銀行・銀行系のサービスを比較

急な出費の時、頼りになるのがカードローンです。しかし、カードローンを取り扱う会社は、今やそれこそ掃いて捨てるほど存在しています。初めて利用する時にはどこに申込みするか迷ってしまうかもしれませんが、そういう時にはまず銀行系カードローンへの申込みを考えてみませんか。

 

銀行系カードローンでは、信頼性もさることながら、入会金や年会費、ATM手数料なども無料や安価な場合が多く、また返済や借入には全国の提携ATMを利用できます。融資可能額のチェックも短時間で完了しますので、まずは借入可能額のチェックだけでもしてみましょう。このサイトでは、銀行系など知名度・社会的信用共に高い会社を紹介しています。

 

サービス 実質年率 融資限度額 審査目安 銀行・グループ系列
プロミス
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日 三井住友フィナンシャルグループ
アコム
3.0%〜18.0% 800万円 最短即日 三菱UFJフィナンシャルグループ
三井住友銀行カードローン
4.0%〜14.5% 最高800万円 最短即日 三井住友銀行
モビット
3.0%〜18.0% 800万円 最短即日 三井住友銀行グループのモビット
オリックス銀行カードローン
3.0%〜17.8% 最高800万円 最短即日 オリックス銀行
イオン銀行カードローンBIG
3.8%〜13.8% 800万円 最短即日 イオン銀行
イオン銀行イオンアシストプラン
4.8%〜13.5% 800万円 最短即日 イオン銀行
新生銀行カードローン レイク
レイク
4.5%〜18.0% 500万円 申込み完了画面に表示 新生銀行

銀行カードローンを詳しく知って賢く使おう!

カードローンって銀行以外にもいくつかの種類があるのをご存知でしょうか?三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行などの銀行が提供しているカードローンがあれば、プロミス、アコム、アイフルなどの消費者金融が提供のカードローンもあります。

 

その他にも三井住友カード、オリックスクレジット、オリコなどの審判会社が提供のカードローンなどがあります。いくつかの種類がありますが基本的な仕組みなどはほとんど変らないのですが、店舗で借り入れ出来るものもあれば、ネットやATMなどで簡単に出来るものなどもありそれぞれの特徴があります。今回はそんな中で銀行カードローンの特徴についてご紹介します。

 

金利はどうなっているの?

比較的低金利で借り入れすることが出来るのが銀行のカードローンです。上限の金利が低く少額の融資でも低い金利で借りることが出来ます。返済の時の利息も少なくて済むために安心して借りることが出来るのが銀行カードローンの良い所でもあります。

 

知名度の高い消費者金融と銀行カードローンの金利を比較

 

銀行カードローンの場合、消費者金融のカードローンと比較したら低金利で借入れができます。金利は下限金利のみでなく、上限の金利も消費者金融のカードローンと比べたら水準が低くなっています。

 

金利が低いということは当然、その分、返済に必要な利息負担が少なくなりますので、利用しやすいと言えるでしょう。

 

銀行カードローン

金利

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック

1.8%〜14.6%

オリックス銀行カードローン

3.0%〜17.8%

じぶん銀行カードローン

2.4%〜17.5%

 

消費者金融カードローン 金利
プロミス 4.5%〜17.8%
アコム 3.0%〜18.0%
アイフル 4.5%〜18.0%

 

限度額ってどうなっているの?

カードローンの上限限度額が500万までに設定されている所もある中で銀行のカードローンは1000万までの大口の融資を受けることが出来ます。審査が厳しかったり借入までに時間がかかったりもしますが金利が低いために大口の融資をうける場合は銀行のカードローンがお勧めでもあります。

 

知名度の高い消費者金融と銀行カードローンの限度額を比較

 

銀行カードローンと消費者金融のカードローンの限度額の比較ですが、消費者金融のカードローンの場合、上限となる限度額が最大500万円程度までの設定になってるところが多く、銀行カードローンの場合は、800万〜1,000万円と消費者金融より高く限度額を設定できるようになっていますので限度額だけで見るなら銀行カードローンの方が融資は大きいです。

 

銀行カードローン

限度額

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック

500万円

オリックス銀行カードローン

800万円

じぶん銀行カードローン

800万円

 

消費者金融カードローン 限度額
プロミス 500万円
アコム 800万円
アイフル 500万円

 

審査はどうなっているの?

