もいるでしょう。ほとんどの学生ローンは保護者などに連絡を入れずとも借入できるようになっているので安心です。しかしこれは逆にいうと返済が滞ってしまった時に保護者に頼りづらい状況である、とも言えます。ですので、限度額が少なく、金利が低めに設定されている学生ローンだからといって無計画な利用は避けるべきです。きちんと返済できる金額の利用だけを心がける、アルバイトなどで返済する目処をつけておくことが大切です。

多くの学生ローンは卒業した後に返済することも可能となっています。ですので、奨学金のような感覚で利用できるところも多いのですが、奨学金と比べると金利は高めになっているのでその点は十分注意しておく必要があります。

-消費者金融のローンの種類

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.