消費者金融のローンの種類

住宅購入時の共同名義のローンとは?

投稿日:

念願のマイホームを購入するときにローンを組むのが一般的です。すると、共同名義のローンにするかを選べる場合があります。この共同名義のローンの実態が良くわかっていない方が多く「共同名義のローンにしても大丈夫なの?」「単独名義と共同名義だと何が違う?」と心配する方も少なくありません。

共同名義のローンは例えばマイホームを手に入れた時にその住まいを「共有するか否か」を決めることになります。もしも自分1人だけで全てのお金を出した場合は持ち主はあなたになりますが、例えば妻や両親などと一緒に共同名義のローンを組んで支払った場合は持ち家はあなた1人だけでなく妻や両親なども持ち主になる、ということになります。マイホームの名義は出資者が所有者・名義人になるのが原則となっています。そのため、複数の人が出資している場合は所有者も複数となり、出資割合に応じた名義で登記しなくてはなりません。これを共有登記といいます。

共同名義のローンはどんなときに使う?

夫名義で住宅ローン支払っていた、つまり単独名名義での支払いにもかかわらず、少なからず妻も出費に負担している場合は贈与税が発生してしまいます。例えば3000万円の住宅を購入し、そのうちの1000万円を妻が負担していた場合だと税法上で「1000万円を妻からもらった」とみなされて231万円もの贈与税が発生してしまいます。ただでさえ住宅にかかる費用で出費がかさんでいるにもかかわらずこんな多額の税金を支払わなくてはならない、というのはバカらしい話です。

また似たようなケースで、妻の名義で住宅ローンを組んでいたけれど、出産や育児などで返済が滞ってしまった場合は夫が肩代わりして支払わなくてはなりません。そうなると、先ほどと同じように贈与税の対象になりうる可能性が出てきます。

この贈与税の心配を無くすためにも共同名義のローンが有利に働きます。マイホームの資産価値は分散されてしまいますが、贈与税のリスクを減らせるのは大きなメリットだと言えるでしょう。

共同名義のローンで注意したいこと

例えば4000万円の家を買う場合を想定してみましょう。もしも両親が500万円負担してくれる、という話になっているのなら残りの3500万円を貯蓄もしくはローンから出資しなくてはなりません。名義は出資割合に応じて決定されるため、4000万円に対して3500万円分、つまり8分の7に関してはあなたの所有になりますが、残りの8分の1は両親の持ち分ということになります。

夫婦で共同名義のローンを組む場合、トラブルも起こりやすいので注意しておきましょう。というのも、夫婦で同じ資金を共有していることが多いからです。例えば夫と妻がと共にマイホームに出資した場合は割合がハッキリとしづらいです。

なかには夫の収入は貯蓄に回して妻の収入は生活費に充てている、という家庭もあるでしょう。そうなるとどちらのお金でローンを組んでいるのか分かりづらいですよね。もし仮に住宅ローンの名義人が夫だとしても妻がそれに協力している場合は共同名義のローン扱いになる場合もあります。

また共同名義のローンを利用する時に注意したいのが持ち家を売却したときや、離婚してしまった時のお金の配分です。先程紹介した通り住宅の資産価値というのは出資した割合に応じて決定されています。ですので、共同名義のローンを使って住宅を建て、売却したお金はその割合に応じて所有する権利が生まれます。スムーズに行けば良いのですが、それに納得がいかない場合はトラブルに発展しかねません。

このように分かりにくい部分も少なからずあるため、心配な方は専門家に相談した上で単独名義にするのか、共同名義にするのかを決めた方が良いでしょう。

-消費者金融のローンの種類

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.