消費者金融のローンの種類

事業の資金問題に心強いビジネスローン活用術

投稿日:

事業の経営をしていると突然運転資金が足りなくなってしまったり、売掛金の入金が相手の都合で遅れてしまったり、と様々な資金に関するトラブルが起こりがちです。そんな時に銀行や公庫からの融資を待っていては間に合わないこともありますし、そもそもそう簡単に審査に通るものではありません。とはいえ運転資金の急な不足は事業にとって避けられないことだとも言えます。そのときに検討したいのがビジネスローンです。ここではビジネスローンの活用術を紹介していきます。

ビジネスローンを視野にいれるタイミング

ビジネスローンは次のような状況に陥った時に心強い存在です。

  • 手形や不動産は担保にかけたくない
  • 事業を拡大させるためにまとまった金額の資金を集めたい
  • 入金の予定が遅れたためにつなぎ資金が必要になった
  • 銀行や公庫に融資をお願いしたいけれど必要な書類がなかなか揃わない
  • 急に資金が必要になったので銀行では時間が掛かりすぎる

資金調達を急いでしなくてはならないのに、銀行や公庫から融資を受けようと思っても審査に2週間から1ヶ月程度かかってしまいます。また必要な書類をそろえるのもなかなか大変で、特に決済書のチェックはハードルが高いです。もしも事業を立ち上げてから赤字が続いていたり、そもそも事業を立ち上げたばかりで実績がない場合は審査を通すのはかなり厳しいと言わざるを得ません。

事業における資金調達と言えばこれらの金融機関を頼るのが一般的なイメージですが、自分たちにぴったりのビジネスローンを選ぶことによってうまく資金調達ができるケースもあります。ビジネスローンの中には手形や不動産といった担保がなくても利用できるものもありますし、銀行などと比べると提出書類の数も随分少ないです。また審査に必要な時間もぐっと短くなっているので急な資金調達にも対応しやすいのが最大の魅力だと言えるでしょう。



  銀行・公庫 ビジネスローン
融資金額 決済書や事業計画によるが多額にも対応 決済書や事業計画によるが銀行と比べると低め
金利 低め 高め
返済期間 最長で10年程度 最長で10年程度
審査基準 必要書類が多く内容も厳しい 必要書類が少なく審査を受けやすい
融資スピード 審査に2週間から1ヶ月ほどかかる 即日融資に対応しているところもある


ビジネスローンなら総量規制対象外

銀行以外から受けるビジネスローンの場合、総量規制が絡んでくるのではないかと心配になっている方もいるでしょう。総量規制というのは年収の3分の1までしか借入できない、という貸金業法です。事業を営んでいると赤字になることもあります。そうなると実質年収がないわけですので借入できないことになります。

しかし、総量規制には例外規定というものが設けられていて、事業資金目的であれば総量規制の対象外になるんです。つまり、銀行以外のビジネスローンでも事業者のためのローンであれば総量規制を気にすることなく融資が受けられる、ということになります。

ビジネスローンの選び方

ビジネスローンの選び方で注意したいのは次のようなポイントとなります。

金利

銀行などと比べるとどうしても高く感じられる金利。返済が長引くほど利息が大きくなるので最低必要限の金額を意識することで多少金利が高くても利息自体は少なくおさえられます。

限度額

資金調達目的であればある程度まとまった金額が必要になることもあるでしょう。そのためそれぞれのビジネスローンで用意されている限度額は必ず確認しておきたいところ。

保証人や担保

ビジネスローンでは代表者が連帯保証人になる必要があったり、不動産担保が必要になるものもあります。必ず保証人や担保に関する規約に目を通しましょう。

融資までの時間

多くのビジネスローンはスピーディーな融資に対応しています。中には即日融資や翌日融資も行っています。

借入期間

多額の資金を融資してもらうためすぐに返済できるメドが立たないこともあるでしょう。そのため返済が長引きそうな時は借入期間ができるだけ長いところを選んだほうが無難です。

-消費者金融のローンの種類

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.