金利が低く大口の融資を受けやすくと借り入れの条件が良い銀行カードローンですがその審査は少々厳しくなっています。銀行のカードローンの審査に落ちない秘訣には一定の収入があることや20歳以上66歳未満と言う年齢の条件を満たしている事や、他からの借り入れがないことなどが条件であるようです。しっかりと返済能力があるかを問われるようですね。専業主婦など一定の収入が無い場合でも銀行のカードローンでは配偶者の同意書や収入証明書などもなく申し込むことも可能なのはうれしいかぎりです。

 

専業主婦でも借入れできるカードローン一覧はコチラ

 

適用される法律は?

総量規制ってご存知ですか?消費者金融は貸金業法の総量規制により個人の借り入れ総額が年収などの3分の1までに制限がされているんです。個人向けの貸し付けがその対象となっていて事業用の借り入れはその対象にはなりません。銀行のカードローンは総量規制の適用は受けないためにその制限はないのです。

 

以上を踏まえて少額の借り入れであればどのカードローンを利用してもあまり変わりはないようですが100万円以上の大口のになるようであれば金利の事も含めて銀行のカードローンがお勧めかもしれません。

 

総量規制の影響についてはコチラ

こんなに審査が違う、消費者金融と銀行カードローン

キャッシングやカードローンの申し込みをする際に気になるのが審査に無事通るのかどうかでしょう。一般に職業や収入、クレジットヒストリーの内容によって審査は決まるとされていますが実は明確な指針となる数字があります。

 

月刊消費者信用という業界専門誌によると、消費者金融での審査通過率は約40%から45%、銀行カードローンの審査通過率は約20%から30%とされています。申し込みのうち半分以上は審査で弾かれていることになるので一度や二度の審査落ちは気にする必要はありません。そして、このデータだけを見れば消費者金融の方が銀行よりも2倍ほど審査通過率が高いことになります。

 

銀行カードローンの方が通過しやすいケースも

しかし消費者金融よりも銀行の方が審査に通りやすい例外も存在します。代表的なのは専業主婦です。通常、自己の収入のない専業主婦は消費者金融系のキャッシングを利用できないのですが、銀行カードローンであればむしろ専業主婦の方がお金を借りやすいという逆転現象が生じています。

 

銀行カードローンの良い点について

 

書類も最小限、配偶者の同意書も必要なし

専業主婦がカードローンに申し込む場合、返済は当然ながら配偶者の収入から行われることになります。そうであれば通常は配偶者本人の同意が必要になるはずなのですが、現在多くの銀行カードローンでは配偶者の同意書なしでの契約が可能です。

 

横浜銀行カードローンや楽天銀行スーパーローンといった大手の銀行カードローンも、配偶者の同意書も婚姻関係の証明書もなしで専業主婦への融資を行っています。この場合、契約に必要な書類は本当に契約者本人の身分証明書だけとなります。

 

会社勤めの人の場合は職場への在籍確認の必要がありますし、自営業や個人事業主であれば収入証明書や確定申告書といった用意するのが面倒な書類も要求されるので、銀行カードローンの審査は専業主婦に対してが一番緩いと言ってもいい状況です。

 

契約に必要な書類について

 

  • 消費者金融は学生でも利用可能

銀行カードローンが専業主婦に対して緩い審査を行っているのは、専業主婦という立場そのものが生活の安定を保証しているからです。専業主婦というのは実は社会的な信用が高い職業なのだとも言えます。逆に社会的信用が低いのが学生です。学生であると、たとえアルバイトで十分な収入があったとしても銀行カードローンの審査は無条件で弾かれてしまうケースが存在します。

 

  • 学生不可の銀行カードローン

専業主婦には優しい横浜銀行カードローンですが、学生には融資不可となっています。同じようにオリックス銀行カードローンや多くの地方銀行系のカードローンも学生不可ルールを採用しています。

 

  • 親の同意が必要なカードローン

東京三菱UFJ銀行は学生への融資に際しては親権者の同意書が必要であるとしています。学費や生活費を補うために仕方なくという使い方を想定しているので学生が勝手に申し込んでも審査には通過しません。銀行カードローンは一様に学生には厳しいので、学生がキャッシングを利用する場合は消費者金融を頼るのが無難ということになります。

