消費者金融のローンの種類

自動車購入ローンの賢い選び方とそれぞれの特徴

投稿日:

新車を購入するときはどうしてもそれなりの金額が必要となってきます。十分な資金を持っていないけれどすぐにでも車が必要な方もいるでしょう。そこで上手に活用したいのが「新車購入ローン」です。名前の通り新車を購入する際に使うことができるローンのことを言います。ここでは新車購入ローンとして利用できるものをそれぞれの特徴を踏まえながら紹介していきます。

ディーラーローン

ディーラーローンは新車購入ローンの中でもメジャーなひとつです。新車を販売しているお店と提携しているクレジット会社から融資が受けられるようになっており、ある程度の収入があればほとんど審査に通るのが最大の魅力だといえます。また未成年でも利用できるところが多く、保護者の同意書があれば成人とほとんど変わりなく融資が受けられます。なお手続きに関しても販売店側で用意している書類に記入すれば残りは販売店が代理で行ってくれることが多く、手間が少ないのも魅力だと言えるでしょう。

ただしディーラーローンは連帯保証人などが必要になることが多く、保証人となってくれる人がいない場合は利用が難しいかもしれません。また収入に対して融資額が大きくなると融資金額に制限がかかる場合もあります。金利については5%台~8%台と比較的利用しやすい範囲だと言えるでしょう。またキャンペーンなどで対象車種でのディーラーローンを選べば銀行の自動車ローンと変わらないくらいの低金利で利用できる場合もあるのでチェックしてみましょう。

銀行の自動車ローン

新車購入ローンのもうひとつのメジャーな方法として銀行から自動車ローンを受けることもできます。ディーラーローンと比較すると金利がかなり安めに設定されており、実質年率3%~5%台のものがたくさんあります。ただし誰でも利用できるわけでなく、厳しい審査をクリアしなくてはなりません。年齢制限、収入状況などが他の新車購入ローンと比較しても格段に厳しいものがあります。

もちろん審査にパスできれば低金利で自動車ローンが組めるので「どこから新車購入ローンを受ければ良いか悩んでいる」という方は候補のひとつとして覚えておくと良いかもしれません。

ろうきん・JAのローン

ろうきんやJAもまた新車購入ローンを用意しています。銀行の自動車ローンなど近いものがあり、ディーラーローンと比べるとかなり金利が低めになっています。ただし融資を受けるためには保証料を支払わなくてはならなかったり、手数料が発生する場合もあります。

トータルで金利を見るとトップクラスでやすいことも多いので、やはり候補の中に入れておきたいところ。もちろんろうきんやJAの構成員でなければあまり恩恵が受けられないのでこれらの会員になっている方はチェックしておきましょう。

残価設定ローン

残価設定ローンはあらかじめ設定した3年後の価格を据え置いて残りの金額を分割払いする、という新車購入ローンのひとつです。3年後の下取り価格は50%に設定されることが多いのですが、その分の金額を差し引いて残りの金額を月々支払っていきます。3年後にそのまま同じ自動車に乗り続けるのか、売却するのか、あるいは同じ販売店で新しい車に乗り換えるのかを選択できます。

なお、人気の高い車種も選んだり、3年後あまり走行距離が多くなければ査定価格が高くなる場合もあり、時には差額を受け取ることもできます。ただし、事故を起こしたり、走行距離が多すぎたりすると差額分の支払いが出てくるので大事に乗ることか重要です。

自転車購入のためのローンを有効活用しよう

最近ではロードバイクをはじめとした様々な自転車が人気を集めています。しかし、自転車を購入する際に大きなハードルとなっているのが「値段が高い」ということです。マウンテンバイクやロードバイクなど高機能なものほど値段が高く、安いものでも5万円前後、良いものを購入しようと思えば20万円や30万円、中には100万円近くするものもあります。

できるだけ安い値段で購入しておきに入りが見付かったら次々に買い替える、というのもひとつの手ですが、どうせなら良いものを買って長く楽しみたいと言う方が多いと思います。そんな方におすすめしたいのが自転車購入ローンを活用する方法です。

自転車購入ローンとは?

