消費者金融のローンの種類

オートローンの賢い選択と活用方法

投稿日:

新車、中古車問わず自動車を購入するためにローンを利用する方は多いです。自動車を購入することを目的としたローンのことを「オートローン」と言います。他にも自動車ローンやマイカーローンと言った呼び方もありますが基本的には同じ内容となっています。以前までであればオートローン=ディーラーローンのイメージが強かったのですが、様々なところがオートローンを提供しており、選択肢の幅が広がったことが多くの方から認識するようになってきました。例えば金利の違いや借入金額の違い、さらには自動車免許の取得、個人間売買、修理代といったものに対応するオートローンも登場しています。

自動車を購入する際に一括で支払うのが難しく、月々で返済していくことができるオートローンは便利なサービスであることに間違いはありません。しかし、毎月の支払い、ボーナス加算返済での負担が大きくなってしまうとせっかくの愛車が気に入らなくなった、憎い対象になってしまった、という話もよく耳にします。そうならないためにもオートローンは利用する前にしっかりと検討しておくべきでしょう。

オートローンの借入条件

オートローンは借金をするわけですので必ず条件を満たして審査をパスしなくてはなりません。一般的によく用いられているオートローンの借入条件には次のようなものが挙げられます。

  • 20歳以上で安定した収入
  • オートローン完済時70歳以下であること
  • オートローン以外のカードローンやキャッシングなどからの借り入れ総額が年収の50%以内に収まること
  • 年間返済額が年収の40%以内に収まること

などが代表的なオートローンの借入条件・基準となっています。当然業者によって基準はまちまちなのですが、これらの基準は借入条件として見るだけでなく、無理のないオートローンを組むための目安としても有効です。もしもこれらの条件より厳しい、にもかかわらずオートローンを組んでしまうと返済に追われる厳しい生活、いわゆる「車貧乏」になってしまうことも。

総支払い額をチェックしよう

オートローンだけに限った話ではありませんが、ローンやキャッシングなどを利用する時は金利が注目されがちです。確かに重要なポイントであることに間違いはありませんが、むしろ重要なのは「総支払い額」だということを意識しましょう。

例えば金利は低いけれど返済期間が長いため結局利息が高くついた、という場合も十分考えられます。逆に金利は高めだけれど返済期間が短いので利息は思ったよりもつかなかった、というケースもありうるわけです。ですので、オートローンを選ぶときには低金利に飛びつくのではなく、総支払い額をきちんと計算した上で選んでいくのが賢い方法だといえます。

オートローンはどこを選ぶ?

オートローンの選択肢として一般的なのがディーラーローンと金融機関のオートローンの2つ。ディーラーローンの場合は金利が多少高くつくこともありますが車両本体の値引き、オプションサービスなどがつく場合もあります。また充実したアフターサポートや自動車保険の値引きなどが適用されることも。さらに手続きの手間が少ないというのも大きな魅力です。

一方の銀行や信金などのオートローンは金利が最大の強みとなります。3%~4%前後の低い金利でローンを組むことができるので利息を小さくまとめやすいのが特徴。また期間限定キャンペーンなどを有効活用することでさらに金利が下がることもあります。しかし手続きが複雑だったり、審査に通りづらかったり、保証料が別途必要になることもあります。



  ディーラー 銀行・信金
金利 高め 低め
審査 緩め(中にはほぼ無条件で組めるところも) 厳しめ
メリット オプションがついたり、自動車保険の割引が適応されることもある 金利の低さ。期間限定キャンペーンなどでさらにお得になることも
デメリット 金利が高い 審査が厳しく手続きも大変


-消費者金融のローンの種類

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.