消費者金融のローンの種類

携帯キャリア決済の現金化に手を出していけない

投稿日:

「携帯キャリア決済の現金化」という看板や広告を見かけることがあります。これは、それぞれの携帯電話会社が用意している決済サービスを使った現金化サービスになります。よく似た手口にクレジットカードの現金化がありますが、基本的には同じことです。

例えば、指定された新幹線の回数券などを携帯キャリアで決済して購入し、それを金券ショップなどに売って現金に換える、という方法になります。一見すると全く問題がなさそうに見えますが、驚くほどの手数料を取られてしまい、それでいて購入した分のお金は後々自分で支払わなくてはならないため損失があまりにも大きいと問題視されています。

例えば、1万円だけ融資して欲しいときに携帯キャリア決済の現金化サービスを行っている業者に申し込みしたとしましょう。すると携帯キャリアを使って新幹線の回数券を1万5000円分購入するように指示されます。言われた通りにチケットを購入してそのチケットを持っていくと1万円と交換してくれる、というわけです。つまり、5000円分も手数料が取られていることになります。

もちろん、翌月、あるいは翌々月に支払いとして携帯会社から1万5000円分の請求がきます。その場のお金のやりくりには良さそうですが、長期的に見れば明らかに損の方が大きいことは言うまでもありません。

もうひとつの手口が、業者側で用意している商品やサービスを購入するのに多額の支払いをして、その分のお金を指定した口座に振り込む、というパターンです。例えば何の価値もないCDやDVDを10万円で販売していて、携帯キャリア決済を使ってそれを購入。すると10万円から手数料が引かれた分だけ口座に振り込まれます。名目はキャッシュバックであることが多いです。

手数料は業者によってピンキリですが、多くは2万円から3万円程度の手数料が取られるため実質7万から8万程度しか振込してもらえません。

どんな人が携帯キャリア決済の現金化を使う?

わざわざ携帯キャリア決済の現金化を使わなくても消費者金融などからお金を借入すれば良いのでは?と思うかもしれませんが、すでに多額の借入があってこれ以上融資してもらえない方や、過去の実績が問題となって審査に通らず、借入ができない状態になっている方たちもいます。また、わざわざ消費者金融に申し込みをするのが面倒だからその場ですぐにお金がもらえる携帯キャリア決済の現金化を活用する、というケースも少なくありません。

もちろんクレジットカードの現金化と同じように携帯キャリア決済の現金化もまた規約違反となります。多くの方は「当たり前のように広告が出ているのだから悪いことではないでしょう?」と勘違いしているようですが、それが発覚した時には所持している携帯電話の契約が切られてしまったり、場合によっては今後一切その携帯会社が使えなくなってしまう可能性もあります。

ペナルティーが大きいことを考えてもやはり手を出すべきではありません。実際に消費者庁から「携帯キャリア決済の現金化に注意」という警告も出ています。

-消費者金融のローンの種類

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.