ロードバイクなど高額な自転車を買う時に一括払いではなく分割払いを選びたい、という方のために提供されているのが自転車購入ローンです。1度の支払いではなく分割支払いすることによって値段の高い自転車でも無理なく購入できるようになります。いわばクレジットカードの自転車購入版だと思えばイメージしやすいのではないでしょうか。クレジットカードなどは借入したお金は何に使用しても良いのですが、その分金利などが高めに設定されています。しかし、自転車購入ローンなら使用目的が自転車関連に絞られる代わりに金利が優遇されていたり、支払い期間・回数などが柔軟に対応できるといったメリットがあります。

スルガ銀行ロードバイクローン

自転車購入のためのローンの先駆けとも言えるのが「スルガ銀行ロードバイクローン」です。最高で500万円まで借入することができ、ロードバイク、クロスバイクといったものの購入資金として利用することが可能です。支払い回数は最大で84回までとなっており、高額な自転車でも無理なく支払うことができます。1回の支払い金額を抑えて長く使い続けたい、と言う方に特におすすめです。金利についても消費者金融と比較してかなり優遇されているのも特徴です。

Y’s Roadのロードバイクローン

Y’s Roadは日本最大級のスポーツサイクル専門店です。Y’s Roadで購入したロードレーサーやマウンテンバイク、クロスバイクなどはローンを組むことができるようになっています。支払い方法も最大24回払いまで分割できるようになっており、金利はたったの1%。5万円以上の商品にのみ対応していますがロードバイクやマウンテンバイクなどならほとんどの商品が条件を満たしています。金利が1%とほとんど気にならないレベルまで下げられているため、例えば20万円のロードレーサーを購入したとしても利息はたったの2000円。そう考えると無理に一括支払いを選ぶ必要もないですね。

ローンといえば自転車や住宅のために利用するものというイメージがありますが、私たちの身近なアイテムである自転車も利用することができます。もちろん決して安い買い物ではないため気軽に購入を決定するのではなく、きちんと返済できるかどうか、本当に自分にとって必要なものなのかをよく考えた上で計画的に利用していきましょう。

自動車購入に役立つディーラーローンとは?

自動車を購入する際、一括で支払うのはなかなか厳しいという方が多いと思います。そこで多くの方が利用しているのが自動車ローンです。自動車ローンにも色々な種類があるのですが、中でも最もメジャーなもののひとつとしてディーラーローンが挙げられます。ここではディーラーローンとは何なのかについて紹介していきます。

ディーラーローンとは?

ディーラーローンとは販売店で組むことができる自動車ローンのことを言います。自動車を販売しているお店は実に様々なものがありますが、その販売店が提供している自動車のためのローンのことをディーラーローンと言います。もちろんローンを組むためには審査に通らなくてはなりません。ディーラーローンでの審査では次のような点が重要視されています。

年収

販売店によって異なりますが、年収はおおむね200万円から300万円程度を基準としているところがほとんどのようです。ただし高級車を取り扱うディーラーローンの場合はもっと年収が高くなることも。

勤務先

勤務先については、正社員の方が信用度が高く、アルバイトだとどれだけ年収が良くても審査に通らない場合もあるようです。公務員や大企業の方が審査に通りやすい傾向にあります。

他社借入状況

一般的なローンやクレジットカードなどと同じように他社からの借入状況も審査の内容に含まれます。借入がすでにあったり、過去に返済が滞っていた履歴が残っていると審査に通りづらいこともあります。

ディーラーローンのメリットは?

ディーラーローンの最大のメリットとも言えるのが「手続きが簡単」だと言うことです。銀行などから自動車ローンを組む場合は何かと手続きが必要となります。しかしディーラーローンの場合はディーラーが仲介して信販会社やクレジット会社のローンを組んでくれるためかなり手間が省けます。必要事項を記入するだけで簡単に手続きが完了するため、煩わしい手間をかけたくない方にもおすすめです。

ただし注意しておきたいのが金利などの面です。それぞれのディーラー、あるいは仲介される信販会社によって金利をはじめとした様々な条件に違いがあります。場合によっては金利が思っている以上に高めに設定されている場合もあるので事前に金利の相場をチェックしておいた方が良さそうです。新車購入での自動車ローンの相場として2%から6%程度に設定されていることが多いので覚えておくと良いでしょう。

ディーラーローンを選ぶべき?

