融資条件で比較

消費者金融の即日融資はどこがおすすめ?即日融資を徹底比較!

投稿日:2018年6月4日 更新日:

消費者金融の即日融資を徹底比較

消費者金融の魅力といえば、即日融資が利用できる点が挙げられます。

申し込んだその日のうちにお金を借りられるのは、急な出費に対応しなくてはならないときに、なんとも心強いものです。

とはいえ即日融資に対応する消費者金融はいくつもあり、一体どれを選べば良いのか迷いますよね。

即日融資ができる消費者金融ってどこがあるの?

どの消費者金融を選ぶのがおすすめ?

と気になる方もいらっしゃるでしょう。

そこで当記事は即日融資対応の消費者金融、それぞれの特徴、即日融資に関する疑問などを解説していきます。

この記事を読めば、あなたに合う即日融資の消費者金融を選ぶことができ、すぐにお金を借りられるようになるでしょう。

即日融資が可能な4つの消費者金融

現在即日融資に対応する、大手の消費者金融は次の4社が挙げられます。

  • プロミス
  • アコム
  • アイフル
  • SMBCモビット

即日融資を利用するには、自動契約機または店舗窓口にてカードを受け取る必要があるため注意が必要です。

各消費者金融の営業時間を表にまとめると次のようになります。

消費者金融 自動契約機(終日) 店舗窓口
プロミス 9:00~22:00 平日 10:00~18:00
アコム 8:00~22:00 平日 9:30~18:00
アイフル 8:00~22:00 平日 10:00~18:00
SMBCモビット 8:00~21:00 有人店舗なし

ただし自動契約機で即日融資を受ける場合は、営業時間終了の1時間前までに申し込み・審査を行わなければ、当日中に審査結果が出ない可能性があるので注意を。

そうなると、翌営業日移行の反映となってしまい、即日融資を受けられないことになってしまいます。

次は消費者金融ごとの詳細をみていきましょう。

プロミスの即日融資

プロミスはwebからの申し込みで、最短1時間融資が可能です。

他消費者金融とは異なり、金利が4.5~17.8%と、上限金利が少しだけ低めに設定されています。

web申込み後、プロミス自動契約機または三井住友銀行のローン契約機(ACM)でカードを発行することができ、土日祝日でも即日融資が受けられるのが魅力です。

また、web完結申し込みなら、郵送物なしのカードレスキャッシングが利用できるのも特徴のひとつ。

カードレスを利用する際は、次の2つの方法で借入できます。

  • 口座振込
  • アプリローン(セブン銀行ATMのみ)

またプロミスならではの「瞬フリ」は最短10秒、24時間365日いつでも利用できる便利なサービスです。

瞬フリを利用するには次の5つの口座を振込先にする必要があります。

  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行
  • MUFG三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • みずほ銀行(月~金の9:00~14:50)

振込キャッシングを希望する方や、少しでも低金利で借入したい方はプロミスがオススメです。

アコムの即日融資

アコムは全国各地に多数の自動契約機(むじんくん)を設置しているため、即日融資を受けやすい消費者金融と言えます。

利息は3.0~18.0%とごく標準的。

webでの申し込みに対応していて、審査通過後は自動契約機でカードを発行することで、あとはいつでも借入できます。

自社ATMであるアコムATMは土日祝日問わず24時間いつでも利用できるので、カードを発行すればあとはいつでもお金を借りられるのが魅力的です。

アコムは振込キャッシングに対応していますが、基本的に月~金の14:30まで(ゆうちょ銀行は14:00)に振込手続きを行わなくてはなりません。

しかし対象口座が楽天銀行の場合、土日祝日問わず、24時間いつでも、1分程度で振り込みが反映されてスピーディーです。

もちろん振込手数料は無料。

身近にアコムATMやむじんくんがある方、楽天銀行口座を持っている方にピッタリといえるでしょう。

アイフルの即日融資

アイフルは最短30分審査、1時間融資に対応するスピーディーな消費者金融です。

利息は3.0~18.0%。

女性のための「女性専用申し込み(女性オペレーターが全て対応してくれる)」や、初めての人でも申し込みやすいよう「はじめて専用ダイヤル」を用意するなど、ユーザーにとって優しい配慮が評価されています。

