返済の無視はNG!誠意を持って対応することが何よりも重要

消費者金融で借り入れをした以上、借りたお金は返済するのがルールです。ところが返済を無視するとどうなるでしょうか?結論からいうと徐々に取り立てが厳しくなって、最終的には差押えの可能性も出てくるので注意が必要です。

 

返済期日までに入金が確認されないと、まずは催促の電話が入ります。返済期日から1〜3日程度経過したところでしょうか。この時の電話は事務的で丁寧な対応です。ただ単にうっかり返済を忘れていたという可能性も考えられるからです。当人と接触できないのであれば、会社や家族を使うケースもあります。

 

本人に直接はもちろんのこと、家族や会社を使ってもコンタクト取れなかった場合には、督促状を自宅に送付します。「返済が確認できないようなので、早く返済してください」という催促の手紙バージョンです。この督促状を無視すると、自宅に取り立てに訪れる可能性が高くなります。

 

ただし取立てといっても、ドラマや映画で見られるような暴力的な取り立てをすることはありません。貸金業法でも暴力行為は禁止されているからです。自宅を訪問して、返済を促す程度のことになります。

 

ブラックリストに登録

返済の期日から2〜3か月経過しても、返済がない場合には悪質滞納者と認定されます。この場合、個人信用情報機関に事故情報として報告されます。これがいわゆるブラックリストに載った状態になります。

 

ブラックリストに載ってしまうと、一般的なローンはもちろんのこと、クレジットカードをしばらく作れません。通常個人信用情報機関に事故情報は、7年間は登録されます。つまり向こう7年間はローンを組むこともクレジットカードを作ることもできなくなると思ってください。

 

またブラックリストに載るような状況になると、消費者金融の対応もかなり厳しくなると思ってください。通常一定の金額を返済すればいいのが消費者金融です。しかしいくら催促をしても返済を無視し続けるような悪質滞納者には、一括による返済を要求してきます。

 

差し押さえの手続きに

一括返済を要求するといっても、月々の返済がままならないのに余計に無理ではないかと思う人もいるはずです。正直一括返済請求をしている消費者金融自体も、要求に応じてくるとは思っていないです。最終手段である法的手段に移行するための最終ステップとして行うという意味合いが強いです。

 

言い換えると「私たちでできることは全部しましたが、それでも返済がなされないのでこれ以降は法的に回収しますよ」という道筋をつけるために行っているのです。そして法的な最終手段である、差し押さえで強制的に回収するわけです。

 

裁判所に訴え出て行うので、法的に認められた強制回収です。こうなってしまうと、滞納者は逆らえなくなります。

 

このような状況になる前に、自ら消費者金融とコンタクトをとるべきです。返済できないことを伝えても、事務的に対応してくれるのであまり恐れる必要はありません。

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る