融資条件を各項目ごとに比較

皆さんは消費者金融の申し込みをしようと思った時にどの点を重視して決めましたでしょうか。大手消費者金融はテレビコマーシャル等で頻繁に見かけますので安心感があって利用し易いかと思います。

 

しかし初めて消費者金融への申し込む場合にはそのかってが解らず不安な面もあります。こう言った時に選択するポイントとしてやはり金利を重視すべきかと思います。上限と下限、金利が低設定されている企業との取り引きが何よりな条件になるかと思います。

 

また利用目的や頻度も計画して行かなくてはいけませんが、借りた分のお金を返済する返済日、こちらも重用ししておいた方が良いのではないでしょうか。ご自身の給料日と照らし合わせ支払えるタイミングを考えなくてはなりません。手持ちのお金に余裕があまり無い時に返済日を設定してしまうと大変な思いをしてしまう可能性がありますので、ここは気を付けたい点ですね。
当ページからは借り入れ条件を調べて各項目別にまとめたページを探せます。ぜひご参考にして下さい。

融資条件で比較 / 消費者金融エスプレッソ記事一覧

即日融資・審査スピード重視で比較目まぐるしいインターネットの発展と普及が、お金を借りる手間、そして抵抗感を一気に消し去ったのです。今や目の前のパソコンや携帯電話、スマートフォンから、カードローンの申込み、そして審査から融資までを即日で行う事が可能になっています。こうしたインターネットを利用するWeb申込みでは、「Web上で申込み→身分証明書など必要書類をメールで送信→審査→融資」という一連の流れが...
急な出費の時、頼りになるのがカードローンです。しかし、カードローンを取り扱う会社は、今やそれこそ掃いて捨てるほど存在しています。初めて利用する時にはどこに申込みするか迷ってしまうかもしれませんが、そういう時にはまず銀行系カードローンへの申込みを考えてみませんか。銀行系カードローンでは、信頼性もさることながら、入会金や年会費、ATM手数料なども無料や安価な場合が多く、また返済や借入には全国の提携AT...
このページでは、大口融資を希望する方を対象に、高い限度額を誇るカードローンをランキング形式で紹介しています。こうした比較を行う際、限度額と共に注目するべきなのが「総量規制」に関する部分です。総量規制とは、過剰貸付けの抑制を目的に、2010年6月に施行された貸金業法の改正を指します。要約すれば、借入は年収の3分の1までに規制する、という内容です。例えば、限度額800万円のカードローンでも、2400万...
2010年6月、貸金業法が改正され、総量規制と呼ばれる過剰借入を防止するための規制が施行されました。これはつまり、年収の3分の1以上の借入を禁止するものです。ここには過剰借入による多重債務者の急増が社会問題化していたという背景がありますが、実は総量規制の対象に含まれていない種類の融資が存在するのです。すなわち、銀行系のカードローンです。もしも年収の3分の1以上の大口融資をお考えの方がいましたら、こ...
信販系の借り入れ先を比較信販系カードローンといえば、クレジットカード会社が提供している事から、安心して借入を行えるというイメージが強いようです。信販系カードローンは、存在としても性質としても、銀行系カードローンと消費者金融系カードローンの中間に位置するものと考えてください。銀行系ほど厳しい審査内容ではなく、また金利もおよそ消費者金融系と銀行系の中間程度で、銀行系よりやや高く、消費者金融系よりやや安...
2010年6月、貸金業法の改正に伴い総量規制が施行されました。これにより年収の3分の1以上の借入が禁止され、主婦や主夫が借入できるカードローンは激減してしまいました。法律上は配偶者(夫ないし妻)に安定した収入があれば、主婦や主婦でも借入は可能ですが、大抵のカードローン会社では扶養者の収入調査が煩雑になる為に主婦や主夫への融資を好まないのです。しかし、そんな中でも、総量規制の対象外である銀行系カード...
