消費者金融のローンの種類

急な出費に対応しやすい小口キャッシングを有効活用する!

投稿日:

給料日前でお金がないのに急な出費に対応しなくてはならなくなった!誰もが一度は経験したことのあるちょっとした出費に対応できない事態。貯金があったり、ある程度お金に余裕があれば特に問題は無いかもしれませんが、必ずしもそのような状況であるとは限りませんよね。急な出費にも色々なものがありますが、例えば結婚式、葬儀などは思ってもみないときにいきなり訪れる代表的なイベントです。かといって祝儀や香典も持たずにこれらに参加するわけにも行きません。そのようなときに便利なのが小口キャッシングです。

小口キャッシングというのは消費者金融などから1万円、2万円、3万円といった少ない金額を借入することを言います。小口キャッシングを利用するにあたって気になる点もたくさんあるでしょう。例えば、いくらから借入できるものなのか、利息や返済はどのようになっているのかなど気になるところはいっぱいあると思います。そこでここでは小口キャッシングの基本的な情報や上手な使い方について紹介していきます。

1万円から借入可能な小口キャッシングがほとんど

小口キャッシングを利用する場合消費者金融に申し込みするのが一般的です。お金を融資してくれるところは銀行や信用金庫などもありますが、基本的にこれらの金融機関はある程度まとまった金額の融資を行うところです。ですので少ない金額の借入をしようと思ったらそのあたりに柔軟な対応を取っている消費者金融を選ぶのが普通です。

では消費者金融が行っている小口キャッシングはいくらから借入できるのでしょうか。ほとんどのキャッシング会社は1万円からの借入に対応しています。1万円未満、例えば5000円や1000円だけ借入したいという要望には答えられない場合がほとんどです。

気になる金利についてですが、小口キャッシングの場合最大金利が適用される場合が多いです。現在貸金業法によって上限金利が定められているのですが、10万円以下の借入の場合は最大で20%の金利が適用できるようになっています。実際に大手の消費者金融の小口キャッシングの金利を見てみると、18%と限りなく上限金利に近いものが採用されています。

もし仮に18%の金利が適用されて、1万円の借入をした場合、次の月に返済すればおよそ140円から150円程度の利息を支払うことになります。つまり総返済額は1万150円ぐらいが目安だということに。

計算式は次の通り。

1ヶ月の利息=1万円(借入金額)×18%(金利)×30日(借入日数)÷365(1年間の日数)

コンビニATMからも使える

小口キャッシングの魅力的な点は必要なときに必要な金額だけ借入できる、というだけでなく提携ATMが数多く存在しているため出先でも気軽に借入できる、という点が挙げられます。代表的なものにコンビニATMがあります。1度小口キャッシングの契約を結んでおけば提携しているコンビニATMにカードを挿入して暗証番号を打ち込むことで気軽に借入できます。

もちろんあまりにも気軽に借入できるのでついついキャッシングに頼りがちな生活を送ってしまう、という危険性もありますが、急な出費に対応しなくてはならないときに心強いものです。ですので、万が一に備えてコンビニATMに対応している小口キャッシングに登録しておくのも賢い選択のひとつだと言えるでしょう。

また小口キャッシングの特徴のひとつとしてできるだけ早く返済することで利息をより小さく抑えられる、というポイントがあります。ですので、小口キャッシングから借入したらできるだけ早めに返済できるように心がけておきましょう。

-消費者金融のローンの種類

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.