アイフルで即日融資を受けるには次の3つの中から借入方法を選びましょう。

  • 振込
  • カードレス(アイフルスマホアプリ:セブン銀行ATMのみ)
  • アイフルATMまたは提携ATM

上記2点ならカードを持っていなくても即日融資が受けられます。

ただし振込キャッシングは原則月~金の14:30までに振込手続きを済ませる必要があるので注意してください。

申込当日中にカードを発行する際は、店頭窓口または無人契約でんわBOX「てまいらず」を利用しましょう。

初めてのカードローンで不安がいっぱい…といった人は、初心者に配慮深いアイフルを検討してみてはいかがでしょうか。

SMBCモビットの即日融資

SMBCモビットはweb完結申込に対応する消費者金融です。

web完結なら郵送物無し、在籍確認無しで契約することができるのが大きな特徴。

利息は3.0~18.0%。

ただしweb完結は次の3つのうち、いずれかの口座を持っていて、かつその口座をモビットからの振込貸付・口座振替返済に利用する必要があります。

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行

また従来の申込方法は本人確認書類の提出だけでOKですが、web完結は次の2つの書類も必要です。

  • 現在の収入を証明できる書類(源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書、給与明細書)
  • 勤め先を確認できる書類(健康保険証、給与明細書)

モビットはアプリローン(セブン銀行ATMのみ)にも対応しているため、カードレス利用にも対応。

即日融資を希望していて、カードを発行する手間が惜しい人にも嬉しい仕様となっています。

在籍確認を回避したい方や、webだけですべての申し込み・手続きを済ませたい方に最適ですね。

土日に即日融資を実現したい方はこちらのページを参考にしてください。

覚えておきたい!即日融資を土日に行う2つの方法を徹底解説

消費者金融の即日融資に関するQ&A

消費者金融の即日融資に関して、気になる点や疑問に思う点もあるでしょう。

そこでここからは、よくある質問をQ&A方式で紹介していきます。

Q.最近銀行で振り込み時間(モアタイム)が拡大しましたが、消費者金融の振り込み融資にも対応しているのでしょうか?

消費者金融のサイトで、銀行は平日の振り込みは15時00分まで、土日は振り込み融資不可と書いてあったので、気になりました。

わかる範囲でいいので、教えてください。

A.消費者金融が取り扱っている銀行かつ、その銀行が指定している時間内であれば振り込みが可能

基本的には、メンテナンスの時間を除いて、平日の午後でも、土日でも24時間振り込みが可能となっています。

その際、モアタイムシステム参加金融機関で自分の口座が対応しているか確認してください。

参考:モアタイムシステム参加金融機関pdf

銀行によっては完全に24時間振り込み可能ではないこともあるため、振り込み可能時間を調べてから利用するようにしましょう。

Q.即日融資ってどこの消費者金融でもやっているんですか?

消費者金融にもいろいろとあって、どこを選んだら良いのか迷います。

どこでも即日融資に対応しているわけではないのでしょうか?

A.限られた消費者金融のみ即日融資を行っています。

大手、中小含めて消費者金融はたくさんあります。

しかし即日融資に対応しているのは限られた消費者金融のみ。

そのため、どこを利用しようか迷っているのなら、本記事で紹介した4つの大手消費者金融の中から選ぶことを推奨します。

Q.銀行はやっていないのに、消費者金融はなぜ無利息サービスを行っているんですか?

銀行カードローンも選択肢として考えていたのですが、こちらは無利息サービスが無いように見えます。

消費者金融は無利息サービスを提供しているところがたくさんありますよね。

どうして無利息の有無が分かれているのでしょうか?

A.少しの金額でもお金を求めている人に利用してもらいたいという消費者金融の想いからきている。

無利息サービスはお金を貸す側からするとメリットが薄いサービスです。

無利息期間中は利息が発生しないため、会社としての利益が減ってしまいます。

それでも無利息サービスを提供しているのは「より多くの人に利用してほしい」という想いがあるから。

消費者金融は銀行のように、数百万円を超えるような多額な貸付を行うことは珍しく、基本的に数十万円単位の少額融資を行っています。

つまり、より多くのユーザーに利用してもらうことが前提のビジネスモデルです。

無利息サービスを提供することで、初めての人に、もっと手軽に利用してもらおう!という戦略とも言えます。

ユーザーは利息の負担が減り、消費者金融は多くの人が申し込みやすいチャンスを作れる。

無利息サービスはまさにwin-winなサービスなわけです。

まとめ

今回は即日融資対応の消費者金融とそれぞれの特徴を紹介しました。

ポイントをおさらいしましょう。

  • 大手消費者金融(アコム、アイフル、モビット、プロミス)が即日融資対応の代表格
  • カード受取のために無人契約機または店頭窓口での手続きが必要。営業時間までにゆとりをもって申し込むように心がける
  • web完結申込や振込キャッシング、アプリローンを活用することで即日融資を利用しやすくなる

以上3点が本記事の要点となります。

即日融資対応の消費者金融を知りたい!

どうやって申し込めば良いのかな?

といった人は、この記事を参考にして、急な出費に対応できる即日融資を手軽に活用してみてくださいね。

-融資条件で比較

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2019 All Rights Reserved.