消費者金融のローンの種類

自動車担保ローンとはどのようなローン?

投稿日:

ローンの種類も様々なものがありますが、時折見かけることのある「自動車担保ローン」とはどのようなものなのでしょうか。広告や看板などを見かける機会も多く、それでいてぱっと見ただけでは何のことが分かりづらい部分もあります。

自動車担保ローンは車を手放すことなく、所有している自動車を担保として業者に査定してもらって現金を融資してもらう、というローンです。要は自動車を担保としていれる代わりにお金を貸してくれる、というサービス。

自動車担保ローンにはいくつかのパターンがあります。まずひとつは車を担保にして査定を行い、その金額に応じて融資をするパターンです。そしてもうひとつが1度業者が担保に出した自動車を買い取ってその分のお金を融資し、自動車に関してはリース料などの名目で支払う、というパターン。いずれにしても自動車は手元に残るため「車がないと生活や仕事に支障が出る」という方にとっては使い勝手の良いローンに感じられるでしょう。

どんな人におすすめ?

自動車担保ローンは次のような人たちにおすすめです。

  • 自動車を手放したくないけれど融資を受けたい
  • 車を担保にしてローンを組みたい

消費者金融からローンを組む場合は保証人や担保は必要ありません。しかしその分審査の内容が厳しくなっているため返済能力に不安があったり、すでに借金を抱えている場合はなかなか審査が通りません。しかし自動車担保ローンなら「自動車」という担保が存在しているわけですので審査の内容が比較的軽くなっていることが多いです。

しかしもしも返済が滞ってしまうと担保に入れている自動車を売却して支払わなくてはならないため、きちんと返済計画を立てられる状況でなければ利用するべきではないでしょう。

自動車担保ローンの問題点

自動車を担保に入れてローンを受けるのはもちろん合法です。何の問題もありませんが、これを使った詐欺・悪徳業者が多いことに注意しておかなくてはなりません。ローンを受ける場合貸金業法に基づいて上限金利が定められています。これを越えてしまうと債権者(お金を貸す側)は刑事罰に問われることになります。

ですので、ほとんどの自動車担保ローンはきちんと上限金利を守っているのですが、ぎりぎりいっぱいの金利に設定していることも多いです。また問題となっているのが融資金額の査定です。買取業者などに依頼すれば100万円はするような自動車にもかかわらず、10万円程度しか融資してもらえない、と言ったトラブルも多いです。

これらの他にも多額の手数料が請求されるケースや、少し返済が遅れただけで即座に車が売却されてしまった、といったケースもあります。

車を担保にローンを組むこと自体は違法ではありませんが、詐欺・悪徳業者を利用してしまうととんでもない金額の手数料やリース料がかかってきたり、すぐに車を売られてしまったり、といったことがあるので注意が必要です。名前の知れている業者などは基本的に安心しても良いですが、全く耳慣れない自動車担保ローン業者は注意しておきましょう。

車に乗ったままお金を借りられる?自動車担保ローンの実態

お金に困っているけれどなかなか消費者金融の審査に通らない、という方にとって利用しやすいのが自動車担保ローンです。こちらは自動車を担保にすることで融資が受けられる、という仕組みになっており、担保があるので審査が比較的通りやすくなっています。

自動車担保ローンには2つのプランがあります。ひとつは自動車を業者に預けるタイプと、もうひとつは車に乗ったままお金を借りれるタイプになります。いずれも審査はあるものの一般的な消費者金融と比べると内容はかなり簡単なものになっていて、収入や職業などはそこまで強く反映されません。またすでに他の消費者金融などから融資を受けていても関係なく融資してもらえることが多いようです。

「車に乗ったままお金を借りられる」というのはドライブスルーのように利用できる、という意味ではありません。今持っている自動車を使える状態で担保としてお金を借りることができる、という意味です。基本的に自動車を所有している方なら誰でも利用できるものだと言って良いでしょう。

利用前に相場をチェック

車に乗ったままお金を借りられる自動車担保ローンは担保に入れた自動車の相場に応じて借入金額が変動します。人気の高い車種だったり、価値の高い車ならその分だけ融資金額を大きくすることができますが、古いものだったり、あまり人気のないものだと融資金額が小さくなってしまうこともあります。とはいえ、なかなか自分ではこれらの点はチェックしづらいものです。

そのため、最近人気を集めているネットでの一括審査などを使って自動車の相場をチェックしておくことをおすすめします。そうすることでマイカーの価値を把握し、適切な融資が受けられるかの目安になるからです。

車に乗ったままお金を借りられる自動車担保ローンの場合、車を預けるタイプの自動車担保ローンと比べると借入金額が低く設定される場合が多いのでこの点も覚えておくと良いでしょう。

自動車担保ローンのメリットとデメリット

車に乗ったままお金を借りられる自動車担保ローンですが、メリットとデメリットがハッキリとしています。

メリット

最大のメリットは職業や収入などが問われないことです。一般的な消費者金融などから借入しようと思ったらこれらは必ず審査項目としてチェックされるのですが、自動車という担保が存在しているため審査内容は比較的緩くなっています。また、総量規制の対象外となっているため年収の3分の1以上の借入も可能です。金利については消費者金融とほとんど同じくらいに設定されていることが多いです。

デメリット

デメリットとして挙げられるのが詐欺・悪徳業者が多いということ。必ずしも全ての業者が悪徳とは限りませんが、少なからず被害を受けている人がいます。もし可能なら自動車を買取業者に売却して手に入ったお金でやりくりした方が安全だと言えるでしょう。

もしも一度でも返済が遅れてしまうとすぐに車を売却されてしまう可能性もあります。基本的に自動車担保ローンを利用している時は所有権が業者に移るのでこれを阻止するのは難しいです。ですので、短期間での返済プランを立てること、計画的に返済できるようにシミュレーションをきちんと行っておくことが大切です。

-消費者金融のローンの種類

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.