融資条件で比較

無利息期間サービスを比較する

投稿日:

銀行でも消費者金融であっても、お金を借りれば必ず、どんなに少額であろうとも金利が発生します。

しかし大手の消費者金融業者の多くでは、一定期間であれば、金利が発生しないサービスを用意しています。つまり借りたお金を、借りた金額分だけ返済すれば良いのです。ただしこのサービスを利用できるのは、ほとんどの業者において、最初の1回の融資だけになります。

それであっても、上手に活用できればとてもお得なサービスであることに変わりありません。

また現在、新生銀行グループのノーローンでは、借入から1週間は、何回借りても無利息というシステムになっています。前月までの借入を全額返済していることが条件になりますが、これも上手に利用できれば、とても得するサービスです。なお各社の無利息サービスは、無利息期間が過ぎると、翌日を1日目とした利息が発生します。

サービス 実質年率 融資限度額 審査目安 おすすめポイント
プロミス 4.5%~17.8% 1~500万円 最短即日 30日間は無利息で融資可能だから1ヶ月以内に返済する予定の方にとっては一番お得
アイフル 4.5%~18.0% 1~500万円 最短即日 はじめたの方なら最大30日間は利息0円で借り入れできる!!知名度バツグンでお得なアイフル。
アコム 4.7%~18.0% 500万円 最短即日 初めて利用する方は30日間金利が無利息!!

計画的に無利息サービスを利用する

普段はあまりカードローンなどを利用しなくても大丈夫な人であっても、急に短期的に現金が必要になるのは、良くあることです。そのような時に、短期的に借入をするのに、無利息サービスを活用できれば一番良いと言えるでしょう。多くの消費者金融の無利息サービス期間は、1か月程度になっています。つまり次の給料日やボーナスで返すことができるといったケースならば、余計な金利を支払うことなく返済ができるのです。

そしてこの無利息サービスは、その期限内に必ず返済しなくてはならないというものではありません。もし無利息期間が過ぎてしまっても、通常決められている通りの金利が発生するだけになります。

消費者金融業者による無利息サービスの違い

銀行や消費者金融などのカードローンを利用する際に、一番気になることは、利息の支払いがどれくらいの金額になるのかということかもしれません。少し前までは、個人の少額の借入というと、29%前後の金利が発生することが常識でした。

しかし、現在はいわゆるグレーゾーン金利が撤廃されたために、同様の融資であっても10%代後半程度の金利となっています。しかしいくら金利が安くなったと言っても、できるだけ返済額は少なくしたいことに変わりはありません。

支払い利息を少なくするには、金利の低い業者から借りれば良いということになります。しかし金利ばかりを気にしていてもダメなケースも有ります。例えば10万円を1か月借りた時の金利の差が1%とすると、発生する金利の差額は90円弱になります。

この90円という差額は、もし金利の安い方の業者へのATMからの返済に手数料がかかるとすると、マイナスになってしまいます。つまり利用する消費者金融業者選びには、金利だけではなく、いろいろな視点からチェックする必要があります。

そしてそのチェックしたい点の1つが、一定期間の無利息サービスです。多くの消費者金融業者は、初回の借入に対して、一定期間の金利無利息サービスを用意していますが、その内容は結構違います。

たとえば新生銀行カードローン レイクでは、初回の借入に対して5万円までの180日間無利息と、借入全額の30日間無利息の2つから選ぶことができます。どちらを利用したほうが得になるのかも、ホームページ上で簡単にシミュレーションができるようになっているのは、良いサービスです。

またプロミスでは、はじめて借入をする人がプロミスへメールアドレス登録とWeb明細利用の登録に申込むことで、30日間の無利息サービスが適用されます。これは、簡単な手続きで誰でも加入することができるのでぜひ申し込むことをおすすめします。事実上、初めて借り入れしたすべての人が、無利息期間サービスを受けることが可能になるのです。

他にノーロンでは、1週間以内の借入であれば、何回借りても無利息のサービスを用意しています。この様に複数回の利用で無利息サービスが利用できる業者は、他にはほとんど見当たりません。

確実な返済の目処が立っているのなら、これらの無利息サービスを利用しない手はありません。またもし計画が狂って、無利息期間が過ぎてしまっても、通常の金利が付くだけなので、大げさに心配する必要もありません。

これらの無利息サービスを上手に活用しましょう。

計画的に無利息サービスを利用する

普段はあまりカードローンなどを利用しなくても大丈夫な人であっても、急に短期的に現金が必要になるのは、良くあることです。そのような時に、短期的に借入をするのに、無利息サービスを活用できれば一番良いと言えるでしょう。多くの消費者金融の無利息サービス期間は、1か月程度になっています。つまり次の給料日やボーナスで返すことができるといったケースならば、余計な金利を支払うことなく返済ができるのです。

そしてこの無利息サービスは、その期限内に必ず返済しなくてはならないというものではありません。もし無利息期間が過ぎてしまっても、通常決められている通りの金利が発生するだけになります。

消費者金融業者による無利息サービスの違い

銀行や消費者金融などのカードローンを利用する際に、一番気になることは、利息の支払いがどれくらいの金額になるのかということかもしれません。少し前までは、個人の少額の借入というと、29%前後の金利が発生することが常識でした。

しかし、現在はいわゆるグレーゾーン金利が撤廃されたために、同様の融資であっても10%代後半程度の金利となっています。しかしいくら金利が安くなったと言っても、できるだけ返済額は少なくしたいことに変わりはありません。

支払い利息を少なくするには、金利の低い業者から借りれば良いということになります。しかし金利ばかりを気にしていてもダメなケースも有ります。例えば10万円を1か月借りた時の金利の差が1%とすると、発生する金利の差額は90円弱になります。

この90円という差額は、もし金利の安い方の業者へのATMからの返済に手数料がかかるとすると、マイナスになってしまいます。つまり利用する消費者金融業者選びには、金利だけではなく、いろいろな視点からチェックする必要があります。

そしてそのチェックしたい点の1つが、一定期間の無利息サービスです。多くの消費者金融業者は、初回の借入に対して、一定期間の金利無利息サービスを用意していますが、その内容は結構違います。

たとえば新生銀行カードローン レイクでは、初回の借入に対して5万円までの180日間無利息と、借入全額の30日間無利息の2つから選ぶことができます。どちらを利用したほうが得になるのかも、ホームページ上で簡単にシミュレーションができるようになっているのは、良いサービスです。

またプロミスでは、はじめて借入をする人がプロミスへメールアドレス登録とWeb明細利用の登録に申込むことで、30日間の無利息サービスが適用されます。これは、簡単な手続きで誰でも加入することができるのでぜひ申し込むことをおすすめします。事実上、初めて借り入れしたすべての人が、無利息期間サービスを受けることが可能になるのです。

他にノーロンでは、1週間以内の借入であれば、何回借りても無利息のサービスを用意しています。この様に複数回の利用で無利息サービスが利用できる業者は、他にはほとんど見当たりません。

確実な返済の目処が立っているのなら、これらの無利息サービスを利用しない手はありません。またもし計画が狂って、無利息期間が過ぎてしまっても、通常の金利が付くだけなので、大げさに心配する必要もありません。

これらの無利息サービスを上手に活用しましょう。 30日間は無利息で融資可能だから1ヶ月以内に返済する予定の方にとっては一番お得
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 アコム 4.7%~18.0% 500万円 最短即日 初めて利用する方は30日間金利が無利息!! SMBCモビット 3.0%~18.0% 800万円 最短即日 その日の14時50分までに振り込みの手続きを終わらせれば当日に借り入れができるようになります。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

-融資条件で比較

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.