 

年金受給者は年齢制限や副収入に注意

消費者金融や銀行カードローンの審査には年齢制限が存在する場合があります。たとえば銀行カードローンの多くは65歳まで、消費者金融の場合は69歳までが上限とされています。

 

また消費者金融であってもモビットは20歳以上69歳以下まで、銀行カードローンであっても楽天銀行は60歳を上限に設定しているなど独自のルールもあるので注意が必要です。

 

年金受給者でも借入れできるかについてはコチラ

 

年金以外の収入の有無

年齢制限だけを見ると年金受給者には消費者金融の方が便利であると見えますが、消費者金融は年金受給者の審査条件にもう一つ、年金以外の収入があるかどうかを必ず確認しています。対して銀行カードローンは年金以外の収入確認を必須とはしていません。

 

ですので年金以外に収入がない場合には銀行カードローンしか選択肢はないことになります。ただし、だからといって銀行カードローンの審査が優しいかというとそんなわけもなく、年金だけで生活している場合は新たな借入をするのは基本的に困難であると認識するしかありません。

 

年金滞納してる場合でも借入れは可能?

 

年金生活者でも銀行カードローン審査に通過する裏技

しかし収入が年金のみの人であっても銀行カードローン審査に通過しやすいパターンが存在します。それは年金の振込先がその銀行の口座になっている場合です。このパターンであれば銀行側は返済を滞納される心配がまったくないので、それだけ審査が緩くなるということです。

 

元々、口座を持っている場合はもちろんのこと、年金の振込先を変更する交渉をすれば審査に通りやすくなるといったケースもありますので、年金生活者であっても銀行カードローンの利用を諦めるには早いと言えるでしょう。

専業主婦が銀行カードローンで借りるなら何処がいい?

専業主婦がキャッシングをしょうと思った時、ほとんど銀行カードローンしか使えないと思った方がいいでしょう。消費者金融の場合、収入のない人にはお金を貸さない、という態度で一致しているからです。では、銀行カードローンを選ぶ場合、どのような判断基準があるでしょう。基準の一つは金利です。

 

少額の借り入れをする時、基本的には消費者金融であっても銀行カードローンでも、金利は高く設定されます。業者としては、金額が少ない分、金利を高くして利益を取ろうとするからです。そして銀行カードローンの中でも金利に差があります。見ていってみましょう。

 

主婦は消費者金融を使えるかについてはコチラ

 

少額融資だと、銀行カードローンによっては高金利のところも

一般的に、消費者金融と銀行カードローンの違いは、銀行カードローンは審査に通りにくいけれども金利が安い、という部分があります。しかし少額融資だと、銀行によってはそのメリットがかなり薄まる場合もあるのです。

 

例えばオリックス銀行、じぶん銀行は、借入額によってはとても低金利な銀行にも、高金利な銀行にもなることで知られています。たくさん借りた人に対しては低金利なのですが、専業主婦でも借り入れができる範囲の金額だと高金利です。

 

具体的には、オリックス銀行の上限金利は17.8%、じぶん銀行が17.5%です。これを消費者金融のプロミスと比べてみると、プロミスの上限金利は17.8%ですから、ほとんど金利的なメリットがなくなっていることがわかります。ですから低額の借り入れの場合、オリックス銀行、じぶん銀行は高金利、という意識が必要になるわけです。

 

ただ、損ではありません、オリックス銀行、じぶん銀行は、消費者金融と同レベルというだけの話で、利用することに損はありません。それに、専業主婦は消費者金融では借りられないのですから、その点で言ったら消費者金融をそこまで気にしてもしょうがないともいえます。ただし、専業主婦でも借りられる銀行カードローンは他にもあり、さらに、上限の金利が低いということも覚えておきましょう。

 

具体的には、三井住友銀行と楽天銀行は14.5%、三菱東京UFJ銀行は14.6%と、他の銀行は14.5%付近であることも多いのです。ですから、こうした銀行で断られた場合は、オリックス銀行、じぶん銀行に申し込もうという考え方がお得かもしれません。

 

この二つの銀行は、低額融資だと見劣りするのですが、高額になると、他の銀行と同程度、場合によっては1%程度金利が安くなることもあります。借りれば借りるほど、数百万円単位になるとメリットが得られるというわけです。その金額になると1%の違いも大きな違いになります。

