消費者金融のローンの種類

自動融資を使って口座振替をもっと便利に!

投稿日:

電気代やガス代、水道代、携帯電話代など様々な公共料金は基本的に引き落としによって清算します。また多くの方が利用しているクレジットカードについても月々の支払いは指定した口座から引き落としという形を取っていますよね。もちろん十分なお金が口座に入っていれば全く問題のないことですが、口座残高が不足していた場合は支払いが滞ってしまうこととなり、その結果延滞金が発生してしまったり、信用問題に傷がついてしまうこともあります。特にクレジットカードの延滞は信用履歴が残ってしまうため慎重にならざるを得ません。そこで便利なサービスが「自動融資」です。

自動融資は口座残高が不足しているときに自動的に不足した分をローンとして借入・口座への振替を行ってくれるという非常に便利なサービスです。

例えば、預金口座の残高が1000円しかないにもかかわらず、5000円分の引き落としが発生したとします。すると4000円分不足してしまうことになります。もしも自動融資を利用していればこの足りていない4000円分をローンとして自動的に借入することができ、きちんと引き落としができるようになるというわけです。

自動融資の対象とならない引き落としも存在しているので必ず事前に確認しておくようにしましょう。例えば、競馬やオートレースといったギャンブル関係のものは基本的に自動融資の対象とならないことがほとんどのようです。

利息が発生するので注意

このように自動融資はお金に困っているときやたまたま口座に入金し忘れていたときなどに対応できるため非常に便利なサービスだといえます。しかし、あくまでもローンの一種ですので、利息が発生する点は覚えておく必要があります。もちろん自動融資を利用してすぐに返済することができればほとんど利息は発生しませんが、自動融資に依存しすぎてしまうとより多くの利息を支払うことになり、結果的に返済が厳しくなってしまうというケースもあります。

もしも自動融資機能をつける場合は、口座の預金状況や返済口座の管理は随時チェックしておく必要があります。できるなら自動融資が発動しない状態を維持し続けることが大切です。あくまでも万が一に備えてサービスを利用しておく、くらいの気持ちでいましょう。

自動融資はどこから提供されている?

自動融資サービスを利用する場合は銀行に申し込みすることになります。ですので口座を持っている銀行が自動融資に対応しているかを確認するのが最優先されます。もしも自動融資に対応しているのなら簡単な手続きで申し込みができます。自動融資はカードローンの機能のひとつとして扱われているため、すでにカードローンを持っていればさらに短い時間で利用できるようになります。

もちろんすべての銀行が自動融資を用意しているわけではありません。自動融資が使える銀行を探して新しく口座を作り直す必要が出てくることも。最近ではネットバンキングに対応している銀行も増えており、自動融資の申し込みや利用状況などもネット上で簡単にチェックすることができるようになっています。分からないことがあったら担当者に電話をして質問してみるのが良いでしょう。

-消費者金融のローンの種類

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.