カードローンを選ぶ時、やはり気がかりなのは金利設定です。出来ることなら、低金利のカードローンを選んでゆとりのある返済計画を立てたいものですね。しかし金利だけを指標に借入をするのも1つの手段ではありますが、実際の問題は毎月行わなければならない返済です。借入の前に返済シミュレーションを行い、計画的に利用しましょう。また、低金利のカードローンを利用する場合、最低金利に目が行きがちですが、最高金利にも注意...
100万円以下で借りられる消費者金融を比較キャッシングの時、金利に注目する方は多いでしょう。金利次第で総返済額が大きく変わる訳ですから、もちろん低金利のカードローン会社を選択するのが賢明というものです。しかし、ここで注意しなければならないのは、いくら最低金利が低くても、実際に利用した時に最低金利が適用されるとは限らない点です。大抵のカードローンのページで説明されている事ですが、特に100万円以下の...
初めてカードローンを利用する時、当然ながらいきなり大きな借入枠を利用する事は難しいものです。小さな借入枠の場合は最高金利に近い金利が適用されがちなので、初めて利用される方は最低金利よりも最高金利を基準に比較することをお勧めしています。また、初めての場合、他社の借入など不利になりうる条件も少ないので、比較的審査の厳しい銀行系カードローンを利用するのが賢明でしょう。銀行系カードローンの最高金利は比較的...
おまとめ・一本化で比較ローンのおまとめ・一本化を行うと、金利も一本化され返済額が安くなったり、返済日も1日にまとめられるなど、多くのメリットがあります。特に複数の消費者金融系カードローンを利用している場合、間違いなくおまとめ・一本化をする事で金利は安くなるでしょう。是非ともこれを機会に確認される事をお勧めします。おまとめ・一本化を行う「おまとめローン」は様々なローン会社が取り扱っていますが、ほとん...
銀行でも消費者金融であっても、お金を借りれば必ず、どんなに少額であろうとも金利が発生します。しかし大手の消費者金融業者の多くでは、一定期間であれば、金利が発生しないサービスを用意しています。つまり借りたお金を、借りた金額分だけ返済すれば良いのです。ただしこのサービスを利用できるのは、ほとんどの業者において、最初の1回の融資だけになります。それであっても、上手に活用できればとてもお得なサービスである...
プロミスが提供するレディースキャッシングというサービスは、女性のためのキャッシングサービスです。このサービスは、女性専用のダイヤルで、女性のオペレーターが申し込みや取引に関する相談を受け付けています。ですので、初めて利用する方で、男性の担当者だと心配に思う方でも、安心して申し込むことができると思います。サービス実質年率融資限度額審査目安おすすめポイントプロミス4.5%〜17.8%1〜500万円最短...
事業者の方におすすめのカードローンは、新生銀行グループのシンキによって提供されているオーナーズセレクトというサービスです。300万円までの限度額が設定されており、担保、保証の必要がない融資です。さらに、お急ぎの方は、即日で融資を受けることもできます。事業のための資金なのであれば、総量規制の対象外です。サービス実質年率融資限度額審査目安おすすめポイントオーナーズセレクトカード13.0%〜18.0%最...
アルバイトやパートといえば、正社員と比べるとどうしても収入が少なかったり不定であったりするが為、キャッシングの審査が通り難い場合が多いです。キャッシング会社側としてはこうした相手に融資を行って、「返せない」と言われては仕事にならない訳です。しかし、融資が不可能ということではありません。会社によって多少の際はあっても、審査の要点はつまるところ返済能力の有無と社会的信用性です。アルバイトであろうとも一...
消費者金融会社指定の本人確認書類を提出すれば、外国人でもキャッシングできます。「外国人登録証明書」などが確認書類となります。「日本で仕事をしていること」が前提条件になることは言うまでもないでしょうが、加えて「毎月安定した収入があること」も必要になります。実際の消費者金融契約で重視される主な条件は3つ。まず、日本語能力。日常会話レベルの日本語能力があることが、契約の際に最重要視されます。それに加えて...

このページの先頭へ戻る