消費者金融のローンの種類

住宅ローンのつなぎ融資とは何?分かりやすく解説!

投稿日:

住宅ローンを活用して住宅の新規購入の資金を集めたいけれど、住宅ローンはすぐに実行されるわけではありません。そこで活用される、一時的に借入を行って施工業者に支払うためのローンのことを「つなぎ融資」と言います。住宅ローンが実行されるまでの「つなぎ」の役割を果たしているので名前の通りですね。上手につなぎ融資を活用することができれば住宅ローンが実行されるまでの資金繰りのタイミングのずれをなくせるため覚えておきたいテクニックだと言えるでしょう。

住宅ローンなどの公的な融資を受ける場合、物件が引き渡された時点で融資実行可能となります。つまり所有権が自分に移らなくては正式な融資が受けられないわけです。所有権を移すためには不動産会社、建築会社などに支払いが必要なケースがほとんどです。もしもこれらに支払うだけの十分な資金があるのならつなぎ融資を利用する必要はありませんが、多くの方は十分な資金を持ち合わせておらず、つなぎ資金を使わざるを得ません。

つなぎ融資が必要なケース

新しく住居を建築する、購入する場合に必要となるほとんどはつなぎ融資を利用します。一般的に新しく住宅を建築する場合次のような支払いが行われることが多いです。

1.建築会社への手付金
2.棟上終了時の中間金
3.建築完成時に支払う残金

最も支払い金額が大きいの3番目の完成時に支払うお金です。先述した通り住宅ローンなどの公的な融資を受けるためには建築物がすでに自分の所有になっていなくてはなりません。つまり、建築完成時に自動的に自分のものになるわけではなく、あくまでも支払いが完了した時点で所有権が移るので支払いが終わるまでは融資実行されないことになります。さらに、住宅の引き渡しから融資されるまで1ヶ月から2ヶ月ほどの期間も必要となります。

ですので、まずはつなぎ融資を利用して支払うべきお金を払い、住宅ローンが適用されるようになってからつなぎ融資を返済していく、という流れが一般的です。つなぎ融資から借入している間は金利だけを支払って住宅ローンが実行されるようになってから本格的な返済に移ることが多いです。

つなぎ融資の注意点

つなぎ融資を上手に活用することでよりスムーズに住宅を手にいれることができますが、いくつかの注意点を頭の中に入れておきましょう。

まず最初に注意したいのは必ずしもつなぎ融資がすべての金融機関にあるとは限らない、ということです。多くは住宅ローンとセットでつなぎ融資の利用が可能となっているのですが、これを認めていないところもあるので事前に相談して確認を取っておきましょう。もちろん自己資金に余裕があればつなぎ融資はいらないため、手続きが不要になりますし、選べる住宅ローンの幅も広がるためより有利なローンを選択できる場合もあります。

つぎに注意したいのがつなぎ融資にも金利が発生するということです。通常の住宅ローンの金利と同じものが発生するケースがほとんど。例えば、1000万円のつなぎ融資を金利2.07%で半年間借入したとすると、10万3500円分の利息が発生してしまいます。さらに様々な手数料もかかってくるためトータルでの支払いは思っている以上になると覚悟しておきましょう。

かなり余裕を持った資金計画を立てておかないと大変なことになることも。利息など諸費用を合わせて20万円以上かかった、というケースも珍しくありません。つなぎ融資から住宅ローンまでのトータルでの返済期間を考えるとつなぎ融資期間中を短くできればその分だけ利息が浮くことになります。

できるだけつなぎ融資の期間を短くするためにも住宅ローンの申請は早めに終わらせておくこと、また住宅の登記をスムーズにするためにも施工業者との連携はしっかりと取ることが大切です。

-消費者金融のローンの種類

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.