消費者金融のローンの種類

多額な結婚式費用にはブライダルローンがおすすめ

投稿日:

結婚式や披露宴、新婚旅行など結婚に関する費用は高額になりがちです。さらに、これらは同じ時期に行うため支払いが集中してしまうのも厳しいところ。そのためある程度資金を貯めてから行うことになるのですが、できるだけ早めに結婚式、披露宴などを行いたい方もいるでしょう。そんな時に利用したいのがブライダルローンです。ここではブライダルローンに関する情報を紹介していきます。

結婚式にかかる平均費用は300万円以上!?

結婚式を挙げたり、披露宴を開催することでかかる平均的な費用は300万円から350万円程度だと言われています。最近では低予算での結婚式が主流となりつつありますが、ほとんどの方は「一生に一度のイベント」ということで豪華な挙式を希望しています。またこれらの費用だけでなく新婚旅行や新居、家具家電などの購入費用のことも考えると高額出費が立て続けになってしまいます。手持ちの現金が少なくなるとせっかくの新婚生活も不安になってしまいますよね。

このようなときにブライダルローンを上手に活用することで出費の集中を分散させて手持ちのお金をある程度維持させつつ返済できるようになります。

ブライダルローンの種類

ブライダルローンは大きく分けると連携型、振込型、貸付型の3つに分類されます。

連携型

連携型は結婚式会場が仲介してくれる利用者が最も多いブライダルローンです。式場側を申し込み先にして、面倒な手続きなども引き受けてくれます。費用に関しては直接結婚式会場に支払われるパターンと指定した口座に振り込まれるパターンの両方があります。あとは何回かに分けて返済していく、という流れです。

直接振込型

結婚式会場や旅行会社、不動産会社などに直接振り込まれます。結婚式目的なら式場に、新婚旅行目的なら旅行会社に、新居への費用が目的なら不動産会社に振り込まれる、というイメージ。用途がはっきりとしています。

貸付型

一般的なキャッシングやローンと同じように使えます。指定した自分の口座に直接お金が振り込まれるので「結婚式だけでなく新居のための費用にも使いたい」という場面で融通が利くのがポイントです。ただし、用途が細かく決まっている場合もあります。

何に使えるのか要チェック

このようにブライダルローンにも色々な種類があるのですが、同じ種類だとしても何に使えるのかが明確に決められているものと、比較的自由に使えるものとに分かれています。そのため、どのブライダルローンが何に使えるのかに関しては申し込みする前に必ず確認しておくべきです。

結婚式の費用目的ならほぼすべてのブライダルローンを問題なく利用できますが、新婚旅行など支払いの目的が幅広くなりがちなものに関しては利用制限がかかる場合があります。例えば、新郎新婦2人分の費用だけ借入できる、飛行機や新幹線のチケット代だけ借入できるといったケースが考えられます。特に海外で挙式しようと思っている方はどこまでが借入できる範囲なのかを入念にチェックしておきましょう。

返済は計画的に

多くのブライダルローンは多額の借入が可能ですが、計画的な返済をしないと新婚生活早々借金に追われることになってしまいます。そうならないためにも、やはりある程度の自己資金は確保しておくべきですし、どうやって返済していくのか入念なシミュレーションが大切となってきます。

多くの方は出席者からのご祝儀を返済に充てています。ほとんどの結婚式会場は支払いが当日までとなっているため、一旦ブライダルローンで支払ってからローンをご祝儀と自己資金で一括返済する、というのが最も金利のかからないベストな方法でしょう。

結婚式や披露宴の計画を立てるだけでも大変かもしれませんが、ブライダルローンについてもあわせて考えていきましょう。一生に一度の大きなイベントだからこそ悔いの残らない思い出に残るものを目指していきたいものです。

-消費者金融のローンの種類

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.