金利のタイプとその意味

消費者金融の固定金利型と変動金利型の違いを解説!

投稿日:2018年6月6日 更新日:

固定金利と変動金利の違い

消費者金融からお金を借りる際に「固定金利」と「変動金利」の2つを選べる場合があります。

固定金利と変動金利の違いが分からない

どっちを選んだ方がお得になる?

と気になっている方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、消費者金融の固定金利と変動金利の違いやそれぞれのメリット・デメリットなどを紹介します。

この記事を読むことで、固定金利と変動金利のどちらを選ぶべきなのかが分かるようになるのでぜひ参考にしてください。

消費者金融の固定金利型と変動金利型の違いとは

消費者金融の固定金利と変動金利は「金利タイプ」の違いとなります。

返済中は金利に則って利息が発生するため、自身にとってよりお得になりやすい金利タイプを選ぶ必要が出てくるでしょう。

各金利タイプの特徴をまとめると次の2つになります。

  • 固定金利は金利が一定
  • 変動金利は金利が変わる

それでは詳しい内容をみていきましょう。

固定金利は金利が一定

名前の通り、固定金利は契約時の金利が一定のまま返済し続けるタイプになります。

消費者金融のほとんどは固定金利を採用しているため、身近な金利タイプといえるでしょう。

固定金利を採用することが多いローンの一例として次の3つが挙げられます。

  • 消費者金融
  • クレジットカードのキャッシング
  • ブライダルローン

契約時の金利のまま返済し続けられるため、市場・相場が荒れたときなど、金利が変動するような事態に陥っても、契約時の金利のまま返済し続けられるのが大きな強みとなります。

固定金利のメリットとデメリット

固定金利のメリットは「金利が上がらない・下がらないこと」です。

変動金利だと、市場の影響で金利が上がる可能性があるため、契約期間中に利息が増えてしまう可能性もあります。

しかし固定金利なら、どのような状況に陥ったとしても金利が変動することはないため、一定で分かりやすく、計画的な返済を行いやすいのがメリットです。

ただし、変動金利と比べて金利が高めに設定されている傾向が強いのがデメリットとして挙げられます。

変動金利は金利が変わる

変動金利は契約中に金利が上下する可能性のある金利タイプになります。

銀行が取り扱っていることが多く、一例として次の3つが挙げられます。

  • 住宅ローン
  • マイカーローン
  • 教育ローン

金利は半年ごとに見直すのが一般的で、その時々の市場・相場に合わせて連動する仕組みです。

金利の相場が上昇すれば、それに伴って金利がアップする可能性もありますが、金利の相場が下がれば、同時に金利が下がるチャンスもあります。

変動金利のメリットとデメリット

変動金利の最大のメリットは、固定金利よりも低めの金利が設定されていることが多い点にあります。

固定金利と比べて、金利変動のリスクがあるため、低めの金利を設定しているケースがほとんどです。

金利変動がなければ、低金利のまま利用し続けられるため、返済の負担が軽くなるでしょう。

しかし一方で、金融情勢が悪くなるなど、金利の相場が上昇してしまえば、契約途中でも金利が高くなる可能性があります。

目次に戻る

固定金利と変動金利どちらがいいのか?

「固定金利と変動金利のどちらを選ぶべきなのか」に悩んでいる人は、それぞれのメリットとデメリットを比較し、自身に合っているものを選択するのが良いでしょう。

各金利のメリット・デメリットをまとめると次の表のようになります。

メリット デメリット
固定金利 ・利息支払い額が固定されるので計画的な返済ができる
・金利が上昇すると利息がお得

変動金利と比較すると最初の金利が高め
変動金利 金利が下降しているときには有利 返済額や返済総額が固定しない
固定金利選択型 固定金利と変動金利のいい所を両方持つ 固定金利が終了した時にその時の市場金利とベースにした金利になるので思わぬ利息負担増も

これを踏まえた上で、ケース別でおすすめする金利タイプをみていきましょう。

毎月返済額を一定にしたい方は固定金利型を選択

「毎月の返済額を一定にし、計画的に返済し続けたい!」という方は固定金利タイプを選ぶのがおすすめです。

毎月の支払い額にほとんど変化がないので、返済の見通しを立てやすいのが大きな理由となります。

また不景気に強いのも固定金利型の魅力。

先行き不透明な将来に不安要素を残したくない方も固定金利を選ぶのが良いでしょう。

金利が低いタイプで選びたい方は変動金利

「できるだけ低金利の方がいい!」という方は変動金利型を選びましょう。

固定金利と比べて低金利で契約できることが多いので、金融情勢に変化がなければ、低金利のまま返済し続けられます。

ただし景気が良くなれば金利が上がり、悪くなると金利が下がる、という特徴があるため、将来的に契約時以上の金利が適用される可能性は考慮しておく必要があります。

まとめ

今回は消費者金融の固定金利と変動金利の違いや選び方などを紹介しました。

最後にもう一度、各金利の違いをおさらいすると

  • 固定金利は契約時の金利のまま返済し続ける
  • 変動金利はその時々の金融情勢に合わせて金利が上下する
  • 変動金利の方が低金利で提供されることが多いが、金利が上昇するリスクがある

の3つが挙げられます。

どっちの金利を選んだらいいんだろう?

自分に合っている金利を知りたい

そんな方は、この記事を参考に、あなたにぴったりの金利タイプを選んでくださいね。

-金利のタイプとその意味

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2019 All Rights Reserved.