ディーラーローンには多くのメリットがある一方で金利のことなど気になる部分もあります。そのため、自動車購入のためのローンとして必ずしもディーラーローンを選択しなくてはならない、ということはありません。銀行から受けられる自動車ローンの方が金利が優遇されていることが多いです。

ただし、ディーラーローン以外の自動車ローンを利用しようと思うと厳しい審査をパスしなくてはならなかったり、手続きなどで手間がかかったりする部分があります。自動車ローンを選ぶときには販売員が勧めるから、という理由だけでディーラーローンを選ぶのではなく、その他の選択肢についてもしっかりと吟味した上でどれを選ぶべきか検討する必要があります。

自動車購入の残価設定ロ―ンって本当にお得?

自動車を購入しようと思ってディーラーから話を聞いているとよくでてくるのが「残価設定ロ―ン」です。耳慣れない言葉なので「なんだそれは?」と思う人もいるかもしれません。残価設定ロ―ンは様々な呼び方があります。残価設定クレジットや残価設定プランといった言い方もあります。しかし内容としては基本的に同じものとなっています。

残価設定ロ―ンを簡単に説明すると、車を買い替える時の下取りを購入時に引いておき、残りの金額をローンとして分割で支払っていく、という内容になります。多くの残価設定ロ―ンは3年プランと5年プランが用意されていて、例えば3年プランを選んだ場合、車を購入した3年後に購入した車をディーラーに返して他の車を買い替えるのか、あるいはそのまま購入するのか、が選べるようになります。要するに次の自動車を購入することを前提としたローンだと言えるでしょう。

残価設定ロ―ンのメリット

残価設定ロ―ンの最大のメリットは月々の支払いを大幅に減らせるということです。3年プランを選んだ場合だと、車両価格の50%から60%を分割払いすることがほとんどです。5年プランの場合は70%から80%を分割払いすることが多いです。例えば、200万円の車を購入する際に3年プランを選んだら100万円分のお金を3年間で分割して支払っていく、というケースが多いです。実際には頭金が必要となるため、さらに月々の支払いを少なくなります。頭金に50万円支払っていれば、残りの50万円を3年で支払う、つまり毎月1万円から2万円程度の支払いになります。1度にまとまったお金を用意するのは難しいけれど、毎月の支払いを少しずつ積み重ねていきたい方にとって非常に魅力的なのではないでしょうか。

残価設定ロ―ンの注意したいポイント

残価設定ロ―ンは多くのユーザーにとって魅力的なものなのですが、いくつか注意しておきたいポイントもあります。

まずひとつが走行距離に制限が設けられていることがほとんどだと言うことです。基本的に下取りをすることを前提としているため走行距離が○○km以内でなくてはならない、といった内容の制限が設けられていることがほとんどです。走行距離がオーバーしてしまったり、事故などで傷やへこみが出てしまった場合は残価の保証がされなくなってしまうことも。もしもこれらが起こった場合は総支払い額がローンよりも高くなる場合もあります。

これらの注意点については必ずディーラー側から説明がありますが、よく分からないまま利用するのではなく、少しでも疑問に思った点があったら納得がいくまで質問しましょう。

残価設定ロ―ンが向いている人

残価設定ロ―ンは全て手の方におすすめできる購入方法とは言えません。例えば、購入した自動車を長く使い続けたい、自分の好きなようにカスタマイズしたい、走行距離を気にしたくない、という方にとっては適さないローンだといえます。しかし、次のような方にとっては残価設定ロ―ンが適しています。

  • 毎日乗るものではないため走行距離は心配ない
  • カスタマイズなどに全く興味がない
  • 3~5年後の環境の変化が予想される
  • 総支払い額が多少高くなっても月々の支払いが小さい方が良い

例えば、3年から5年後に子供が1人立ちするだろうから、そのときに車を買い換えるつもり、といった人にとっては残価設定ロ―ンはまさにぴったりの自動車購入ローンだといえます。

3年から5年後にディーラーに購入した自動車を売ることを前提とした購入方法なので場合によっては買取業者を選んだほうがお得になることも珍しくありません。そう考えると、月々の支払いを安く済ませたい、という希望が特にないのなら普通の自動車ローンを組んだ方がメリットが大きいこともあります。

-消費者金融のローンの種類

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.