消費者金融のローンの種類

住宅ローン審査の仕組み!キャッシング利用歴があると組めない?

投稿日:

新居を購入するにあたって利用するであろう「住宅ローン」。住宅ローンは目的別ローンのひとつで、住宅の購入資金以外に利用することはできません。また、厳しい審査をクリアする必要もあります。これらを無事にクリアできれば低金利で住宅購入資金を融資してもらえるため多くの方が住宅ローンの利用を検討していることだと思います。

住宅ローンの審査を受ける上で過去に利用した、あるいは現在利用しているクレジットカードやキャッシングの利用歴が影響を与える場合があります。住宅ローンだけに限った話ではありませんが各種ローン審査では必ず過去の利用歴が確認されます。これは信用情報機関に記録されているため私達自身でどうこうできる問題ではありません。

要は住宅ローンの審査を行う上で、現在の借入状況や過去の借入状況などを確認することで「この人は本当に返済できるだけの収入や生活力を持っているのか」を判断しているわけです。なかには「キャッシング利用歴があるから住宅ローンは絶対に組めない」と思っている人もいるようですが、キャッシング利用歴があるからこそ有利に働くこともあります。

キャッシング利用歴は不利に働く?

住宅ローンの審査を受ける際に、キャッシング利用歴が不利に働くと考える方が多いですが、決してそのようなわけではありません。私たちは生活上様々なローンを利用する機会があります。住宅ローンはもちろん、自動車ローンや教育ローン、普段の買い物などに便利なクレジットカードもローンの一種だと考えられます。もちろん借金は無いに越したことはありません。しかし、全く借金がないよりは適度に借金の経験がある方が信用されることもあります。

これまでにキャッシングなどを利用したことがない人はお金に困っている印象は全くなく、基本的に住宅ローンの審査で有利になります。しかし「一度もキャッシングやローンを利用したことがない人がきちんと返済できるのだろうか」とも考えられてしまう場合があります。

一方でキャッシング歴のある人は返済履歴が必ずチェックされます。1度も遅延することなく正しく利用できていれば銀行側に好印象を持たれることも。返済実績がきちんとしていれば「住宅ローンをきちんと返済してくれるだろう」と考えられるためです。

もちろん現在進行形でキャッシング利用歴があったり、複数の消費者金融から多額の借金をしている場合は言うまでもなく住宅ローンの審査は通りません。また過去に遅延や債務整理などを行っている場合も住宅ローンは厳しいと言わざるを得ません。

返済比率を下げよう

住宅ローンの審査を受けたいと考えているけれど、キャッシング利用歴がある、あるいは現在進行形でローンを組んでいる場合は「返済比率」を下げることを意識しましょう。

返済比率とは1年間にかかるローンの返済総額が年収に対して何%くらいあるのか、と言うものです。もちろん返済比率が少ないほど生活に余裕がある、と判断できます。

住宅ローンの審査ではこの返済比率はかなり重要視されており、一般的に返済比率25%以下に抑えないと審査に通ることは無いとされています。ですので、まずは自分自身の現在の返済比率を確認すること、どうすれば返済比率を下げられるのかをしっかりと考えた上で、準備が整ったら住宅ローンに申し込むのがよいでしょう。

-消費者金融のローンの種類

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.