消費者金融のローンの種類

フラット35審査の仕組みとは?キャッシング利用歴があると組めない?

投稿日:

新居を建てたい、住宅の購入を検討している方にとって住宅ローンは必要不可欠なものです。中でもフラット35が人気を集めています。フラット35は民間金融機関と住宅金融支援機構が提携することで一般の人たちが利用できる長期固定金利住宅ローンのことを言います。最大の特徴はなんと言っても固定金利だと言うこと。最長35年の固定金利住宅ローンなので申し込みをした時点の金利で住宅ローンを組むことができます。

フラット35以外の住宅ローンを見てみると、金利が変動することも珍しくなく、最終的により多くの利息を支払うことにもなりかねません。しかし逆に言うと金利が下がったときにフラット35を選んでいたためにその恩恵を受けられなかった、という事態も考えられます。

その他にも、フラット35のメリットはたくさんあります。例えば保証料が必要ないこと、そして繰り上げ返済手数料も無料だということ。これらは、住宅ローン以外の不要な出費を最小限に抑えるために必ず確認しておきたいところです。

このようにユーザーにとってメリットが大きいフラット35。利用したいと考えているけれどキャッシング歴があるから申し込みできないのではないかと考える方も多いです。そこでここではフラット35の審査とキャッシング歴との関係性について紹介していきます。

フラット35の申し込み条件

フラット35にはいくつかの申し込み条件が設定されています。これらをクリアした人が初めて申し込みできるようになっています。

  • 申し込み時の年齢が満70才未満(親子リレー返済を利用する場合は満70歳以上でも申し込み可能)
  • 日本国籍を持つ、あるいは永住許可を受けている人
  • 年収に対する借入(フラット35を含む)の年間合計返済額の割合(返済負担率)が次の表の基準を満たしていること



年収 400万円未満 400万円以上
総額返済負担率の基準 30%以下 35%以下


年間合計返済額の割合はフラット35だけでなく、それ以外の住宅ローンや自動車ローン、カードローン、クレジットカードによるキャッシング、あるいは商品の分割払いやリボ払いに至るまで様々なものが含まれています。

これらの申し込み条件を見てみると、キャッシング歴のある人でもフラット35の審査が受けられることが分かります。もちろん、年収に対する返済負担率が明確に表記されているのでこれらをクリアしていることが大前提となります。

返済負担率の計算方法についてですが、こちらは年間でどれくらいローンの返済を支払っているのかが計算できれば簡単です。

ローン返済の支払い金額÷年収×100=返済負担率

例えば、年収400万円でローン返済のための支払い金額が年間で50万円の人だった場合は

50万円÷400万円×100=12.5%

となります。

フラット35の審査

フラット35の審査で重要視されているポイントにはどのようなものがあるのかもあわせて確認していきましょう。

先述した申し込み条件を満たしていることは最低必要限の条件ですが、それ以外にも現在の年収なども重要視されています。一般的な住宅ローンと同じように年収、職業、勤続年数、現在の借入状況は審査で必ずチェックされる部分です。どれだけ収入が多いアルバイトより、収入の少ない公務員の方が社会的な信用度としては高いです。

また年間合計返済額の割合の基準をクリアしていたとしても過去のキャッシング歴で遅延などがあった場合は信用問題に傷があると判断されて審査が通らないこともあります。

もしも現状で借金がある場合は、まずはこれらをクリアな状態にしておくことで随分と審査に通りやすくなるはずです。

-消費者金融のローンの種類

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.