 

とはいえ、専業主婦は借り入れ額を30万円程度と設定されていることが多く、またオリックス銀行は専業主婦NGであったりと、この二つの銀行はあまり専業主婦は気にしなくてもいいかもしれません。

 

最高金利と最低金利がある理由

 

専業主婦の借り入れ審査は必要書類が結構違う

銀行カードローンは、審査を受けるにあたって必要書類があります。身分証明書、夫の同意書、住民票です。住民票というのは結婚をしているかどうかを示すもので、専業主婦には欠かせないもの、と思うでしょう。しかしこれらの書類は、銀行によってはいらないものもあるのです。

 

家族にバレずにキャッシングの利用をするなら

 

夫の同意書がいらない銀行

 

専業主婦なのに、夫の同意書がなくても審査を受けられるという銀行もあります。これだと、専業主婦が夫に話をしなくても借りられるということで、専業主婦にとっては心理的な障壁が減り、借りやすくなります。また夫に知られても構わないという人も、単純に、夫に話だけして借りられるということで手間を減らせます。

 

具体的な銀行はこんなところです。

 

 

夫の同意書がないと手間を減らせるというんは利用客だけでなく、銀行にとっても同じことです。審査はあまくはなりませんが、審査の結果が出るまでの時間は短縮できますから、たとえ審査に通らないとしてもメリットになるのです。

 

楽天銀行、横浜銀行はさらに必要書類がいらない

 

なんと、楽天銀行、横浜銀行の場合は住民票すらいらないのです。夫の同意書も、夫と結婚しているかどうかの証明もいらないのでさらに審査が簡略化されるので時間が短縮されます。また利用客としても、住民票というのは役所で混雑に巻き込まれると非常に面倒なものですから、思った以上に楽になるのです。

 

ただ、横浜銀行は、住んでいるところ、勤務エリアに神奈川、東京、群馬の一部の市という制限がありますから、首都圏の一部しかカバーしていませんので、誰でもというわけにはいきません。他の地方に住んでいる人にとっては、楽天銀行を考えるべきでしょう。

 

また参考までに、普段自分が利用している銀行というのは利用実績が銀行に伝わっているので、どういう利用客なのか知ってもらえています。ですからそれが審査に良い結果をもたらすことがあるのです。自分が口座を持っている銀行、特に長く利用している銀行が主婦への貸し付けを行っているのなら、意識して審査を受けてみましょう。

 

 

専業主婦でも借入れできる銀行カードローン

 

専業主婦は、総量規制という法律のためお金を借りることができません。しかしカードローンには、総量規制の対象外になるものも数多くあり、銀行カードローンもその中に含まれています。よって銀行カードローンであるなら、専業主婦の場合でも借入れが可能になります。但し、借入れ限度額は大体が最大30万円〜50万円程度と大分低くなっていますのでその辺も理解した上で借入れを検討しましょう。

 

銀行カードローン

金利

最大限度額

月々の返済額(借入れ10万円以下)

じぶん銀行カードローン

2.4%〜17.5% 30万円(専業主婦の場合) 1,000円〜2,000円(金利による)

新生銀行カードローン レイク

4.5%〜18.0% 50万円(専業主婦の場合) 3,000円

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック

1.8%〜14.6% 30万円(専業主婦の場合) 2,000円

イオン銀行カードローンBIG

3.8%〜13.8% 50万円(専業主婦の場合) 3,000円

 

まとめ

銀行カードローンの特徴や消費者金融との比較について紹介してきましたが最後に銀行でも消費者金融のカードローンでも借入れするには、まず審査を通過なくてはなりません。審査通過をしやすくする方法としては、限度額を低くしておくのが良いでしょう。

 

カードローンの最低借入れ限度額は10万円なので、いきなり大きい限度額にせずまずはこの辺りから始めてみるのがおすすめできます。

 

カードローンの利用者の大抵は、数万円程度の融資を求めての申込みが多いので、自分の必要としてる以上の限度額で審査を受けるより、最低額で審査を受けた方が貸す側=カードローン会社も回収不能になった時のリスクが軽減できるのでわりと簡単に融資してくれる可能性が高いです。

 

これからカードローンの利用を考えていて借入れできるか不安があるのなら是非、この方法を試してみるのをおすすめします。

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る