消費者金融のローンの種類

法人ローンで経営者が避けて通れない資金の問題を解決しよう

投稿日:

経営者が事業を運営していく中で資金に関するトラブルは避けては通れないものです。予定外の出費に対応しなくてはならなかったり、つなぎ資金を確保せざるをえなかったりと色々なケースが考えられます。経営者にとってこの事業資金に関する問題をいかに解決できるかが勝負です。

事業用の機材が故障したり、本来なら手に入るはずだったお金が相手の都合で振り込まれなかったり、新たな事業を立ち上げる上で必要となる機材・材料・人件費の捻出が不足する・・・などは定番とも言える事業資金の悩みです。もし仮にいま上手くいっていても、今後どのようなことがあるか分かりません。そのためお金に関しては上手くいっているときにも対策方法を考えておくべきです。

銀行や公庫を使う

多くの方は事業資金を調達するために銀行や公庫からの融資を期待すると思います。もちろん、これらから借りることができるのなら問題ありません。しかし申し込み手続きが複雑だったり、決済書類や確定申告などの提出書類を揃えなくてはならなかったりと、どうしても時間がかかってしまう部分が目立ちます。多くの事業者は「今すぐお金が必要!」という場面に迫られているので実際に融資されるまで2週間~1ヶ月も待たされては困るわけです。普段からつき合いがあれば柔軟に対応してもらえる場合もあるかもしれませんが、小規模企業の経営者、自営業者、新規事業主にとってはハードルが高いのが実情です。

法人ローンを視野にいれる

このような場面で非常に有効となるのが「法人ローン」です。法人ローンは銀行なども取り扱っていますが、よりスピーディーに融資してもらいたい場合はノンバンクの法人ローンを選択することになります。

例えば、無担保・無保証で融資を受けられたり、通常なら1週間程度の時間が必要なところを即日融資・翌日融資に対応したりと柔軟な対応が取れることが最大のメリットだといえます。また条件によってはスピードと低金利を兼ね合わせた法人ローンも充実しているためニーズに合わせた選択ができるようになったのは喜ばしいことだと言えるでしょう。

またそこまで大きな金額でなくても良いのでできるだけ早く資金を融資してくれるところを探している、という場合は消費者金融の個人向けカードローンなどで急場を凌ぐ、という方法もあります。

実際に多くの事業者はこれらの法人ローンと上手く付き合うことによって資金調達を行っています。誰もが必ずしも銀行や公庫から融資を受けられるわけではない現状で、比較的ハードルが低く、事業を正しく評価・判断した上で適切な融資を行っている法人ローンと上手につき合っていきたいものです。

優良法人ローンを見極める

事業者や自営業者にとって法人ローンはとてもありがたい存在だといえます。お金に関するやりとりを行うわけですので優良な業者を選ぶことが大切。

見極めるポイントにはいくつかありますが、最低限確認しておきたいのは「利息が高すぎないか」「審査をきちんとしているのか」「過剰な融資を勧めないか」の3点です。

利息に関しては貸金業法によって上限が決められているため、きちんとした業者ならその範囲内で金利を設定しています。もちろんできるだけ利息が小さくまとまるところを選んでいきたいもの。

審査や過剰な融資についてですが、手放しで融資してくれるところはありがたく感じられるかもしれません。しかし結果として過剰な借入につながりかねないため注意が必要です。

-消費者金融のローンの種類

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.